星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

Amazon(アマゾン)架空請求の手口やメール内容と対処法をチェック

更新日:

詐欺というのは年々巧妙化していて、最近では引き落としなどから素性がバレないように、ギフトカードを要求してくる詐欺が増えています。

その1つに、Amazonを騙る架空請求詐欺があることを知っていましたか?

最近話題になっているAmazonの架空請求詐欺で、実は筆者もそのショートメールが届いたことがあります。

筆者の場合は、よく考えれば、ありえないことだったのでスルーしましたが、人によっては、ひっかかってしまうこともあるでしょう。

そこで当記事では、Amazonの架空請求詐欺で送られてくるメールの手口や、対処方法を紹介していこうと思います!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Amazonを騙る架空請求詐欺が続出!

古くはオレオレ詐欺に代表されるような、架空請求詐欺は、年々手口が巧妙化しています。

  • 偽札が見つかったから交換の必要がある…
  • 税金が過払いだったから返す…
  • あなたの口座が詐欺の被害に遭っている…
  • 銀行や警察を騙って電話をかけてくる…

というケースが増えてきました。

そして最近、さらに新しい手口として、

実在のサイトを騙る架空請求詐欺

というものも増えてきたのです。

とくに多いのが、最近ネットニュースにもなった、大手インターネットショッピングサイト・Amazonを騙る架空請求です。

2016年5月頃から増えてきたそうで、このAmazonを騙る架空請求は、消費者庁の調査によると

414件の被害があり、被害額は合計1億1782万円

にものぼっているとのこと。

1度詐欺をしたら終わりではなく、何度も仕掛けてくるケースもあったそうで、

1人で377万円の被害

に遭ったこともあったみたいです。

このAmazonを騙る架空請求については、消費生活センターに約2万件の相談電話がかかってきたそうで、まさに流行の詐欺だと言えます。

普段なら、筆者は

「そんな詐欺ってほんとにあるんだなぁ…」

程度で済ませてしまうのですが、このAmazonを騙る架空請求だけは違いました。

実は、

ネットニュースになる数か月前に、筆者の元にもAmazonを騙る架空請求のSMSが届いていたから

です。

なので、

「やっぱりこれ、結構流行してるやつだったんだ…」

と、自分が詐欺の対象として狙われていたことに気づき、決して縁のないものではないと改めて痛感させられましたね。

では、具体的にAmazonを騙る架空請求とはどんな手口なのでしょうか?

 

Amazon架空請求のメール内容・手口をチェック!

Amazonの架空請求とは、一体どんな手口が使われているのか?

その手口やメール内容をチェックしてみましょう。

 

まず、これらのAmazonの架空請求は、SMS…

ショートメールサービスへメッセージを送ってくる

ことが特徴です。

実際、2017年8月に筆者のもとに届いたAmazonの架空請求は、このようなメール内容でした。

筆者としては、最初はクレジットカードの番号が間違っていたのだろうかと一瞬だけ思ってしまいましたが、すぐに、

「いやいや、SMSでこんなこと送らないだろ…」

と、詐欺だと気づき、スルーしました。

Amazonの架空請求の手口は、このようなSMSで

詳しい内容を書かず、法的手段へ移行すると強い言葉を使って不安を煽る

というメール内容になっているのが特徴です。

このような大切な事柄をわざわざSMSで送るわけがありません。

「そもそもコンテンツ利用料金ってどれだよ!」

となるのが普通です。

最近では、この文言を変えて、

「有料動画の未納料金が発生しております」

としていることもあるのだとか。

しかし、普通に考えてAmazonビデオといった名前があるのに、有料動画としか表記しないことはありえません。

つまり、有料動画と曖昧に言っている時点で、

詐欺相手は自分がどのサービスを利用し、購入したのかを知らない

わけです。

相手は送信者の情報を何も知らず、無作為に送っているだけ

なので、気にしてはいけません!

 

さて、ここから先についても紹介しましょう。

まずないと思いたいですが、仮に怪しいSMSに記載されている電話番号へ電話してしまった場合です。

電話すると、

アマゾンの受け付けセンターを名乗る人物

が応対してきます。

そして、本人確認と称して名前や年齢を聞き出し、料金が○○円未納になっていると説明。

そして、料金の支払い方法としてアマゾンギフト券を購入しろと言ってくるのです。

この時点でもうお笑いですよね。

「引き落としになる料金を、なんでわざわざギフト券で支払わせるんだ…」

と、呆れてものも言えないくらい、詐欺バレバレの手口だなぁと思わされます。

では、実際にこういうAmazon…にかかわらず、何らかの動画サービスなどの架空請求メールがきたら、どう対処すればいいのでしょうか?

