スターウォーズ最後のジェダイのストーリーあらすじと結末ネタバレ

映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2017年12月15日に遂に国内劇場公開された『スターウォーズ最後のジェダイ』。

公開後の国内動員数も2週続けて1位を獲得。初日に関しては2位の作品の9倍も差をつけました。

国内だけでなく、世界中が注目し公開を心待ちにしていた本作。

今回は、『スターウォーズ最後のジェダイのストーリーあらすじと結末ネタバレ』についてご紹介していきたいと思います。

完全ネタバレになりますので、これから劇場へ行と思っている方は観覧に注意してくださいね。

 

スターウォーズ最後のジェダイのストーリーあらすじと結末ネタバレ

スターウォーズ最後のジェダイのストーリーあらすじと結末ネタバレ:1『起』

スターキラー基地での死闘の後、帝国軍の残党ファースト・オーダーはレイア・オーガナ将軍率いる共和国軍のレジスタンスに反撃を開始をします。

レジスタンスは窮地に追い込まれ、拠点の惑星ディカーを追われて脱出します。

脱出までの間、ポー・ダメロン率いるXウィング・ファイター部隊が大艦隊の前に立ちはだかり、時間稼ぎをします。

この間にレジスタンスは脱出に成功し、更に爆撃機によりファースト・オーダーの戦艦ドレッドノートに大ダメージを与えます。

しかしその一方で、多くの仲間たちが圧倒的な力の差を前に次々と命を落としていきました。

ポーや戦闘に参加したチームもレジスタンスの輸送船を追いますが、多くの仲間を犠牲にしたことにレイアは心を痛め、またポーのやり方に憤りを感じていました。

一方でファースト・オーダーの現場指揮官アーミテージ・ハックス将軍は、レジスタンスを逃した事で最高指導者であるスノークから叱責されます。

アーミテージ将軍はレジスタンスを攻撃するため飛行船に乗り出動します。

スターウォーズ最後のジェダイのストーリーあらすじと結末ネタバレ:2『承』

その頃、レイはチューバッカやR2-D2と共にソロの愛機ミレニアム・ファルコン号で惑星オクトーを訪れていました。

行方が分からなくなっていた伝説のジェダイであるルーク・スカイウォーカーを探し当て対面するレイとルーク。

しかしルークはレイに「帰れ」と一喝します。そしてルークは親友であるハン・ソロが亡くなったことを知ります。

それでも何とかルークをレジスタンスに連れ戻そうと毎日説得に通うレイに、ルークは真意を聞き出します。

するとレイは「目覚めたフォースを上手くコントロール出来ないから師匠として教えて欲しい」と懇願するもルークは即座に断ります。

その後ルークは懐かしのファルコン号を訪れます。ファルコン号の中にはR2-D2がいて、説得を受けます。

ようやくルークも折れ、翌日から修行をつけることに。

そして3つだけジェダイの修行をつけること、そして自分こそが「最後のジェダイ」であり、ジェダイは滅びゆくということをレイに伝えます。

修行を始めたルークはレイにフォースの基礎を教えていく中で、レイの持つ強大なフォースに驚愕します。

そしてレイのフォースにかつての弟子だったカイロ・レンことベン・ソロを重ねていました。

修行を始めたレイに覚醒したフォースはカイロ・レンのフォースを感じ、フォースで会話をする様になっていました。

最初はお互いに理解できず、衝突していたレイとカイロ・レンでしたが、日を追うごとに会話が増えていきます。

一方、レジスタンスは、突如現れたファースト・オーダーの攻撃で戦闘機を破壊され、レイアのいる司令部も攻撃を受けてしまいます。

この攻撃により、レイアは宇宙空間へ投げ出されてしますが、フォースの力を使いレジスタンスの船に戻るも、意識不明の重体に…。

スターウォーズ最後のジェダイのストーリーあらすじと結末ネタバレ:3『転』

前回の戦いで、ファースト・オーダーのカイロ・レンとの戦闘で追った重傷で昏睡状態だったフィンは意識を取り戻し、ポーにレイ居場所を聞き出します。

レイの元へ向かおうとしたフィンは、整備員ローズ・ティコに見つかり拘束されてしまいます。

フィンはファースト・オーダーが特殊なワープ信号を読み取る機器を使い、レジスタンスの居場所をすぐに特定出来ることに気付きます。

そして、その機能を備えているファースト・オーダーの戦艦を見つけるも、機器の周辺には強力なロックが掛かっていることを知ります。

フィンとローズは口論の末、行動を共にすることになります。

フィンらはタコダナのマズ・カナタからコード破りの達人に関する情報を得るや、その人物がいる惑星カントニカのカント・バイトへ向かいます。

無事潜入したのも束の間、フィンとローズ、BB-8は目的の人物を見つけるが衛兵たちに捕まって牢獄に放り込まれてしまいます。

彼らが投獄された牢屋の中にはDJと名乗る鍵屋がいました。DJに協力を依頼し、共にカントニカから脱出してメガ・デストロイヤーに向かいます。

その頃、レイはカイロ・レンとフォースで話をしていました。

レイはルークやカイロ・レンに様々な事を聞き、ルークもカイロ・レンもレイの質問に淡々と答えていきます。

カイロ・レンはレイに「自分と一緒に来て欲しい」と伝えた瞬間、ルークは強いフォースでレイとカイロ・レンの話を遮断します。

レイはフォースを通じてカイロ・レンと話し、お互いに分かり合えると信じていました。

