ダーリン・イン・ザ・フランキスのキャスト(声優)とキャラを紹介

アニメ テレビ 芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2018年1月に放送が開始されるアニメ『ダーリン・イン・ザ・フランキス』

『天元突破グレンラガン』のCMで制作が発表されたときから、これはただ事でないと注目が集まっています。

なにしろ制作は『キルラキル』『リトルウィッチアカデミア』などのTRIGGERと、「アイドルマスター」シリーズ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』などのA-1 Pictures

さらにキャラクターデザインや監督などの主要スタッフには、『グレンラガン』を作り上げたメンバーたちがそろっています。

これで期待するなという方が無理な話ですよね!

そして多くを語らなかったティザーCMから約半年、ようやく物語の方向性とキャラクターについて色んなことがわかってきました。

というわけで、物語の舞台や設定、キャラクター同士の関係とキャスト(声優)についてまとめてみました!

 

『ダーリン・イン・ザ・フランキス』の物語

『ダーリン・イン・ザ・フランキス』の舞台は遠い未来とされています。

人々は移動要塞都市“プランテーション”を建設し、少年たちはその中のその中に作られたパイロット居住施設“ミストルティン”だけで暮らしているのです。

少年たちの使命は戦うことだけで、外の世界のことは何も知りません。

ただ教えられたとおりに、“フランクス”と呼ばれるロボットに乗って敵と戦う訓練を受けるだけです。

主人公はそんな少年たちのうちのひとり、ヒロ。

そんな彼の前に、ツノのある謎の少女ゼロツーが現れたことから、物語は動き出します。

狭い世界で育った少年が、外からきた少女と出会って運命が回り出すというのがワクワクしますね!

主人公のヒロにとっても世界は謎だらけで、視聴者は彼と感覚を共有しつつ物語を楽しむことになりそうです。

 

『ダーリン・イン・ザ・フランキス』のキャラクターとキャスト

ヒロ(CV:上村祐翔)

主人公のヒロは、昔は神童と呼ばれるほどの天才でしたが、今ではすっかり落ちこぼれて、フランクスに乗るという目的を捨てつつあります。

そんな彼の声を担当するのは、上村祐翔(うえむら ゆうと)さん。

まだ24歳ですが子役出身なので芸歴は長く、声優活動は15年以上になります。

代表作は

  • 『文豪ストレイドッグス』(中島敦)
  • 『神々の悪戯』(戸塚月人)

など。

アニメだけでなく洋画の吹き替えも多く担当しているほか、俳優としても映画などに出演していて、2017年からは歌手活動も始めています。

『B-PROJECT〜鼓動*アンビシャス〜』(増長和南)ではキャラソンも歌いました。

ゼロツー(CV:戸松遥)

ヒロインとなるゼロツーは、2本のツノと『パートナー殺し』の異名をもつエリートパイロットです。

ヒロとは正反対といえる自由なゼロツーの声を担当するのは、戸松遥(とまつ はるか)さん。

代表作は

  • 『ソードアート・オンライン』(アスナ/結城明日奈)
  • 『ハピネスチャージプリキュア!』(氷川いおな / キュアフォーチュン)
  • 『妖怪ウォッチ』(ケータ / 天野景太)

など。

気の強い少女や小悪魔的美少女、少年など年の若いキャラクターを広く演じている声優です。

また歌唱力とともにルックスも人気が高く、なんと過去には東宝シンデレラのオーディションで最終選考にまで残ったことがあります。

ゴロー(CV:梅原裕一郎)

パイロットとしての実力が認められているヒロの幼馴染、ゴローの声を担当するのは、イケメン声優としても有名な梅原裕一郎(うめはら ゆういちろう)さん。

代表作は

  • 『美男高校地球防衛部LOVE!』(由布院煙)
  • 『ヤングブラック・ジャック』(間黒男)

など。

声も演技も男前な注目株の新人です。

イチゴ(CV:市ノ瀬加那)

みんなのリーダー役をつとめるヒロの幼馴染、イチゴの声を担当するのは、市ノ瀬加那(いちのせ かな)さん。

まったくの新人声優で、アニメで名前のある役は『ダーリン・イン・ザ・フランキス』が初めてです。

ゾロメ(CV:田村睦心)

