佐々木健介は性格がヤバイ?北斗晶や真壁刀義との本当の関係を調査

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
怖い男性


現在はタレントとして活躍している、元プロレスラー佐々木健介さんの性格がやばいと話題になっています!

同じく元プロレスラーの北斗晶さんと結婚し二人の子供もいて、一見して良い旦那で父親のイメージがありますよね。

テレビ番組でも鬼嫁の北斗晶さんの尻に敷かれながらも仲の良いおしどり夫婦であまり悪いイメージはないかと思います。

個人的にも、優しくて力持ちな家族思いのお父さんというイメージですね。

しかし、佐々木健介さんのプロレスラー時代にはかなりの黒いうわさが…

そんな佐々木健介さんの裏の顔に関するうわさや性格の真相についてまとめてみたいと思います!

 

佐々木健介の性格がヤバイ!

AND PACKABLEさん(@andpackable)がシェアした投稿

テレビでは優しそうなイメージを持っている佐々木健介さんですが、かなり性格が怖いといううわさがあります。

そのうわさの真相を調べてみました!

 

理不尽なシゴキがヤバイ!

プロレスラー時代は後輩へのシゴキが激しく、当時所属していた人からかなり嫌われていたというのです。

今ではほとんどなくなったといわれていますが、当時のプロレス界ではイジメのような理不尽なシゴキが日常的に行われていたといいます。

ある練習では投げ技に対する受け身の練習を後輩にやらせていたそうなのですが、その後輩が受け身に失敗したのか声も出なくなる状況になったそうです。

それを佐々木健介は無理やりに立たせて何度も同じ技の練習をやらせたとのこと。

結果その後輩は圧迫骨折をしていて、病院に行くことになりましたが、すぐにでも安静にしないとならないという事で即入院になってしまいました。

受け身の練習は大切かもしれませんが、怪我をしてまで続けるものではないと思います。

こんなシゴキが日常的に行われていたとなれば、かなり恐ろしいですよね。

 

ドッキリ番組でのキレ方がヤバイ!

以前、佐々木健介さんが出演したテレビ番組「パニックフェイス」でのドッキリでのキレ方がかなり怖かったんです!

内容は北斗晶さんが傷害の容疑をかけられたら、佐々木健介さんはどのような反応をするのかという内容の企画。

カメラが回っているという事を知らない佐々木健介さんはかなり怒りをあらわにして、刑事役の人にブチギレて物に当り散らすなどをしました。

夫婦愛ととらえられなくもないのですが、そのあまりのブチギレっぷりに視聴者もドン引きするレベル…

テレビの企画ですからヤラセである可能性もありますが、それでもかなり普段のイメージとは違う一面を見せていました。

 

佐々木健介と北斗晶の関係

結婚していて二人の子供もいる二人の関係ですが、かなり良好な様子。

お互いのブログでもその仲良しっぷりが見て取れますから、本当に良い夫婦関係なんだと思います。

馴れ初めは、お互いが参加したプロレスのイベントでの親睦会でとのこと。

そのイベントで隣同士に座ることになった時に、佐々木健介さんが

「勝手にこの人は俺の嫁さんになるなって思った」

ということで話しかけたのですが、そのときはあまり良い反応ではなかった様子。

その後、佐々木健介さんは猛アタックをかけ、出会ってから8日でデートをし、その2日後にはプロポーズをしたというのです。

そして、出会ってからなんと40日ほどでで結婚というすさまじいスピード婚となりました。

このエピソードからもわかるとおり、佐々木健介さんのべたぼれっぷりがわかりますね。

 

佐々木健介は真壁刀義に壮絶なイジメをしていた!?

