星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

アナウンサー

青山愛アナの現在は?テレビ朝日退社と怒り新党終了の関係を考察!

更新日:

『報道ステーション』や『マツコ有吉の怒り新党』など、テレビ朝日の看板番組のMCを務め、看板アナとして活躍していた青山愛アナ。

彼女が、2017年6月26日付けで、テレビ朝日を退社した話をみなさん知っているでしょうか?

まさに衝撃を受けたニュースでした。

ただ実は、このテレビ朝日退社の裏には『マツコ有吉の怒り新党』が大いに関係している話もちらほら…。

では、青山愛アナはなぜテレビ朝日を退社したのでしょうか?

また、『マツコ有吉の怒り新党』終了と、彼女の退職にはどんな関係があるのか、とても気になります。

本記事でその真相や、そこから見えるテレビ局(アナウンス部)における由々しき問題を考察していきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

青山愛アナのテレビ朝日退社と現在に衝撃!!

2017年3月29日の放送をもって放送終了となった、テレビ朝日系の深夜バラエティ番組『マツコ有吉の怒り新党』。

現在は、後続となる『マツコ&有吉かりそめ天国』が放送されています。

でも有吉弘行さんとマツコ・デラックスさんの二人の本領が発揮された番組といえば、やはり『怒り新党』と言えるでしょう。

自他共に厳しい本当の意味での毒舌タレントの二人が、タッグを組んだ『怒り新党』がなければ、毒舌ブームが今なお続くことはなかったはず…。

そんな有吉弘行さん・マツコ・デラックスさんにとっても、その後のタレント生命を大きく左右させたと言っても良い『怒り新党』。

その2代目アシスタントとして、二人と共演していたのが、当時テレビ朝日の看板アナの一人として注目され始めていた青山愛アナです。

彼女は『報道ステーション』でスポーツを担当し、そこで評価されたことで、『怒り新党』への出演が決まりました。

『怒り新党』では、有吉弘行さん・マツコ・デラックスさんの二人に

遠慮なく本音トークでぶつかられたこと

で大きく飛躍し、テレビ朝日の看板アナとして急成長を遂げていきました。

ただ、青山愛アナの本心としては、『怒り新党』の番組アシスタントではなく、あくまで報道キャスター(または報道アナ)。

だからこそ、ある種、遠回りを遂げているこの状況を、好ましく思っていなかったのかもしれません。

色々と関係者と言われる人の話を耳にする限り、青山愛アナにとっては色んな意味で苦悩の日々を過ごしていたのでしょう。

 

正直に言えば、あれだけ明るく本音を引き出されていた青山愛アナが、そこまで考えていたなんて夢にも思っていませんでした。

こんな話も耳にします。

彼女自身、幼少の頃、アメリカ(ニューヨーク州)で生活していた帰国子女で、

将来は海外を拠点にして活動したい

と考えていたということを…。

確かに、青山愛アナはアメリカナイズされていたところはありました。

時折日本の文化との違いに戸惑いをにじませていた様子も、『怒り新党』の中で見え隠れしていたのです。

ただ、彼女はテレビ朝日の看板アナとして成長し、将来は報道からバラエティまで幅広く活躍していくのだろうと考えていました。

それが2017年6月26日の青山愛アナの出演する番組の放送を最後に、テレビ朝日を退社。

同年である2017年夏に渡米したニュースを見て、驚きを隠せなかったというのが率直なところです。

それも、話によると青山愛アナが海外を拠点に活動していくと考えていたのは、8年~9年先の話だったそうです。

それまでは、テレビ朝日で女子アナとして頑張っていこうとしていたというのですから、あまりにも話が急すぎます。

一体彼女に何があったというのでしょうか?

確かに青山愛アナを見かけなくなったとは感じていましたが、あまりにも急な退社で事態が把握できず、不穏な空気が漂っているような気さえします。

テレビ朝日は、なぜこんな事態を作ってしまったのか…。

もちろん最終的な判断は、青山愛アナがしているのだと思いますが、それまでには彼女が了承できなかった何かがあったことは間違いないでしょう。

 

現在の彼女は海外で活動していくためか、アメリカ(ジョージタウン)にある

ジョージタウン外交大学院という大学院へ留学している

そうです。

海外の人から見たら、青山愛アナは一般人ですし、その後の情報は何も入っていません。

この大学院は政治や国際関係などの学問においては世界屈指と評判なので、おそらく報道キャスターを夢見て、日々邁進しているのでしょう。

今となっては寂しい話です。

ただ、青山愛アナが決めた道ですから、将来報道キャスターとして海外で活躍でき、夢を実現してくれることを願いたいですね。

 

青山愛アナがテレビ朝日を退職した理由は『怒り新党』の終了?