コドモたちの中では最も純粋に元気なゾロメの声を担当するのは、主人公の子供時代など少年役を演じることが多い女性声優の田村睦心(たむら むつみ)さん。

代表作は

  • 『バトルスピリッツ 少年突破バシン』(バシン / 馬神トッパ)
  • 『境界線上のホライゾン』(トゥーサン・ネシンバラ)
  • 『小林さんちのメイドラゴン』(小林さん)

など。

ミク(CV:山下七海)

可愛くて元気だけどわがままで負けず嫌いでもあるミクの声を担当するのは、山下七海(やました ななみ)さん。

新人ですがデビュー作の『Wake Up, Girls!』(海菜々美)で知名度をあげ、声優アイドルとして歌手活動もしています。

その他の代表作は

  • 『異能バトルは日常系のなかで』(姫木千冬)
  • 『バトルスピリッツ 烈火魂』(黒田環奈)
  • 『異世界はスマートフォンとともに。』(スゥシィ・エルネア・オルトリンデ)

など。

フトシ(CV:後藤ヒロキ)

人当たりが良くて楽天的な常識人、フトシの声を担当するのは、後藤ヒロキ(ごとう ヒロキ)さん。

これまでに多くの作品で脇役を務めてきた名バイプレイヤーです。

代表作は

  • 『ガラスの仮面ですが』(桜小路優)
  • 『ディーふらぐ!』(横縞)
  • 『鬼灯の冷徹』(柿助)

など。

ココロ(CV:早見沙織)

男子のマドンナ的存在のココロの声を担当するのは、女神や聖女のような役をたくさん務めてきた早見沙織(はやみ さおり)さん。

代表作は

  • 『東のエデン』(森美咲)
  • 『赤髪の白雪姫』(白雪)
  • 『映画 聲の形』(西宮硝子)

など。

ミツル(CV:市川蒼)

ヒロをライバル視している皮肉屋の少年、ミツルの声を担当するのは、市川蒼(いちかわ あおい)さん。

2017年にデビューしたばかりですが、すでに『Just Because!』で主人公の泉瑛太役を務めた期待の新人です。

イクノ(CV:石上静香)

感情をあまり表に出さないクールな読書家、イクノの声を担当するのは、漫画家から声優に転身した石上静香(いしがみ しずか)さん。

代表作は

  • 『健全ロボ ダイミダラー』(喜友名霧子)
  • 『下ネタという概念が存在しない退屈な世界』(華城綾女)
  • 『魔法陣グルグル』(ニケ)

など。

ナナ(CV:井上麻里奈)

まだ詳細はわかりませんが、コドモたちの上官らしき女性、ナナの声を担当するのは、セクシーな女性から少年まで様々な役をこなす人気声優・井上麻里奈(いのうえ まりな)さん。

代表作は

  • 『スマイルプリキュア!』(緑川なお / キュアマーチ)
  • 『進撃の巨人』(アルミン・アルレルト、ナレーション)
  • 『境界のRINNE』(真宮桜)

など。

ハチ(CV:小西克幸)

同じく上官らしき男性、ハチの声を担当するのは、小西克幸(こにし かつゆき)さん。

代表作は、

  • 『アサシン クリード』(アルタイル)
  • 『テイルズ オブ シンフォニア』(ロイド・アーヴィング)
  • 『軍鶏-Shamo-』(成島亮)
  • 『金色のコルダ』(王崎信武)

など。

フランクス博士(CV:堀内賢雄)

そしてメカニックらしき老人、フランクス博士の声を担当するのは、洋画への出演の多いベテランの堀内賢雄(ほりうち けんゆう)さん。

アニメでも

  • 『機動戦士ガンダムΖΖ』(マシュマー・セロ)
  • 「アンジェリーク」シリーズ(炎の守護聖オスカー)
  • 『ジョーカー・ゲーム』(結城中佐)

などで活躍しています。

 

アニメ『ダーリン・イン・ザ・フランキス』のまとめ

『ダーリン・イン・ザ・フランキス』は、遠い未来のコドモたちを描くロボットアニメです。

制作スタッフには『天元突破グレンラガン』などに関わった才能のある人たちが集結しています。

神童から落ちこぼれに転落した主人公ヒロの声を担当するのは、子役から経歴を積んできた上村祐翔(うえむら ゆうと)さん。

そしてヒロの前に現れた謎の少女ゼロツーの声を担当するのは、魅力的な少女を多く演じてきた戸松遥(とまつ はるか)さん。

その他も新人から中堅、ベテランまでの声優たちが、それぞれの持ち味を生かしてくれそうです。

1月の放送開始をお楽しみに!

ページトップへ