星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ドラマ

まんぷく(NHK朝ドラ)の脚本(ストーリー)と原作モデルをチェック

更新日:

毎年、NHKの朝ドラは、前期後期に分かれていて、前期を東京放送局が、後期を大阪放送局が制作する流れとなっています。

現在は、2017年11月なので、大阪放送局の朝ドラが放送中です。

そんな中、早くも2018年後期のNHK朝ドラが発表されました。

モデルは日清食品の創業者・安藤百福さんとその妻・仁子さんとのこと。

一体、どんなストーリーが描かれるのでしょうか?

当記事では、2018年後期のNHKの朝ドラの脚本やストーリー、さらにはモデルとなった人物についても紹介していきます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NHKの朝ドラ2018後期は『まんぷく』に決定!

NHKの連続テレビ小説、いわゆるNHKの朝ドラは、2017年11月現在放送中の『わろてんか』が、97作品目となっています。

このNHKの朝ドラは、4月からの前期が東京放送局、10月からの後期が大阪放送局の制作となっていることからか、後期は

関西にゆかりのある人物がモデル

になることが多いですね。

まだ『わろてんか』がはじまって1か月ちょっとしか経っていませんが、早くも、2018年の後期に放送されるNHKの朝ドラが決定しました。

NHKの朝ドラ99作目となる作品…その名も、

『まんぷく』

です。

この『まんぷく』は、日清食品創業者であり、『チキンラーメン』、『カップヌードル』を作った安藤夫妻をモデルにしているとのことです。

主人公は、妻の仁子さんをモデルにした福子という人物になるそうですよ。

世界に先駆けてインスタントラーメンを開発した偉業は、モデルにするには十分ですね。

安藤夫妻をモデルにした理由としては、

「誰もが知っている『チキンラーメン』と『カップヌードル』を作った人が一緒だということは知っているようで知られていない」

「どんな苦労で出来上がっていったのか。その裏側にあるものに興味がある」

と制作統括の真鍋斎氏は語っています。

筆者としても、驚きですね。

まさか、『チキンラーメン』と『カップヌードル』は同じ人が作り出したとは…

今まで知らなかったので、『まんぷく』の発表で初めて知りました。

同じように思った人も多いのではないでしょうか?

そんな『まんぷく』の放送時期は、

2018年10月~2019年3月

です。

では、NHKの朝ドラ『まんぷく』は、一体どんな脚本・ストーリーとなるのでしょうか?

 

NHKの朝ドラ『まんぷく』の脚本・ストーリーは?

大阪放送局が制作する2018年後期放送予定のNHKの朝ドラ『まんぷく』。

脚本は、一体誰が務め、どんなストーリーとなるのでしょうか?

 

NHKの朝ドラ『まんぷく』の脚本を務めるのは、NHKで放送された2010年の大河ドラマ『龍馬伝』でも脚本を務めた

福田靖さん

に決定。

肝心の『まんぷく』のストーリーはというと…

戦前から高度経済成長時代にかけての大阪を懸命に生き抜く福子・萬平夫婦。

失敗してはどん底から立ち上がる“敗者復活戦”を何度も繰り返した末、『インスタントラーメン』の開発に成功する波乱万丈の物語

とのこと。

福子・萬平夫婦が何度も挫折しながらも立ち上がり、最後には偉業を成し遂げるという物語みたいですね。

これだけを見ると、結構重そうな雰囲気を感じるのですが…

内容としてはそうではなく、

基本的には楽しい雰囲気で、笑えるホームドラマ

にしたいと、制作統括の真鍋氏は語っていました。

ちなみに、『まんぷく』のテーマは、

『いつだってやり直せる』

で、モデルとなった安藤夫妻がインスタントラーメンを開発したのが、40歳を過ぎた後だったことから、

「人生はいつだってやり直せるよ」

というメッセージを込めた作品になると言えそうです。

しかし、史実に沿いながらも、基本的には『まんぷく』は

オリジナルストーリー

になっていくみたいですよ。

というのも、脚本の福田靖さんによると

取材した本は一冊も出ていません。

ネットや過去の雑誌を検索しても、仁子さんに関する記事は皆無です。

ということは、福子さんは、ほとんど架空の人物になるわけです。

とのこと。

夫の偉業は歴史に残っているものの、夫を支えた妻・仁子さんの功績はほとんど残っていないのです。

つまり、どのようにして夫・百福さんを支えたのかは想像するしかない…。

ある意味、存在がフィクションのようなものである、大河ドラマ『おんな城主直虎』の井伊直虎に通ずるものもあると言えるでしょう。

NHKの朝ドラ『まんぷく』は、インスタントラーメン開発という偉業の裏にあった、安藤家の物語が、オリジナルストーリーで語られていく…。

というわけですね。

最後に、このNHKの朝ドラ『まんぷく』のモデルになった、安藤百福さん・仁子さん夫妻についても紹介をしたいと思います!

 

『まんぷく』のモデルとなった安藤百福・仁子夫妻とは?

『まんぷく』のモデルになったのは、先述している通り、日清食品の創業者である安藤百福さんと、その妻・仁子さんです。

主人公の福子が仁子さん、その夫・萬平が百福さんになるわけですね。

では、安藤百福・仁子夫妻とは、一体どんな人物だったのでしょうか?