元テレビ朝日、青山愛アナが、急にテレビ朝日を退社し、留学のために渡米したことには、筆者も驚きを隠せませんでした。

それ以上に驚きの噂が、今なおネット上で囁かれているようです。

その驚きの噂とは、青山愛アナがテレビ朝日を退社した背景には、『怒り新党』終了が大きく関係していたという噂です。

あくまで番組改編時期ということもあり、リニューアルも加味され、『怒り新党』は放送終了となったものと考えていたのです。

これが一部情報によると、そういう話ではなかったというのですから、それが真実だとしたら、これまた驚きですよね。

では、青山愛アナのテレビ朝日退社と『怒り新党』放送終了の間には、一体どのような関係があるのか。

 

実は『怒り新党』の最終回が放送された2017年3月29日。

青山愛アナのブログにて、こんな発言がありました。

当初、彼女は周りに設定された基準やスタンダードに縛られ、自分を見失っていたところがあったようです。

八方美人とまでは言わないまでも、自分の主義主張を抑えながら、周りの要望に応え続ける日々がそこにあったみたいですね。

確かに、報道アナと言うのは、志望したからといって、すぐに就任できるものではありません。

『報道ステーション』で一時代を築き上げてきた古舘伊知郎さん

日テレ系の情報番組『バンキシャ』でMCを務め、報道の最前線に立っている福澤朗さん

彼らも最初はプロレス中継からスタートし、バラエティの世界で揉まれてきてやっと報道の世界に立てています。

古舘伊知郎
古舘伊知郎の報道ステーションの年収はいくら?他番組降板の理由も

元テレ朝のアナウンサーで、2016年3月まで『報道ステーション』の顔として日々報道に携わっていたフリーアナウンサー:古舘 ...

続きを見る

『怒り新党』のアシスタントとして先輩であり、現在『あさチャン!』のMCを務める夏目三久アナ

も、波乱万丈の人生を歩みながら、ようやく報道キャスターとしての地位を確立しているわけです。

夏目三久 eye
夏目三久アナの現在と歴代熱愛彼氏を考察!有吉弘行との結婚は?

現在、TBSの朝の情報番組『あさチャン!』のMCを務め、完全に報道キャスターとしての地位を確立したフリーキャスター夏目三 ...