 

Amazon架空請求メールの対処法を紹介!

黒板を指差す男性

AmazonやHulu、ネットフリックスなど、動画サービスが増えてきたこともあり、架空請求メールがさらに増えてきている昨今。

これらのメールが届いたら、どう対処すればいいのでしょうか?

ずばり、Amazonなどの架空請求メールには…

無視する

これが一番の対処法です。

まず第一に、支払いに関する大切な情報をSMSで送ってくるわけがないので、完全スルーでOKです。

不安になる必要はありません。

第一、たとえばクレジットカードでの支払いにしていたとしたら、まず引き落とし口座へお金を入れておいてくださいという指示があって、おかしくはないはず。

そもそも、基本的に月いくらという料金を払う有料動画サービスなどは、口座引き落としが通常の支払い方法です。

動画単体を購入する場合ならば、確かにギフト券で支払えるケースもありますが、

相手がギフト券を要求することは、普通ではまずありえない

のです。

ギフト券での支払いがあるなら、会員登録の際にその支払い方法があっていいはずですよね。

しかし、大半のサイトでは、会員費などにギフト券での支払いはありません。

数多く存在する支払方法を考えると、わざわざギフト券での支払いはありえないレベル…。

それをあえて要求してくる時点で、もはやお笑いなのです。

そのため、無視してしまえばいいでしょう。

  • 未納料金
  • ギフト券での支払い

この2つが絡むと、詐欺の可能性が非常に高いので、まずこの2つのワードを見かけたら、

「あ、詐欺だな」

と、積極的に無視、削除してしまうか、迷惑メールとして各利用キャリアに通報しましょう!

 

ちなみに、Amazon架空請求の場合、もしあなたがTwitterを利用していてこのようなメールが送られてきたら、

「Amazonから詐欺みたいなメールが来てた…」

「Amazonから未納料金のメールが来てる…」

というように、

  • Amazon
  • 未納料金
  • メール
  • 架空請求

などの単語を入れてツイートをしてみましょう。

すると、AmazonHelpというAmazonのヘルプセンターTwitter窓口のようなアカウントが、

「当サイトを騙るフィッシングが増えております」

「当サイトからそのようなメールを送ることはありません」

「携帯大手3社をご利用の場合は、迷惑メール対策として、申告窓口を設置しています。今後受信しない為にも、各窓口へご申告ください」

というように、フォロー外からでも親切に解説のリプライを送ってくれます。

実際、筆者がこんな詐欺メールが来てた、とツイートした時にも、

「ご存知かとは思いますが、当サイトからそのようなメールを送ることはありません」

と親切なリプライをいただきました。

今では、詐欺防止やサービスの疑問点解消のため、SNSで特定のワードの反応して、そのサービスの公式アカウントが返信をしてくれることもあるのです。

このような明らかにバレバレの詐欺に引っかかってほしくはありませんが、不安に思ってしまうこともあるでしょう。

その不安を煽り、少しでも気持ちを揺るがすことが、相手の手口です。

そのため、1人で解決しようとせず、誰かに頼りましょう。

幸い、今はSNSやヤフー知恵袋といった、ネット上の助けを借りることができる場所があります。

何か怪しいメールがきたら、SNSなどに投稿し、SNSでの仲間たちや公式アカウントに頼ってみることも大切ですよ。

 

まとめ

最近、Amazonを騙る架空請求が増えているようで、その詳細を調べると、かつて筆者にも届いたことのある詐欺メールでした。

筆者は、このような案件をSMSで送ること自体片腹痛いわ!とスルーしたのでよかったのですが、中には不安に思ってしまう人もいるでしょう。

そんな人のためへのアドバイスとして、

  1. まずは『未納料金』『ギフト券』という言葉をチェックする
  2. それでも不安なら、SNSや質問サービスなど、他人の知恵や公式のヘルプを頼る

このように、何らかの力を借りることを心がけましょう。

最初からスルーできる人ならともかく、少しでも不安を感じた場合、決して1人で解決しようとしないようにしてください!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-時事

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.