スターウォーズ最後のジェダイの感想と評価レビュー!続編はいつ?

映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2017年12月15日に劇場公開された『スターウォーズ最後のジェダイ』。

2015年に公開され大ヒットした『スターウォーズ フォースの覚醒』に続くシリーズ3部作の2作品目となる本作。

伝説のジェダイであるルーク・スカイウォークを探しあてた主人公のレイを中心に物語は進んでいきます。

今回は世界中のファンが心持にしていた『スターウォーズ最後のジェダイ』の感想や評価レビュー、続編情報を紹介していきたいと思います。

 

『スターウォーズ最後のジェダイ』の感想

公開翌日に劇場で本作を観て来ました。

前作である『スターウォーズ フォースの覚醒』は過去のスターウォーズシリーズの中では新章の第1作目として制作。

そのせいか、あまりスターウォーズ感を感じられませんでした。

(それでも歴代のキャストの多くが出演でしたのでファンにはたまりません)

今回の『スターウォーズ最後のジェダイ』は、「これぞスターウォーズ!新風を巻き込んだ」と思えるほどの出来でした。

上演時間は152分と長いですが、内容もぎっしり凝縮されているのか見応え充分で、映画に引き込まれ長時間という印象はありませんでした。

主人公は前作に引き続きレイですが、依然としてルーク・スカイウォーカーの物語がメインで描かれている気がしました。

エピソード4から続くルーク・スカイウォーカーの物語が、この『スターウォーズ最後のジェダイ』のタイトル通り終焉を迎えます。

スターウォーズシリーズ最高評価と称された「エピソード5 帝国の逆襲」を反復させるような構成、劣勢に追い込まれる反撃軍。

見どころとしては、ヨーダを踏まえたルーク・スカイウォーカーとレイの師弟関係やフォースの暗黒面による葛藤、信頼していた仲間の裏切り。

そして「スターウォーズ」として外す事の出来ない宇宙戦や戦闘ですね。

大迫力満載の本作、オススメしたい作品の1本です!

 

『スターウォーズ最後のジェダイ』の評価レビューは?

『スターウォーズ最後のジェダイ』を観た観客の作品対する評価を調べてみると意外な結果に…。

「面白かった」「駄作」の二つに分かれていて、「どちらでもない」とレビューする人がいませんでした。

海外では日本よりも早く劇場公開され、多くのレビューが書き込まれましたが、日本でも公開から2週間あまりで数多くのレビューが書き込まれています。

ここでは賛否両論に分かれた日本での評価レビュー、映画関係者によるレビューをピックアップして紹介します。

 

一般ユーザーによる高評価のレビュー

「前作に続き、楽しめました。世界観が素晴らしいです」

「スターウォーズ最後のジェダイ本当に最高でした!登場キャラの内なる光か闇かの葛藤がうまく表現されました」

「内容がギュッと詰まっており、物語が大きく動くので観終わった後に観た人とこの興奮を分かち合いたい」

「濃い時間を過ごしました。見応えがありすぎてちょっと頭を整理しなければ…」

「スターウォーズ最高でした。年明けもう一回行こうかな」

「子供でも充分楽しめる映画です。戦闘シーンも多いですが、分かりやすい内容で秀作映画だと思います」

と高評価を付けたユーザーはこのようにレビューを綴っています。

 

一般ユーザーによる低評価のレビュー

「状況をセリフで説明する稚拙さ」

「以前のスターウォーズから進歩なし」

「作り手がスターウォーズをデスっているとしか思えない」

「正直、駄作と呼べる作品」

「映画を観て、こんなにがっかりしながら映画館を離れたのは稀」

「『フォースの覚醒』からの2年間の期待を返して欲しい」

「この2年間のネットでの様々な憶測や考察を見て、想像を膨らませていた自分が馬鹿みたい」

とかなり辛辣なコメントが映画サイトに挙がっていました。

 