続きを見る

報道という世界は、誰もが簡単にできる世界ではないのです。

当然、青山愛アナもそのことは承知していたのでしょう。

だからこそ、テレビ朝日に入社後6年という日々を過ごしながら、バラエティ番組などにも出演し、日々ステップアップしていったのだと思います。

その証拠に、『報道ステーション』に出始めたばかりは、お天気コーナーを担当するだけでした。

最終的にはスポーツキャスターとして、より多い時間の出演をするようになりました。

過去にも皆藤愛子さんや長野美郷さんも、最初はお天気キャスターとして、『めざましテレビ』で起用され、その後メインMCとして就任した経歴があります。

まぁ、二人は局アナではなく芸能事務所『セントフォース』に所属するタレントなので、また話が変わってくるのかもしれません。

とはいえ、報道番組の一つの道筋であることは事実と言えるでしょう。

そして、青山愛アナもその道を着実に歩んでいたわけで、その実績も高く買われ、ゆくゆくは報道アナとしての活躍が期待されていたはず…。

個性や主義主張を尊重する時代へと、少しずつ歩みを始める現代社会です。

それでも昔気質の忖度が求められ、我慢が強いられる風習は、今なお消えていない現状もあります。

それは、青山愛アナが感じていたことでもあり、アメリカナイズされている彼女にとっては、信じがたい光景だったのかもしれません。

時折迷いながらも周囲の意見に耳を傾け、時に自分を曲げてでも期待に応え続けていたようです。

ただ、いつまで遠回りすれば良いのか不安になる気持ちもあったでしょう。

そんな中、『怒り新党』で周囲にどれだけ叩かれようと、自他共厳しく毒舌を吐き続ける有吉弘行さん・マツコ・デラックスさんの二人を見て、

周囲に縛られる必要はない

と、背中を押された気分になれたのかもしれません。

一部報道では、

『怒り新党』への出演が、青山愛アナにとっての大きな後押し

となり、吹っ切れたようにテレビ朝日退社へと決意をしていった話も聞きます。

『怒り新党』放送終了と青山愛アナのテレビ朝日退社の関係が現在も噂されていますが、

放送終了とは直接関係があるわけではありません。

青山愛アナにとって『怒り新党』への出演そのものが、大きな影響を与えたということなのでしょう。

 

