菅田将暉のうたと歌詞をチェック!その歌唱力の評判や評価とは?

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


俳優として活動している菅田将暉さんのソロ歌手デビューシングル「観たこともない景色」が2017年6月7日にエピックレコードより発売。

このうたは、auのサッカー日本代表を応援するCM「au BLUE HALLENGE」の応援編で使用されました。

しかし、この時はうただけで名前の表記も告知も一切されませんでした。

それから、1ヵ月後の新たなCMで菅田将暉さんが歌い上げる姿が公開されると歌手としての菅田将暉さんに対して歌唱力の評価が聞こえるように。

さて、そこでくだされた評価はいかに?

結果からお伝えしますと音楽批評家からは、賛否両論の評価だったようです。

 

菅田将暉への音楽批評家の評価は?

各種音楽雑誌を刊行する「ロッキング・オン」の峯岸利恵氏は、

真っすぐ突き抜けるような声と安定した音程感を称賛。

俳優として、場に溶け込みながらも存在感を出すことに長けていたが、そのポテンシャルが歌い手としても表れている。

高評価コメント。

また、音楽評論家の石黒隆之氏は

伝わってくるのは楽曲の魅力ではなく

”こんなこともできる”

菅田将暉のプロモーションであり、この人は歌っている自分が好きなだけなんじゃないかと思わせてしまうところがあり、曲やシチュエーションによって声のトーンを変えようともしない。

それは音楽そのものに無頓着だからであり、チャーミングではない。

不評のようです。

 

菅田将暉が生うた披露!Mステでの視聴者の評判は?

ソロとして初出演した音楽番組『ミュージックステーション』の視聴者からの声として

「声がかすれてる」

「高音が出ていない」

「サビのところで声が出てない」

「音がハズれてる」

「CDと全然違う」

「本当は音痴だったの?」

と演技同様に菅田将暉さんのすばらしい生うたを期待していただけに残念なお言葉が。

この言葉からもおわかりのように、一般のひとからはソロ歌手としての菅田将暉さんのうたは下手という悪い評判となってしまいました。

 

菅田将暉の日本の音楽チャートは?

ソロデビューが発表された日の午後7時、東京渋谷駅前のスクランブル交差点5面のビジョンは一斉にジャックされ、VTRに菅田将暉さんが登場。

そして、CDデビューすることを発表するとともにデビュー曲「見たこともない景色」のミュージックビデオが初公開されました。

ミュージックビデオの中では、バックバンドを従えギター演奏も披露。

汗をかいて泥臭くても、もがき、苦しみ、必死にその先にある光に向かうというひたむきさを訴えかけています。

菅田将暉さんがはソロで音楽活動をしていくことについて

僕が音楽アーティストをやっていいのだろうか、そして僕に何ができるんだろうか?という思いはやはりどこかにあります

と率直に明かしつつも、

「だけど、今の僕にしかできないことってきっとある気がしています。

これまでにないワクワクする気持ちが生まれていて、音楽活動を自分自身が楽しみ、信じて、作品づくりをしていきたいと思います」

と意気込んでいました。

また、CDの発売日である2017年6月7日に菅田将暉本人名義としては初となるライブイベントを渋谷・WWW Xで開催。

「見たこともない景色」とカップリング曲「ばかになっちゃったのかな」そして映画「何者」で歌唱した「まだ知らない世界」のカバーを弾き語りで披露。

このようにしっかりとアピールもおこなったソロ歌手デビュー「観たこともない景色」でしたが、日本の音楽チャートはどうだったのでしょうか?

Billboard Japan Hot 100(週単位楽曲の総合チャート)最高順位3位

週間オリコンチャート(売上集計ランキング)最高順位5位

と結果は悪くないように思いますが。

しかし、このことで菅田将暉さんのうたが上手い、下手を判断することは難しいですね。

 

菅田将暉が所属していたユニット『グリーンボーイズ』では上手かった?

