紅白歌合戦2017視聴率!最高と最低の結果を出した出演者は誰?

テレビ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
歌う女性


毎年年末の風物詩として注目されているNHK紅白歌合戦。

芸能ニュースでも最高視聴率・最低視聴率の時間帯や、その時のアーティストがピックアップされ話題になったりしていますよね。

もちろん、視聴率の良し悪しは、アーティストだけの責任で起こりうるものではありませんが、イメージ的に気になることは事実のようです。

では、紅白歌合戦2017の視聴率はどのような結果となったのでしょうか。

ようやく視聴率も公開されました。

そこで本記事でも、一つの結果として、最低・最高視聴率の時のアーティストの情報を交え、2017年末の紅白歌合戦を振り返ってみたいと思います。

 

紅白歌合戦2017の視聴率は40%超えならず

1964年の東京オリンピックを目前とした、1963年末の紅白歌合戦…

なんとこの年の視聴率は81%と、ほぼ全ての人が紅白を観ていると言っても過言ではない結果を叩き出しました。

この記録は今も塗り替えられてはいないらしく、いかに当時の紅白歌合戦がモンスター番組だったかが伺えますよね。

それから時代は変わり、ガキの使い「笑ってはいけない」シリーズなどの放送もともない、大晦日のテレビ番組は多様性が見られるようになってきました。

バラエティ、スポーツ、歌番組、多種多様の特番が放送され、これまでの大晦日の風物詩とは、また一風変わった装いが見えているとも言えるでしょう。

さて、そんな歴史あるNHK紅白歌合戦2017も無事放送され、また新たな歴史の1ページを刻みました。

北島三郎さん・細川たかしさんなどが次々紅白を卒業(引退)し、一方では和田アキ子さんの落選など、確実に世代交代が見えている紅白歌合戦

その象徴というべきなのか、「Little Glee Monster」や三浦大知さんなどの初出場組も多数登場。

その中でも、2017年を象徴としていたのは、やはり韓流アイドルグループの「TWICE」ではないでしょうか。

泣き顔をモチーフとしたTTダンスでブレイクした彼女たちは、現在も社会現象を巻き起こすほどの人気ぶりを見せています。

それも、世界が注目するほどの人気ぶりに、筆者も圧倒させられているくらい…

ちなみにTWICEのメンバーのツウィさんとサナさんが、世界の最も美しい顔ランキングトップ100にランクインしています。

ツウィさんが3位、サナさんが日本人最高の21位と世界から大注目され、今後も韓流アイドルグループの代表的存在として人気を集めることでしょう。

実際にTWICEの歌手別視聴率は37.4%(21位)。

特別企画をそれぞれ1組換算し、全体的に51組として考えると、だいたい真ん中くらいの順位ですが、それをどのように判断するか…

それによってTWICEへの評価は分かれていくと思いますが、紅白が時代の最先端を取り入れていることには違いありません。

そんなNHK紅白歌合戦は、ただ年末の風物詩としてではなく、文化そのものの歴史として時代を反映していくものと筆者は考えています。

さて、その歴史あるNHK紅白歌合戦ですが、2017年(第68回)の視聴率は、39.4%と過去ワースト3位であることが判明。

2017年の紅白は、芸能界引退を発表した安室奈美恵さんの特別出演などもあり、何かと注目を浴びていたのに、少し悲しい結果でしたね。

おそらく、安室奈美恵さんの持ち時間をめぐる問題がかなり影響していたのではないかと思います。

確かに他にも視聴率が伸びなかった要因はありました。

大晦日=NHK紅白という色合いが薄れた近年の大晦日…

その上、紅白の裏番組を見ると、一部重なっているだけでしたが、テレビ東京で「第50回年忘れにっぽんの歌」も放送…

これが例年通りボクシングタイトルマッチならまだしも、完全に歌番組で重なってしまったら、当然視聴者層が分かれてしまいますよね。

実際に、紅白という裏番組があるにも関わらず、関東では8.4%と善戦。

もちろん、紅白の39.4%と比較すれば、雲泥の差だったことは紛れもない事実です。

ただ、過去のボクシング中継の3%台だったことを考えれば、紅白にかなり影響を与えていたのは間違いないでしょう。

しかし、筆者の見解としては、やはり安室奈美恵さんの一件がかなり影響を与えたのだと思えてなりません。

そもそも、彼女の持ち時間は20分と報道されていました。

それは、2018年9月で引退と発表されていたため、スペシャル企画として彼女が出演するのだと多くのファンを期待させるものでした。

ところが、和田アキ子さんを筆頭に、この報道に噛みつき、VIP待遇と猛批!