トップレスラーとして大活躍している真壁刀義さんが入門したてのころ、佐々木健介さんが道場長を務めていたそうです。

そのときに、いじめともいえるほどの理不尽なシゴキがあったとのこと。

真壁刀義さんは学生プロレス出身で、佐々木健介さんが所属するそこから新日本プロレスに入門しました。

佐々木健介さんの師匠である長州力さんも佐々木健介さんも学生プロレスに対して大きな偏見を持っていたとのこと。

その偏見から理不尽なシゴキになってしまったのではないでしょうか。

鬼軍曹と言われるトレーナー山本小鉄さんという方がいて、それはもう厳しい訓練という事で有名な人でした。

その山本小鉄さんでさえ、佐々木健介さんの真壁刀義さんに対するシゴキに苦言を呈するほどだったといいます。

鬼軍曹から見てもかなり理不尽な内容だったようですね。

指導の粋をこえた理不尽なシゴキに

真壁刀義さんは嗅覚を失ってしまった

といううわさがあるほどです。

現在、真壁刀義さんはスイーツ好きとして知られています。

嗅覚がない状態では味覚も失ってしまう事が多いので嗅覚を失ったというのはうわさのようです。

それでも、真壁刀義さんはかなりの恨みを持っているようですね。

 

練習生が佐々木健介のシゴキで命を落とす

佐々木健介さんの理不尽なほどのシゴキが行われていたというのはどうやら事実のようです。

そのシゴキがついに事件を起こしてしまいます。

佐々木健介さんが練習のコーチを務めていた時のこと、練習生の一人が練習中に脳挫傷で亡くなってしまうという事件です。

頭から落下させる危険な投げ技を何度も繰り返し、かなり危険な角度で頭から落としていたとのこと。

警察は練習中の事故として処理しましたが、本当に事故だったのでしょうか。

アメリカプロレスのクリス・ベノワさんが残した自伝には、事故ではなかったと記されているそうです。

クリス・ベノワさん自身も伝え聞いたものとのことですが、こんな恐ろしいうわさが何もない所から流れるものでしょうか?

また、佐々木健介さんの弟子であるプロレスラーの西川潤さんのブログの中で佐々木健介さんと思われる人物について書かれていました。

プロレスの大会で佐々木健介さんによばれて控室に行くと、階段の上り場に連れて行かれ、いきなり殴られたとのこと。

その後、髪をつかまれコンクリートの壁に頭を打ちつけられ、倒れてからもけりを入れられるなど散々暴行を受けたそうです。

しかし、西川潤さんはなぜ殴られたのか全く心当たりがないとのこと。

その後、佐々木健介さん即座に内容について否定していて、西川潤さんのブログは突然閉鎖となりました。

この件についても西川潤さんが佐々木健介さんに個人的なうらみを持っていて、嘘の記事を書いたにしてはリアルすぎると思います。

 

佐々木健介も激しいシゴキをうけていた?

佐々木健介さんも若手時代にかなり厳しいシゴキを受けていたようです。

師匠である長州力さんの指示で、身体も大きくならないし、厳しいシゴキで辞めさせてしまおうとしたそうです。

これもなかなかに理不尽な事ですが、自分がやられたから後輩にも同じように理不尽にするというのは間違っているような気がしますね。

 

佐々木健介のヤバすぎる性格まとめ

プロレスラー時代は理不尽なシゴキなどで、かなり危ない性格をしていたことがわかりました。

今は年を取って丸くなったというような感じがしますね。

しかしドッキリでのブチギレっぷりを見るとまだそういったところは残っているのかもしれません。

もしも、テレビで見ているいい人そうな佐々木健介さんはすべて演技だとするとかなり恐ろしいですね…

それでも、奥さんの北斗晶さんへの愛情は本物だと思います。

結婚してからすでに20年以上たちますが、現在も仲良しっぷりがすごいですからね!

これまで演技だったとするとちょっと人間不信になっちゃいそうですよ…

これからも家族仲良く頑張って行ってほしいですね。

家族仲は良好なようですが、当時の関係者からはかなり恨まれているのも間違いなさそうです。

ページトップへ