安藤百福さんの生まれは、実は日本ではありません。

日本統治下の台湾で1910年に生まれ、戦後しばらくした後の1966年に帰化しています。

安藤百福さんが生まれたのは、製塩業が盛んな布袋(地名)や、意麺という麺類で有名な塩水(地名)の近隣の町だったそうです。

ある意味、後のインスタントラーメン開発に関連している場所で生まれていたわけですね。

後に大阪市へ拠点を移し、事業も成功したのですが、戦時中は部品の横流し疑惑で憲兵に連行されるなど、決していい暮らしが送れたとは言えませんでした。

戦後も安藤百福さんの苦労はまだまだ続きます。

中華民国籍を選ぶことで戦前に持っていた資産を引き継ぐことができ、新事業を始めることになりました。

そのうちの1つである『中交総社』(のちの『サンシー殖産』)が、後の日清食品の母体となるのです。

しかし、この時、事業の1つとして、頼まれて理事長となっていた信用組合が破綻してしまいます。

抱えた負債の弁済は、全て安藤百福さんが背負うこととなってしまい、

持っていた資産を全て失う

ことに…

例えでもなんでもない、文字通りの無一文となってしまい、安藤百福さんに残ったのは、大阪府池田市の借家だけ…。

しかし、安藤百福さんはくじけません。

失ったのは財産だけ。

その分、経験が血や肉となって身についた。

とポジティブ思考で、再起を図ろうとしたのです。

 

さて、再起を図ろうとした安藤百福さん。

何をしようか考えた時、彼が思いだしたのが、財産を失う10年ほど前に厚生省と交わしたあるやりとりでした。

そのやりとりというのが、

麺類の奨励

です。

戦後、闇市のラーメン屋台に並ぶ人々の行列、そして東洋の食文化として麺類が存在していることを知っていた安藤百福さんは、厚生省に対して、

「古くから東洋では麺類が文化になっていたのだから、今こそもっと奨励すべきでは?」

と提案したことがあったのです。

しかし、厚生省は

「麺類の量産技術も流通ルートもないので、やむをえずパンが主体なのだ」

と説明し、

「あなたが研究してみてはいかがですか?」

と、厚生省が安藤百福さんに対し、文化振興のため、麺類の量産化の研究をしてみてはどうかと提案をした…。

こんなやりとりがあったのです。

このやりとりを思い出した安藤百福さんは、自宅の裏庭に小屋を建てて、ついにインスタントラーメンの開発に着手することとなりました。

この時も、安藤百福さんは大変な苦労をしています。

道具や材料はすべて自分で探し集め、1日の睡眠時間は平均4時間。

妻・仁子さんの支えがあったとはいえ、これを1年間、たった1人で研究を進めたのです。

 

そんなインスタントラーメン開発は難航します。

すぐに食べられる即席性

そして、

どうやって長期保存すればいいのかという保存性

この2つが大きな壁として立ちはだかったのです。

何度も何度も失敗を繰り返して、ある日、安藤百福さんのインスタントラーメン開発を大きく前進させたのが、妻・仁子さんの存在でした。

ある日、仁子さんが天ぷらを揚げていた時のことです。

鍋の中で泡を立てながら、衣が水分をはじき出しているではありませんか。

その様を見た安藤百福さんは、

「これだ!」

と天ぷらの原理を利用し、麺を油で揚げて乾かすという『油熱乾燥法』を編み出しました。

半年間放置しても変質したり腐敗したりせず、湯を注ぐと元の柔らかい状態に戻る…。

即席性と保存性という最大の難関である壁を、妻・仁子さんの天ぷら揚げから克服することができたのです!

こうして、あの有名な『チキンラーメン』が完成。

その後、『チキンラーメン』を世界に広めようと海外視察をした際、

外国人が『チキンラーメン』を小さく割って紙コップに入れ、フォークで食べていた

というのをきっかけに、麺をカップに入れてフォークで食べる新製品…つまり

『カップヌードル』

が誕生したのです。

『カップヌードル』も、容器の作り方や、どういう素材を使うかなどで、かなり苦戦したそうですよ。

ただ、NHK朝ドラの『まんぷく』では、主に仁子さんが主役となるので、メインとなるのは『チキンラーメン』開発までかな?と思いました。

 

以上が、NHKの朝ドラ『まんぷく』のモデルとなった安藤百福さん・仁子さん夫妻の経歴です。

ちなみに余談ですが、最初は『カップヌードル』は、あまり普及しなかったらしいですよ。

大ヒットするきっかけになったのは、あの有名なあさま山荘事件

極寒の中を、待機している機動隊員が『カップヌードル』を食べている姿がテレビで映され、何を食べているか気になった人々が続出したことで、大きな宣伝効果となり、爆発的ヒットとなったのです。

 

まとめ

2018年後期として、10月から放送開始となるNHKの朝ドラが、『まんぷく』に決定。

モデルとなるのは、インスタントラーメンを世界で初めて開発した安藤百福さん・仁子さん夫妻で、主人公は仁子さんをモデルとした福子となるそうです。

何度も挫折を繰り返し、最終的に偉業を果たす…。

というストーリーだけに、重苦しい展開になるのかと思いきや、雰囲気としては明るく笑えるホームドラマとのこと。

百福さんの偉業を、仁子さんが家庭でどのように支えたのか…。

それを、福田靖さんの脚本で、福子と萬平が演じてくれるとのことですから、放送が非常に楽しみですね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ドラマ

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.