そして、NHKサイドも安室奈美恵さんの持ち時間が20分というのは誤報であると主張するようになり、完全なる期待はずれな展開へ…

結局、当日の放送ではHERO1曲のみしか歌われておらず、完全に視聴者たちは物足りなさを感じてしまう…

結局、この一件は賛否両論となってしまいましたが、がっかりしてしまったファンも多かったみたい…

しかも放送直前に1曲限定という話も視聴者たちに伝わり、他のチャンネルに変えてしまったなんて話も聞かれます。

やはり、はじめから、このような報道をさせてはいけなかったのではないでしょうか。

NHKが、最初から持ち時間も含めて公表していれば、誤報だって起きなかったでしょうし、視聴率に影響を及ぼすこともなかったはず…

このNHKのの対応が失策というべきかどうかは別として、結果として視聴率低下につながってしまったことには違いないと思いますよ。

とはいえ、このテレビ離れした時代に、39.4%も視聴率を叩き出せていることは、純粋にすごい結果だと思います。

今後も多少視聴率を落とすことがあったとしても、紅白は安泰なのではないでしょうか。

ふとそんな気がした次第です。

 

紅白歌合戦2017の最高視聴率アーティストは?

毎年、瞬間視聴率が取り上げられているNHK紅白歌合戦。

2017年は、ひよっこロスに安室奈美恵さんの引退発表と、衝撃を受けた一年でもありました。

それだけに、注目は安室奈美恵さんやNHK朝ドラ「ひよっこ」の主題歌を歌う桑田佳祐さんではないかと、筆者も考えていた次第です。

では、実際のところ歌手別視聴率の最高視聴率は誰なのか、さっそく見ていきましょう。

NHK紅白歌合戦歌手別視聴率上位5傑は以下の5組です。

特別企画 安室奈美恵:48.4%

ゆず:46.4%

特別企画 桑田佳祐:45.8%

石川さゆり:45.3%

氷川きよし:43.3%

以上が、歌手別の最高視聴率アーティスト並びに高視聴率上位5傑です。

ちなみに国民的アイドルグループ嵐は42.4%(6位)、AKB48は41.2%(9位)でした。

また、YOSHIKIさんの復活で注目されたX-JAPANは40.4%(11位)。

いずれも、全体的な視聴率よりも高視聴率を叩き出し、紅白に貢献しています。

しかし、やはり今年の注目は、ひよっこロスと、安室奈美恵さんの引退発表にあったと言える結果が、如実に表れましたね。

正直、予想では安室奈美恵さんは50%以上マークすると思っていたのでやや低いですが、それでも48.4%という視聴率は上々の出来です。

お正月明けの芸能ニュースでも、真っ先に紅白での安室奈美恵さんが取り上げられ、大盛り上がりしていました。

それだけ彼女の芸能界引退はショックが大きかったのだと思います。

そして、現在は既に「わろてんか」が放送されていますが、そんな中でも「ひよっこ」ロスは計り知れなかった…

その象徴として、主題歌を担当した桑田佳祐さんに関心の目が集まったようです。

結局、圧倒的な話題性の差が、他者の追随を許さなかったのだと思いますよ。