さて、ここからは、一部関係者が話す、もう一つの深刻な理由をお話ししていきます。

実は青山愛アナは、テレビ朝日のスポーツ番組『やべっちF.C.』との関係で、

サッカー選手との飲み会の席に出席すること

が、たびたびあったようです。

その度に何度もお酌を強要され、さらには倒れるまで飲まされ続けたことがあったというのです。

そのことに彼女が

「私はホステスじゃない!!」

と大激怒した場面もあったというのです。

もしこれが事実だとしたら、女子アナを軽視した問題行動以外の何物でもありません。

これらの話が事実だとすれば、ブログでの彼女の発言も頷けるような気がします。

とくに混沌とした現代社会では、『こんなはずじゃなかった』と思えることは当たり前のように起こります。

青山愛アナにとっても、『怒り新党』放送終了というタイミングが、一つの線引のタイミングとなり、

数々の理不尽な待遇と決別しよう

と行動を起こし始めたのかもしれません。

セクハラまがいの許しがたい話と、仕事上での理不尽な扱いは、彼女にとって耐え難いものだった…。

もちろん、この話が、どこまでが事実なのか、本人が直接公表しているわけではないので、そのことを知る由もありません。

ただ全くの事実無根なら、青山愛アナが急にテレビ朝日を退社する意味がわかりませんし、多少なりとも不遇はあったと考えるべきです。

その不遇が、青山愛アナの気持ちをブレさせ、結果として、周りの基準・スタンダードに無理やりに歩調を合わせさせてしまった…。

そのことが耐え難いと感じ、テレビ朝日退社を決意したと彼女のブログや様々な情報を通じたことで汲み取りました。

青山愛アナは、テレビ朝日から受ける待遇を改善してほしいという意思に表れていたわけです。

そういった待遇を改善してほしいと思うことは何もおかしな話ではありません。

しかし、彼女自身、サイレントマジョリティーとなってしまい自分を見失ってしまった…。

そして、そのことはごく一部の親しい人にしか相談できず、モヤモヤしていた中で、

自分を貫く有吉弘行さん・マツコ・デラックスさんと出会い

彼女の中で決心がついたことが、事の真相だったように思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

青山愛アナのテレビ朝日退社から見えたアナウンス部

青山愛アナがテレビ朝日を退社した理由は、本人とごく一部の関係者が知るだけの話でしかなく、ここでお話した内容は、

一部関係者が明かした話や、ネットニュースなどから見える推測でしかありません。

どこまでが本当なのかは本人しか知らない話です。

ただ、そのことを前提としながらも、今回のテレビ朝日の退社劇をみていく中で、アナウンス部全体に渡る、ある由々しき問題があるように感じています。

その由々しき問題とは、どんな立場であろうとも事実をリアルに伝える側の報道機関が、事実と直面することなく

一部の権力者の思惑に牛耳られているのではないか

と疑惑が蔓延していることにあります。

あくまで疑惑といえばそれまでです。

青山愛アナの一件も、関係者が証言しているだけに過ぎず、どこまでが本当なのか不明です。

しかし近年、噂の部分も含め、数々の不祥事が、報道機関から明らかにされてきています。

例えば、パワハラ・セクハラなどのハラスメント問題がその一つにあります。

青山愛アナの一件や、NHKの女性記者が過労で命が奪われた事件などです。

元NHKの記者やアナウンサーを務めていた人たちは、

NHKの記者たるものは、仕事のために、これくらいの過労は当たり前

という考え方があったと語っています。

いくら情報のためとは言え、人の命を軽視していいなんてことはありえません。

記者としてある前に一人の人間です。

身体を酷使して、これ以上は厳しいと感じても、それを言わせない風習がNHKでは蔓延していました。

一方、TBS『朝ズバ!』では某タレントが、女子アナをホステスか何かと勘違いしていたのか、時折

腰に手を回すなどセクハラ行為を繰り返していた

と耳にします。

この話もネットニュースや噂をベースとした話であり、どこまでが本当なのか当事者でない筆者が知る由はありません。

ですが、もしこれが事実だとしたら、あまりにも女性を蔑視した最低な行動です。

近年、男女関係の不貞の話題が流行し、国会議員の間でも不貞をして問題視された議員が矢面に立たされ、各報道番組で批判されています。

しかし、肝心の自分たちの仲間となると、報道キャスターたちは必ずと言っていいほど擁護します。

それも亡くなった女性記者の場合は、『遺族の意向』という言い訳していたというのです。

本当のことなら、まだ配慮という意味で理解できます。

しかし亡くなった女性記者の父親が、

「そんな事実はない!!」

と激怒していたことを考えると、隠蔽行為と言わざるを得ません。

このようなことは氷山の一角に過ぎず、まだまだ調べれば出てくると思います。

そういう不信感を、視聴者に与えているわけです。

これは、テレビ離れをますます増加させてしまう由々しき問題ではないでしょうか。

あくまで筆者の友人の意見に過ぎませんが、この友人は、既に、

「テレビのニュースなんて見る価値はまったくない!!」

と言い切っています。

続けて、

「情報・ニュースはネットでいくらでも知ることができます。

テレビのニュースなんて、そんなものに一喜一憂するくらいなら観ないほうがマシ!!」

と言い切っているのです。

さすがに、極端な意見だとは思いますが、あながちその意見もわからなくはありません。

NHKの過労での問題にしても、歪曲した意見を発するコメンテーターが多いです。

それもNHKがブラック企業大賞の中で、ある企業を徹底的にブラックであると叩いているにも関わらず、

その企業に務め、過労で亡くなった人の勤務時間よりも、自社で過労での落命した女性記者の人が多くの時間勤務していた

というのですから、本当に驚きです。

あくまでこれらは一つのケースに過ぎません。

青山愛アナの一件も、全て事実だとしても、それは氷山の一角です。

しかし、現に彼女はテレビ朝日を退社してしまいました。

テレビ朝日にとって、大きな損失となったことには違いありません。

さらにテレビ視聴者へ不信感を募らせる事態になったことも事実と言っていいでしょう。

このまま進めば、確実にテレビ離れする人が増え、とくにニュース番組は軒並み消えていくことになりかねません。

ニュースに関心を持たない人が増えてしまうことは、それこそ由々しき問題であり、社会の崩落を意味すると言ってもいいでしょう。

そんな事態に陥らないように、青山愛アナの退社を一つのきっかけに、もう一度アナウンス部のコンプライアンスの見直しを徹底してほしいものです。

 

まとめ

青山愛アナが、テレビ朝日を退社した背景には、『怒り新党』の放送終了というか、番組共演した有吉弘行さん・マツコ・デラックスさんが大きく関係していました。

もちろん二人に原因があったわけではありません。

むしろ、何かと理不尽な事例が多いアナウンス部での待遇に決別し、

次の人生(海外での報道キャスターになるための留学)を歩むための後押しをしてくれた

というのが真相。

そして、このテレビ朝日の退社劇の裏側で、各放送局のアナウンス部における由々しき問題が少しずつ浮き彫りになりました。

このままでは、ますますテレビ離れが急増するかもしれません。

青山愛アナの今後の活躍はもちろんですが、アナウンス部のコンプライアンスの見直しもしっかりしてほしいと願うばかりです。

青山愛 eye
青山愛の彼氏は野球選手?出身高校大学など学歴と実家もチェック

夏目三久さんが、番組放送開始から5年間に渡りMCを務めた、『マツコ有吉の怒り新党』を卒業降板しました。 その後任MCとし ...

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-アナウンサー

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.