ソロ歌手デビューする前に活動していた4人組ボーカルユニット「グリーンボーイズ」。

「グリーンボーイズ」とは、2017年1月に公開された映画『キセキーあの日のソビトー』から生まれたグループです。

そもそも、この映画は GReeeeNの大ヒット曲 “キセキ” にまつわる実話を描いた作品。

劇中でメンバーを演じた菅田将暉さん、横浜流星さん、成田凌さん、杉野遥亮さんの4人が撮影後の打ち上げの席で曲を歌い意気投合。

そして、それがきっかけとなってグリーンボーイズの名でデビューすることになったのです。

ではこのグループでの菅田将暉さんのうたの評判はどうだったのでしょう?

「クオリティーが高い」

「歌唱力がヤバイ!」

「めっちゃうた上手い!」

「カッコいいのにうたもうまい!」

といった、うたが上手いを中心に高い評判だったみたいですね。

そうなりますと、ソロではうたが下手でグループでは上手い?どうしてなのでしょう。

もしかして、ソロのうたが菅田将暉さんに合っていなくてむつかしかったからでしょうか。

そのあたりをうたっている動画と歌詞でみてみたいと思います。

 

菅田将暉の1stシングル「観たこともない景色」

「どうしてそんなに走れるの どうしてまたすぐに立ち上がれるの」

と第三者からみたおどろきから始まり。

「僕たちの声が聞こえるの 泥だらけで進んで 傷だらけでもがくの かわしたわけない約束 守ることのために走る」

と使命を感じているからという理由が描かれ。

「日本の風に背中押されて 日本の太陽に未来照らされて 泥臭くていい かっこ悪くていい そこから見える景色 同じ景色を見よう」

日本というキーワードで一体感、共感しあいたいという熱い思いに繋がる歌詞へと続きます。

歌詞の内容はについては、

自分自身を、もう一人の自分が応援する

というもので、この歌詞と菅田将暉さんのイメージやうた声も合っていますし、ミュージックビデオではうたも下手ではないように思えます。

 

菅田将暉の2ndシングル「呼吸」

「愛する人のために生きる そんなことは 僕はもうやめた」

今回の作詞に参加している菅田将暉さんの言葉だと思って、そうなの?と言いたくなる冒頭。

「出逢った日にミラー越しの いつわりのない笑顔 黒いコンバース 思いだして もどかしさとせつなさが夢をみせた 窓にうつる横顔がゆれてた」

愛するひとはどんなひとだったのかをちょっと想像してしまう歌詞ですね。

「息をすう 息をはく ただそれだけのことで どうして人は苦しむのだろう 見あげた空のむこう 太陽は今日もまた微笑んでいる 君の笑顔に似ていたんだ」

息をするのも苦しい恋愛の先に見えたものは素敵な?思い出ということでしょうか。

「思い通りにいかない恋愛を通して、改めて誰かのために生きることで自分を見出していく」

というのがこのうたのコンセプト。

だったら愛するひとのためにまた生きてもいいのではないかとツッコミたくなってしまいますが。

若さゆえのせつなさい歌詞が菅田将暉さんのイメージとうた声に合っているように感じます。

ミュージックビデオでも、うたは下手ではないように思うのですが。

さて、あなたの評価はいかがだったでしょうか?

 

まとめ

俳優の菅田将暉さんがソロ歌手デビューシングル「観たこともない景色」を発売。

このうたに音楽批評家の評価は賛否両論。

ソロ初出演した「ミュージックステーション」の視聴者からはうたが下手との悪い評判に。

しかし、4人組ボーカルユニット「グリーンボーイズ」ではうたが上手いと高い評判。

ソロでは下手でグループだと上手いのはなぜなのか。

ミュージックビデオでみた結果は、下手ではない。

だったら下手となった「ミュージックステーション」の結果は、

「プロの歌手でさえ、生うたは緊張するのだから、さすがに菅田将暉も初ソロ出演の生うたで緊張したのではないか」

とのネットの声に私も同感で、歌手活動になれていないだけで下手ではないという見方。

緊張している自分も受け入れながら必死でうったっている菅田将暉さん。

上手い下手を超えて今もがきながら必死で生きているというご自身の等身大の姿を、うたによってみせてくれているように強く感じます。

ページトップへ