ただ、あくまで筆者個人的な見解に過ぎませんが、一方で、AKB48は底力があると痛感させられた紅白でもありました。

歌手別視聴率ランキングでは、9位とギリギリトップ10に入る結果で落ち着きましたが、ここ数年の欅坂46の勢いを見たら上々の出来です。

一時はAKB48も、ファンから見捨てられていくのではと思えるような低迷期を辿っていましたよね。

選抜総選挙でも、黄金期を築き上げてきた元メンバーの渡辺麻友さんが

「ピンチ」

と言い切り、3連覇を成し遂げた指原莉乃さんも

「AKB48を見捨てないでください」

と、コメントもされていましたよね。

やはり前田敦子さんを筆頭に、次々と黄金期を築き上げてきた先輩が卒業していったことは、AKB48にとって大きな出来事だったと思います。

次々と先輩が抜けていく中、なかなか後輩が育っていかないジレンマ…

そのことが低迷期を作ってしまった大きな要因となったことは間違いありません。

その上、大人に対する反逆精神を植え付けるような、斬新な出で立ちで登場し、世間の関心をかっさらっていった欅坂46の存在は脅威だったはず…

筆者自身、欅坂46の登場には鳥肌が立つほど衝撃を受けました。

まぁ、彼女たちにそんな歌を歌わせている自体、大人として本当に情けなく、その責任の重さを痛感させられますが…

そうやって時代は変わり、一時代を築いてきた過去のアイドルグループたちも淘汰されていく…

しかし、そんな時代であってもAKB48の時代はまだ終わっていません!

そのことを改めて痛感させられた次第です。

今回は、安室奈美恵さん、桑田佳祐さん、そしてトリを務めたゆずに、完全に差をつけられてしまいましたが、まだまだ巻き返しは期待できます。

ぜひとも、AKB48の巻き返しにも期待していきたいものですね。

また、一方、演歌界は時代遅れと言われるくらい若者から関心が離れていく中、それでも石川さゆりさん、氷川きよしさんが上位5傑に入りました。

このことは、間違いなく演歌界を大きく変える出来事だったと思います。

確かに、ロックバンドやアイドルグループがひしめく中、演歌は一部なコアなファンが居るものの、浸透度はやや低調…

しかし、氷川きよしさんや岩佐美咲さんなど、若手の演歌歌手がアイドル並みの人気を得て、若者たちの関心も得られるようになり始めています。

まぁ、岩佐美咲さんは元AKB48メンバーで、アイドルとしての人気を得ているのは当然だとしても、それは演歌界にとっては大きな財産…

その財産をどのように伸ばしていくのか、今後の演歌界にも注目したいものですね。

低調と言われながらも、今年もこのような素晴らしいアーティストが紅白を盛り上げてくれていることが分かりました。

NHK紅白歌合戦はまだまだ続いていきます。

2018年、より素晴らしいアーティストが世間を賑わし、さらに盛り上がって行く紅白歌合戦となってくれることを願っています。

 

紅白歌合戦2017の最低視聴率アーティストは?

