星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

映画

君の名前で僕を呼んで(映画)のキャストとあらすじをチェック!

投稿日:


2018年4月に公開予定の映画『君の名前で僕を呼んで』。

原作はアンドレ・アシマンの小説『Call Me By Your Name』です。

北イタリアで出会ったエリオとオリヴァーに与えられた6週間の情熱あふれる恋愛と叙情的な心情を描き出している青春映画です。

2018年、アカデミー賞の大本命と言われている『君の名前で僕を呼んで』。

今回はそんな『君の名前で僕を呼んで(映画)』のキャストとあらすじをチェックしていきたいと思います。

 

『君の名前で僕を呼んで』(映画)のあらすじ

1983年、夏。イタリア。

毎年夏を、北イタリアの避暑地で父と母と共に過ごすエリオは、例年通り家族に連れられて北イタリアの避暑地にやって来ました。

エリオの父親はギリシャ・ローマ考古学の教授で、夏休み期間中は研究生の中から1人、助手となってくれる学生を6週間別荘に招待するのが恒例でした。

父親の目的は、幼い頃から同世代の子供と遊ぶよりも博学な自分の学生と共に過ごした方がエリオにとって学べると考えていたからでした。

そして父親の想像通り、エリオは知性豊かな青年へと成長していきました。

この年、17歳のエリオは父親の研究生で博士課程論文を執筆中の24歳のオリヴァーと出会います。

知性と社交性、自信と情熱に満ちたオリヴァーにはじめは嫌悪感を抱いていたエリオ。

二人で自転車でイタリアの町を散策したり、海で一緒に泳いだり、午後のひとときを本を読んだり音楽を聴いたりして過ごしていました。

一緒に過ごすうちに、エリオはオリヴァーに特別な思いを抱くようになっていきます。


次のページへ >

-映画

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.