門脇麦と菅田将暉は彼氏彼女の関係?映画の濡れ場シーンをチェック

映画 芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


女優「門脇麦」さんと「菅田将暉」さんの出演する2016年公開の映画「二重生活」での二人のシーンに注目が集まっています!

映画「二重生活」は直木賞作家の「小池真理子」さんの同名小説を映画化したものです。

「門脇麦」さん演じる主人公の白石珠は大学院生で、教授のすすめで一人の対象を尾行することとなります。

近所に住む既婚男性を尾行することで他人の秘密を知ることに興奮を覚えていくというストーリーの映画です。

その中で披露した、「門脇麦」さんと「菅田将暉」さんの濡れ場シーンがすごい!と評判になりました。

それでは、注目の二人についてまとめていきたいと思います!

 

門脇麦と菅田将暉が出演映画『二重生活』とは?

話題となった映画で、ネタバレにならない程度にかんたんにあらすじを紹介したいと思います。

2016年に公開された映画で「理由なき尾行」がテーマの作品です。

主人公は大学院生で修士論文の題材として教授から「哲学的尾行」の実践を提案されます。

無作為に選んだ対象を追う「理由なき尾行」を通して、一人の女性の心の成長の物語です。

主人公は、尾行を続けていくうちに尾行対象の秘密が明らかになっていくにつれて、いいしれぬ興奮を味わいます。

そして徐々に尾行にのめり込んでいってしまい…

ここから先が気になる場合は、実際に映画を見たほうがよいでしょう。

この映画のすごい所は、巧みなカメラワークで見ているうちに実際に尾行しているような気分になれるところです。

見ているうちにどんどん引き込まれてしまい、いつの間にかドキドキしてくるほどです。

秘密を覗き見ているという罪悪感と高揚感を味わえる作品ですね。

まるでドキュメンタリーのような映画なので、不思議な雰囲気を味わうにはちょうどいい映画だと思います。

 

門脇麦と菅田将暉のうわさの濡れ場シーンは?

この映画について語るには避けては通れないほどと言われる、濡れ場シーンについて紹介していきます!

なんと、映画が始まってすぐに「門脇麦」さんと「菅田将暉」さんの濡れ場シーンが始まります!

二人は恋人同士で、イチャイチャから始まる延長線上のような濡れ場シーンです。

朝の爽やかな雰囲気の中で

「ニュー濡れ場」

と評されるほど、自然にリアリティのあるシーンでした。

さらに、この映画ではもう一つ濡れ場シーンがあります!

それは、「門脇麦」さんと尾行対象の役の「長谷川博己」さんとのシーンです!

一つの映画で二人の俳優に二つの濡れ場とは恐れ入りますね。

こちらは、人間の欲望をあらわにした物となっており、最初のものとは違うイメージとなっています。

欲望のままにお互いに求め合う熱いシーンとなっています。

どちらも、リアリティがすごいのですが、少し変わった撮影方法だったそうです。

というのも、リハーサルなどもせずに、簡単に撮影空間の説明をされた後にすぐ撮影スタートというものとのこと。

撮影のためのONとOFFの切り替えがなく一定のテンションで自然体に撮影を行ったとのことです。

リハーサルやテストなどもせずぶっつけ本番で濡れ場シーンとは…

その結果、リアリティのあるすごい映像が出来上がったということなので、監督やスタッフの技量と出演者の演技力のすごさに驚きです。

著述家「湯山玲子」さんをはじめとして、各方面の著名人からも大絶賛の濡れ場シーンとなっています。

 

門脇麦ってどんな女優?

ここ最近主演クラスで大活躍している「門脇麦」さんはどんな女優なのでしょうか?

世間では若いのにヌードも厭わない「体を張った演技」に定評があります。

ですが本人はインタビューで

「体が張れるから、それがすばらしいとは思わない」

と発言されています。

大事なのは覚悟とのことで

「毎回、これで最後だというか、これでダメだったら仕事がこないという覚悟でやっています」

と率直なコメントをしています。

この覚悟こそが、魅力的な演技を引き出しているのでしょうか。

たしかに、映画やドラマでストーリー上、濡れ場シーンが必要だったりすることがあると思います。

そのときに、出演者がいやいややっているのがわかってしまったりすると、見ている側も素直に見る事ができなくなってしまいますよね。

覚悟を持った本気だからこそ、魅力的に映ると思います。

「門脇麦」さんの女優魂にますますファンとして好きになってしまいそうです!

 

菅田将暉はどんな俳優?

「門脇麦」さんの恋人役を務めた「菅田将暉」さんとはどんな俳優なのでしょうか?

世間では「憑依型俳優」と評価されていて、今最も勢いのある俳優の一人と言われています。

「菅田将暉」さんはなんと、撮影が始まると役になりきってしまい、プライベートとは性格も変わってしまうとのこと。

それはカメラが止まっている時でも変わらず、撮影中は完全になり切ってしまい、関係者を驚かせたようです。

しかし、今回の「二重生活」ではリハーサルもなく、簡単な説明だけで撮影が始まります。

そのため撮影現場では

「あまり役を作りこんでいくという感覚がなく、かといってもちろん自分のままでもない不思議な感じ」

と話しています。

デビュー作の「仮面ライダーW」の撮影もリハーサルがなく撮影が始まったとのことで、その当時を思い出していたようです。

「憑依型俳優」の「菅田将暉」さんの自然体な演技が見られる映画というのは珍しいのかもしれません。

 

門脇麦と菅田将暉の二人の関係は?

リアルな濡れ場を含む恋人役で共演された二人はどのような関係なのでしょうか?

もしかして、映画と同じような恋人同士だったりするのか、調べてみました!

「門脇麦」さんと「菅田将暉」さんは「二重生活」が初めての本格的な共演だったとのことです。

しかし、二人は同学年で共通の友人もいてお互いに知り合いだったように感じているとのこと。

濡れ場シーンでも二人が生活しているような空気感の撮影空間に違和感がなかったといいます。

そんな、ほぼ初対面なのにぶっつけ本番で恋人同士の濡れ場シーンを撮影してしまう二人ですから何かあるのではないかと疑ってしまいますね!

しかしながら、どうやらとくにそういった関係はなかった様子です。

しかも「門脇麦」さんは俳優の「太賀」さんと事務所公認のお付き合いされているようですね。

自分の彼女に濡れ場シーンが多いとなると、彼氏としてはモヤモヤとしそうなものですが、二人の結束は強いようです。

あくまでも撮影は撮影、プライベートはプライベートとしっかり線引きしているようです。

「門脇麦」さんと「太賀」さんのお二人と「菅田将暉」さん女優の「二階堂ふみ」さんの四人でお出かけするなど、友達同士として仲良しの様子。

このままスキャンダルとは無縁のまま末永く活動してほしいですね!

 

二人の関係のまとめ

映画「二重生活」での濡れ場シーンで話題となった「門脇麦」さんと「菅田将暉」さんのお二人の関係はいかがだったでしょうか。

調べた限りではスキャンダルな内容はないということが判明してほっと一安心ですね!

それにしても、濡れ場シーンの完成度の高さには舌を巻くばかりです。

それも、「門脇麦」さんの覚悟から来る女優魂のすごさと、「菅田将暉」さんの役に入り込む演技力の高さからからくるものなのでしょうね。

映画の方も、

「人間の心の深層に迫る体感型心理エンターテインメント」

なんて評価される作品なので、まるで自分が尾行しているような気分になれる映画でとても良いです。

濡れ場シーンももちろん素晴らしいので、是非見てみることをおすすめしたいと思います。

ページトップへ