オールアイズオンミーのキャストとストーリーあらすじをチェック

映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2017年12月29日に国内劇場公開された『オール・アイズ・オン・ミー』

1996年、ラスベガスで銃撃され25歳の若さで人生の幕を閉じたヒップホップ界のレジェンド、2PAC。

そんな2PACこと「トゥパック・シャクール」の生涯を描いた伝記映画です。

ヒップホップ界史上最悪の東西抗争の犠牲となってしまった2PACの悲しくも壮絶な生き様に胸打つ作品となっています。

今回はそんな『オールアイズオンミー』のキャストとストーリーあらすじをチェックしていきたいと思います。

 

『オールアイズオンミー』のストーリーあらすじをチェック!

ニューヨーク・ブロンクス。スラム街として治安が悪いことでも有名なこの街でブラック・パンサー党員の父と母との間に生まれ育った2PAC。

必要以上にブラック・パンサー党員を追いかける警察からの捜査もあり、母、アフェニ・シャクールに連れられ、住まいを転々としていました。

貧しいながらも母親アフェニ・シャクールのもとで知識教育を受けて育った2PACは、成長していくにつれ役者に憧れを抱くようになります。

2PACは12歳の時にハーレムの劇団に入団し舞台デビューを果たします。

1986年、一家はボルチモアに移り住み、2PACはボルチモア芸術学校に入学します。

その頃から才能を見出された2PACはラップに没頭することとなり、数々の詩を書き始めるようになります。

2PACは17歳の時、カリフォルニアに移りラッパーになる夢を追い続け、ラップのメンバーとともにツアー周りながら自分のラップを探し求めます。

ある日のツアー終わりに2PACは、自宅にいる母・アフェニと妹の元を訪れます。

しかし、母・アフェニは薬物中毒となり、かつては党員として活躍していた輝きを完全に失っていました。

やるせない怒りとラッパーへの夢が入り混じりながら2PACは葛藤し続けます。

そして1991年11月12日。20歳の2PACは、アルバム「2Pacalypse Now」でソロデビューを果たします。

黒人への差別に対する怒りを思うままにラップで表現した2PACの詞は話題となり、瞬く間に地位と名声を手に入れた2PAC。

全てが順調にいっていた2PACにある事件が起こり、それが悲劇の幕開けとなります。

ある日、2PACはレコーディングに訪れていたスタジオで強盗に襲われ、5発の銃弾を受けてしまいます。

2PACは一命を取り留めたものの、この事件の黒幕は偶然同じスタジオにいたショーン・コムズとノトーリアスのB.I.G. だと疑います。

西海岸のDeath Rowレコードに所属する2PACは、東海岸のBad Boyレコードのショーン・コムズやノトーリアスB.I.G.を非難。

ヒップホップ界史上最悪の東西抗争へと発展してしまいます。

1996年9月7日、2PACは友人の元を訪れたラスベガスで横付されたキャデラックからの銃弾4発を受け病院に搬送。

9月13日に25歳の若さで人生の幕を閉じることとなります。

事件の引き金になった東西抗争とは?

この映画を観るにあたり外す事の出来ない「東西抗争」について少しだけ触れたいと思います。

東海岸を代表するノートリアスB.I.G.やショーン・コムズの所属するバッド・ボーイ・エンターテイメント。

西海岸を代表する2PACやスヌープ・ドッグが所属するデス・ロウ・レーベル。

双方の対立をきっかけに、他の東西レーベル同士も威嚇し中傷し批判し合いました。

それはラップの歌詞にも現れ、その対立はギャングやマフィアを巻き込んだ暴行、襲撃、発砲事件などに発展してしまいました。

ヒップホップ史上最悪であるこの東西抗争で2PAC、ノートリアス・B.I.G.という両海岸を代表するラッパーが犠牲。

共に銃撃事件で亡くなりました。

事態を重く見たデス・ロウ・レーベルの創立者であるドクター・ドレーが沈静化に努力し、現在は、中傷合戦はあるものの、沈静化しています。

 

『オールアイズオンミー』のキャストをチェック!