さて、最後に、紅白歌合戦2017の最低視聴率をマークしたアーティストも紹介しておきますね。

今回の歌手別の最低視聴率は、HeySayJUMPの32.7%でした。

やはりトップバッターであったことが、最大のネックとなったのではないかと思われます。

ちなみにジャニーズ枠からは、Hey!Say!JUMP以外に4組み出場されていますが、その4組の視聴率は以下の通り…

Sexy Zone:36.2%

関ジャニ∞:36.5%

TOKIO:37.2%

嵐:42.4%

確かに群を抜いてHey!Say!JUMPの視聴率は悪いですよね。

そこで、いろいろ理由を探ってみると、いくつかの要因が浮き彫りになっていることも見えてきました。

一つは、ジャニーズから5組も出場してしまうと、完全なるジャニーズカウントダウンライブと混同してしまうという話。

これは、Hey!Say!JUMPに限った話ではありませんが、紅白なのにジャニーズばかりでは、さすがに視聴者も飽きてしまうのでしょう。

その傾向は、同じアイドルグループであるAKB48グループにも言えること…

一時期は、SKE48 ・NMB48・HKT48の3組も出場していたのに、今回はAKB48のみ…

変わって欅坂46・乃木坂46も出場していますが、決して視聴率が良かったとは言い切れません。

欅坂46は、メンバーが途中で倒れてしまうというハプニングもあり、ワースト9位タイの35.5%という結果でした。

特別企画6つを加えた51組分(特別企画1つを1組みとカウント)と考えると、ワースト9タイなら、御の字だと思います。

問題は、乃木坂46の方で、なんとワースト4位という不名誉の結果を出してしまっているのです。

しかも、Hey!Say!JUMPのように、トップバッターではなく、それなりに視聴率が伸びやすい後半途中(30番目)の出場…

これは完全に乃木坂46に対する人気の低さの表れと見ていいでしょう。

つまり、同じ系統のアイドルグループはそんなにいらないというのが、視聴者の本心なのだと、今回の結果を通じて判明したわけです。

次に挙げられる理由としては、Hey!Say!JUMPに関してはスキャンダルが、かなり影響を及ぼしているように感じます。

もちろん、スキャンダルそのものが悪いわけではありませんし、そんなことを言い始めたら、他のグループもスキャンダルはあります。

それなのにHey!Say!JUMPだけ差別されているのは理由があります。

Hey!Say!JUMPの場合、ただ熱愛が発覚するだけではなく、二股疑惑も挙がっているというのです。

また、熱愛以外にも未成年でのタバコ・飲酒というスキャンダルも…

もちろん写真週刊誌などが一部で報道している話に過ぎませんが、実際に写真入りで報道されたこともあり、脱退していったメンバーもいます。

そういった過去を持つアイドルグループであるため、何かと問題児扱いを受けてしまっているようです。

そのことが直接視聴率に影響しているかどうかは別としても、やはりジャニーズアイドルグループが多い中、差別化はされてしまうのでしょうね。

ただですら、ジャニーズ祭りと誤解を受けてしまうほど出場グループが多いのに、その上スキャンダルにまみれたグループが出場…

それが、いくら過去の話だとしても、視聴者は嫌気をさしてしまうのでしょう。

実際に、Kis-My-Ft2でさえ出場していないくらいですから、それを差し置いて出場している点も含め、視聴率は悪くなってしまった…

そのように考えることはできますね。

あくまでジャニーズファンでもなんでもない筆者が客観的に見たなかでの意見に過ぎませんが、ジャニーズ枠は3つまでに収めるべきと考えます。

嵐・TOKIOの出場は確定としながら、残る1枠を、

  • 関ジャニ∞
  • Sexy Zone
  • Kis-My-Ft2
  • Hey!Say!JUMP

辺りで争うのがベストだと思います。

それくらいまで絞ってはじめて視聴率は上がるのではないかと、いろんな意見を総称した上で感じた次第です。

さて、ここで、他のアーティストも含めて、視聴率ワースト5傑を紹介しておきたいと思います。

こちらが、紅白2017の視聴率ワースト5傑です。

Hey!Say!JUMP:32.7%

Little Glee Monster:33.7%

E-girls:34.4%

乃木坂46:34.5%

平井堅:34.6%

これを見ると、かなりの人気アーティストが、軒並み視聴率を下げていることが分かります。

確かにHey!Say!JUMP、Little Glee Monster、E-girlsの3組の視聴率が悪いのは分かります。

それぞれに要因があるかもしれませんが、それ以上に、まだ放送直後で、場の空気が盛り上がっていない中での出場なら無理はありません。

ちなみにLittle Glee Monsterは2番目、E-girlsは4番目の出場…

さらに3番目に出場した山内惠介さんも、視聴率が34.9%と全体のワースト6位です。

このことを考えると、ワースト3組は、まだ納得できる順位であるといえますが、問題は乃木坂46と平井堅さんです。

彼女らは出場順にも恵まれた上でワースト5位以内い入ってしまったのですから、もはや言い訳できません。

純粋なる視聴者層の判断でもあり、今回の、歴代紅白の視聴率ワースト3位の大きな要因であることには違いないと言えそうです。

もちろん彼らだけの責任ではありませんが、今後NHKがどのような判断を下していくのか…

いろんな意味で注目したいところですね。

 

まとめ

NHK紅白歌合戦2017の視聴率は、残念ながら、現在の2部制で放送された1989年以降、ワースト3位という結果に落ち着きました。

安室奈美恵さんの特別出演など、いろいろ放送前から注目されたものの、結果としては若干期待はずれ感が否めません。

ただ、歌手別最高視聴率は安室奈美恵さんの48.4%でしたし、最低となったHey!Say!JUMPでさえ32.7%…

このテレビ離れが激しい時代でさえ30%以上の視聴率を取れているのは、実に凄いこと…

もちろん、視聴率が振るわず課題も山積していますが、その結果を踏まえながら、より魅力あふれる2018年の紅白に繋げて欲しいと願っています。

ページトップへ