映画関係者からの評価レビュー

「ハリウッド・リポーター」の2時間半は少し長すぎるが、ジョンソン監督のアプローチは新鮮さと熱意にあふれ、この作品やシリーズ自体を生き生きとしたものにしている。

疑いなく最も大切なことだ。

エンタメ業界誌はこのように評価しました。

スター・ウォーズ史上最高傑作だとし、目をむくようなビジュアルを伴う

『ウィットと感嘆』

の映画で、まったく予期しない、しばしば衝撃的な感情的な力に支えられている。

ロンドン・タイム誌は上記を発表しました。

「欠点を伴う勝利」

エンターテインメント・ウィークリーは、好意的ながらも少し辛口とも取れる評価を。

「スター・ウォーズ・シリーズへの輝かしい入口」

USAトゥデイはこのように作品をとらえています。

大手エンタメ系各誌は『スターウォーズ最後のジェダイ』を、かなり好意的な評価として取り上げています。

 

広がる『スターウォーズ最後のジェダイ』の波紋

賛否両輪に分かれた『スターウォーズ最後のジェダイ』。

映画関係者や評論家による『スターウォーズ最後のジェダイ』の評価はとても高いです。

アメリカの大手映画レビューサイトのロッテン・トマトでは好意的なレビューが93%と高い比率を出しています。

しかし、その一方で一般ユーザーからの好意的なレビューは54%という結果が出ています。

上記のレビューを見ても、一般客からの反応や評価が低いということがわかりますね。

また、今回の『スターウォーズ最後のジェダイ』では、過去の「スターウォーズ」シリーズでは見られなかった現象が…。

それは「アンチファンの存在」です。

アメリカの署名サイトでは、ディズニー社に対し「スターウォーズ最後のジェダイ」をシリーズから外し、新たに作り直して欲しいという署名を提出。

既に5万件以上のユーザーが賛同しているそうです。

日本公開されたばかりの『スターウォーズ最後のジェダイ』の波紋はまだまだ続きそうです。

 

スターウォーズ続編情報をご紹介!

続編情報が少しづつ発表されています

スターウォーズ新章3部作の最後を飾るのが『スターウォーズ エピソード9(仮題)』です。

既に撮影に入っている続編の公開予定日は全米公開は2019年5月24日、日本公開予定日は2019年の12月20日です。

今から2年後になりますが、既に多くのファンが期待し注目しています。

監督には「ジュラシック・ワールド」を手掛けたコリン・トレヴォロウが決定していましたが降板を発表。

スターウォーズシリーズでお馴染みのJ.J.エイブラムスが務めることになりました。

また、脚本は『ジャスティス・リーグ』(2017年)のクロス・テリオ。

制作はもちろんウォルト・ディズニー社傘下のルーカスフィルムが手掛けます。

スピン・オフも劇場公開されます!

『スターウォーズ エピソード9』よりも早く劇場公開されるのが、スピン・オフとなる『ソロ:ア・スターウォーズ・ストーリー』です。

『スターウォーズ エピソード4:新たなる希望』より前の20代の若きハン・ソロを描いた作品となっています。

ハン・ソロを演じるのはオールデン・エアエンライク。

1989年生まれで、まだキャリアも浅く知名度も低いですが主役に大抜擢されました。

10代の頃から映画製作に携わり、大御所スティーブン・スピルバーグに見出されたオールデン。

今後の活躍が楽しみな俳優の一人ですね。

劇場公開日は2018年6月29日です。

 

スターウォーズ最後のジェダイについてまとめ

今回、2017年12月15日に日本劇場公開された『スターウォーズ最後のジェダイ』の感想や評価レビュー、続編情報などをご紹介いたしました。

全世界で現在、884億円の興行収入をたたき出している『スターウォーズ最後のジェダイ』。

2018年に発表される第90回アカデミー賞特殊効果賞において既にノミネート候補に挙がっています。

評価としては賛否両論に分かれましたが、記事を読んで気になったら是非劇場に足を運んでほしいと思います。

ページトップへ