2PAC

2PACを演じるのはディミートリアス・シップ・ジュニアです。

友人から

「2PACに似ている」

と言われ、オーディションに参加。4000人の中から見事選ばれスクリーンデビューを果たしました。

1988年生まれのディミートリアスは、2PAC役を射止めてから準備期間の間に2PACの友人や家族と多くの時間を過ごしました。

2PACに関する映像を片っ端から見ながら「2PAC」の人物像に近づける為に癖や仕草、話し方まで猛勉強。

また、キャリアのないディミートリアスはアクティングスクールに入学し、一流の講師として有名なアンジェラ・ギブスの元で演技を学びました。

ジェイダ・ピンケット

2PACの長年の親友で後に俳優のウィル・スミスの妻となる女優であるジェイダ・ピンケット。

そんなジェイダを演じるのは映画「ダンス・レボリューション」で人気を博したカット・グレアムです。

1989年生まれのカット・グレアムは6歳でデビューし、CMやTVドラマなどに出演しています。

また、女優業だけでなく、ダンサーやミュージシャンとしての活動も行なっています。

ノトーリアス・B.I.G.

かつての盟友だったが銃撃事件が原因で関係に亀裂が入ってしまったノトーリアス・B.I.G.を演じるのはジャマール・ウーラードです。

俳優だけでなく、ラッパー、コメディアンとして活躍しています。

2009年に公開された映画「ノートリアス」でもノトーリアス・B.I.G.役を演じました。

「ノートリアル」でノトーリアス・B.I.G.の話し方、特徴などを完璧に覚え、完璧な演技を披露しました。

アフェニ・シャクール

Danai Guriraさん(@danaigurira)がシェアした投稿

2PACの母であり、ブラック・パンサー党の活動家、アフェニ・シャクールを演じるのは、実力派女優のダナイ・グリラです。

日本でも人気のTVドラマ「ウォーイング・デッド」のミショーン役でも有名ですね。

女優以外にも脚本も手掛けるダナイはこれまでに多くの女優賞や脚本賞を受賞しています。

シュグ・ナイト

ドクター・トレーと共にデス・ロウを設立したストリートキャング出身のシュグ・ナイトを演じるのはドミニク・サンタナです。

映画「バンク・オブ・ザ・デッド」を始め、ドラマや映画に出演しています。

ナイジェル

2PACが出入りしているナイトクラブのオーナーで銃撃事件の原因を作ったナイジェル役を演じるのはコリー・ハードリクトです。

1979年生まれのコリーは、数多くの作品に出演。ホラー映画作品を中心に活躍しています。

キダーダ・ジョーンズ

女優兼ファッションデザイナーで大御所音楽プロデューサークインシー・ジョーンズを父に持つキダーダ・ジョーンズ。

2PACの最後の恋人であったキダーダを演じるのはアニー・イロンゼです。

「ARROW」や「新チャーリーズ・エンジェル」などに出演。TVドラマを中心に活躍しています。

スヌープ・ドッグ

レーベルメイトであり、2PACと一番濃い時間を過ごした友人であるスヌープ・ドッグを演じるのはジャレット・エリスです。

本作でデビューしたジャレットですが、徹底した研究を重ね役に挑みました。

作品を観たスヌープ・ドッグはジェレットの演技を大絶賛したそうです。

 

『オールアイズオンミー』のキャストとストーリーあらすじ まとめ

今回、凶弾に倒れ25歳の若さでこの世を去りアルバム総売上枚数7,500万枚を超える伝説的ラッパーである2PAC。

そんな2PACの自伝を描いた伝記映画『オールアイズオンミー』のキャストやストーリーあらすじをご紹介しました。

裏切りや陰謀、警官狙撃事件や、東西抗争など常に危険と隣り合わせにいた2PACの知られざる真実を描いた『オールアイズオンミー』。

2017年12月29日に劇場公開されたばかりですので、気になった方は是非観て欲しいと思います。

ページトップへ