レイはカイロ・レンを暗黒面から解き放つ為に引き止めるルークの声を聞かず、レイはファルコン号でファースト・オーダーの戦艦に向かいます。

自分の元から去ったレイを見て、「もう二度と弟子は取らない」と決めたルークは、ジェダイ聖堂に火を放とうとします。

そんなルークの前にフォースと一体化したかつての師匠ヨーダが現れます。

いざ火をつけようとするとルークは躊躇してしまいます。するとヨーダはフォースを使って、雷を落とし全てを燃やしてしまいました。

ヨーダはルークに「師として失敗することがあっても逃げてはいけない」と伝えます。

ファースト・オーダーのメガ・デストロイヤー船にファルコン号の脱出ポッド使い潜り込んだレイはその場で拘束されスノークの元に連れて行かれます。

スノークは暗黒面の仲間になる様にレイに言うもレイは拒否し続けます。業を煮やしたスノークはさらにフォースを強めます。

苦しむレイの姿を見たカイロ・レンは突如ライトセーバーを使ってスノークを倒します。

スノークの警護がレイとベンを攻撃してきますが、二人は息を合わせ敵を撃破。

そしてカイロ・レンに一緒にレジスタンスに戻ろうと言うも、カイロ・レンは一緒に宇宙を支配しようと持ちかけ、意見が対立。

フォースを使ってレイのライトセーバーの取り合いに発展してしまいます。

スターウォーズ最後のジェダイのストーリーあらすじと結末ネタバレ:4『結』

フィン達もワープを抜け、ファースト・オーダーのメガ・デストロイヤー内部に変装して潜入に成功。

探知機に辿り着くも、DJの裏切りでフィンの元上官のキャプテン・ファズマが全員を捉えてしまいます。

ポーはフィン達と鍵屋を連れて来たことを知り、ワープ機能のついている本船を捨てさせないようクーデターを起こして、司令室に立てこもります。

しかし、アミリン中将達はポーの仲間達を捕縛。ポーはフィンとの通信で潜入が失敗した事を知ります。

ポーが立てこもる司令室は爆音と共に開かれ、レイアが現れます。レイアはポーを気絶させ、小型船に乗せるとその場から脱出します。

一方、アミリン中将はレジスタンスの生き残り全員を輸送船に乗せて、かつて反乱同盟軍の基地があった惑星クレイトへ向かわせます。

自らはワープを使い、ファースト・オーダーのメガ・デストロイヤー船に特攻を仕掛けます。

続くライトセーバーの取り合いは、レイとカイロ・レンの二人の強すぎるフォースによって真っ二つに割れてしまいます。

ライトセイバーが二つに割れると同時に船は衝撃を受け、アミリン中将の特攻によりメガ・デストロイヤー船が爆破します。

そしてその瞬間、アミリン中将は壮絶な最期を遂げます。

捕らえられたフィン達はBB-8の助けを得て脱出。

フィンはキャプテン・ファズマとの死闘を繰り広げて勝利し、シャトルを奪ってメガ・デストロイヤーから脱出します。

レイアやポー、帰還したフィンらはクレイトの基地に立て籠もります。

自らがファースト・オーダーの最高指導者になることを決めたカイロ・レンはハックス将軍と共にAT-AT部隊を率いてクレイトに侵攻してきます。

誰もが諦め掛けた時、フィンやポーは最後まで戦おうとファースト・オーダーに立ち向かっていきます。

レジスタンス側は旧基地に残されていた旧型兵器を使い、ファースト・オーダーに向かうも次々と近代兵器に打破されてしまいます。

厳しい状況化、ミレニアム・ファルコン号に乗ったレイやチューバッカが駆け付けてレジスタンスに加勢。

それでも追い込まれるレジスタンスの前にルークが現れました。

レジスタンスの皆の為に、たった一人でファースト・オーダーの前に立ちはだかるルーク。

ファースト・オーダーの攻撃もものともせず、ルークはカイロ・レンとライトセーバーでの一騎打ちに臨みます。

カイロ・レンはルークに、「レジスタンスもルークも倒す」と言うが、ルークはライトセイバーを収めてしまいます。

そして「レジスタンスはこれから生まれ変わり、新たなジェダイがいるから、自分は最後のジェダイではなくなったと」伝えます。

カイロ・レンはその発言に激怒し、ルークをライトセイバーで攻撃するも突き抜けてしまいます。

実はルークの体は、オクトーにいるルークがフォースを使って飛ばした幻影だったのです。

ルークの幻影はカイロ・レンに「私は最後のジェダイではない」と告げると消滅。

オクトーのルーク本人も最後はフォースと一体化して消滅し、ルークはその波乱万丈の生涯に幕を下ろしました。

大きな犠牲を払いながらも、レイは生き残ったレイアやフィン、ポーらを連れてミレニアム・ファルコン号でクレイトから脱出。

必ずやレジスタンスに呼応してくれる星々が現れると信じて飛び立っていきました。

 

『スターウォーズ最後のジェダイのストーリーあらすじと結末ネタバレ』 まとめ

今回『スターウォーズ最後のジェダイのストーリーあらすじと結末ネタバレ』について起承転結でまとめてみました。

『スターウォーズ最後のジェダイ』を観に行った方なら映画のシーンを思い浮かべたかもしれませんね。

今回、この記事を書いていて劇場に行ったにもかかわらず「もう一度観に行きたいな」という感情が出てきています。

前作の『スターウォーズフォースの覚醒』と合わせて観るのもおすすめです。

2019年の12月20日公開予定の『スターウォーズ エピソード9(仮題)』も今から楽しみですね。

ページトップへ