ビルゲイツの年収/時給/総資産を調査!世界一の金持ちの仕事とは?

文化人・著名人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


米マイクロソフト社の協同設立者であり、世界一の大富豪としても有名なビルゲイツさん。

マイクロソフト社といえば、WindowsやOfficeシリーズ(Word・Excel など)の開発を手掛けている大企業として有名ですよね。

そんなビルゲイツさんの年収や時給について調べていきたいと思います。

また、世界一位と言われている総資産についても見ていきたいと思います。

さらに、どうやってそれだけ巨額のお金を稼いでいるのか、ビルゲイツさんの仕事についても迫っていきます。

 

ビルゲイツのプロフィール

名前:ウィリアム・ヘンリー・”ビル”・ゲイツ3世(William Henry Gates III)

生年月日:1955年10月28日(62歳)

出身: アメリカ合衆国ワシントン州シアトル

父親が弁護士で、幼少期は裕福な生活をしていたビルゲイツさん。

子供の時は、いろんなジャンルの本を読みあさっていたほどの読書家だったそうです。

ビルゲイツさんは名門ハーバード大学出身の秀才としても有名ですね。

入学時にはアメリカ版センター試験『SAT』で、満点が1600点の試験で1590点もの超ハイスコアを叩き出したと言われています。

大学在学中にマイクロソフト社を設立したため、大学は途中で中退しています。

ビルゲイツさんは、現実志向で無駄なことは大嫌い、取引先だけでなく社員にも厳しい面があるそうです。

質素倹約家としても有名ですよね。

ビルゲイツさんの失敗しないビジネススタイルや着実に業績を上げてきたことから、業界では『堅実な秀才タイプ』と評されているそうです。

 

ビルゲイツと言えば、ビットコインや仮想通貨への言及でも話題になっており、それで興味を持った方も多いはずです。

もし投資をするなら、やはりビットコイン・仮想通貨に興味がある方が多いと思います。
もし仮想通貨に関心があるなら、かならず投資を始める前に仮想通貨の基本をおさえることをおすすめします。

ゼロはじ – ゼロからはじめるビットコイン|日本最大級の仮想通貨サイト

ビットコインの購入方法|仮想通貨投資の始め方を初心者にもわかりやすく簡単に解説

ビットコイン投資日記

あたりをおさえておけば十分です。
是非活用してください。

ビルゲイツの現在の仕事は?収入はどのくらい?

世界一の資産家として有名なビルゲイツさんですが、現在どのような仕事をしているのでしょうか?

また、年収や時給にするとどのくらい稼いでいるのでしょうか?

調べてみたところ、現在ビルゲイツさんは現役を退いており、どんな仕事をしているのかは詳しくは分かりませんでした。

収入については、ビルゲイツさんの全盛期だった2013年度の年収で約1兆6635億円と言われていたことがわかりました。

時給に換算すると、1時間に約2億円稼いでいることになります。

日本の一般人が一生掛かってようやく稼げるほどの金額を、1時間で稼いでいるというのですから驚きですよね。

まず、ビルゲイツさんの現在の仕事について見ていきたいと思います。

ビルゲイツさんは、2000年にマイクロソフト社のCEOを辞任し、現在は現役を退いています。

現在のビルゲイツさんの肩書きは、

  • マイクロソフトの共同創業者兼元会長兼顧問
  • ビル&メリンダ・ゲイツ財団共同創業者兼共同会長
  • カスケード・インベストメント共同創業者兼CEO兼会長
  • コービス共同創業者兼CEO兼会長
  • bgC3共同創業者
  • マイクロソフトリサーチ共同創業者兼会長
  • テラパワー会長
  • ResearchGate共同創業者兼名誉理事長

などとたくさん肩書きがあることが分かりました。

よく分からないですが、さすが世界の大富豪といった感じですね。

たくさん肩書きがあるので、現在もいろんなところからの収入がありそうですね。

 

次に、現在のビルゲイツさんの収入源を調べていきたいと思います。

ビルゲイツさんは現在、現役は引退しているので、マイクロソフト社からの役員報酬はないようです。

現在のビルゲイツさんの年収の資金源となっているのは、マイクロソフト社株の配当金のようです。

ビルゲイツさんは、マイクロソフト社の株を現在、5%弱保有しているのです。

金額にすると、保有しているだけでも約2兆5000万円の価値があるのです。

そこからの配当金で、毎年約600億円以上は稼いでいるようです。

さらに、ビルゲイツさんの年収を増やしていることがもう一つあります。

それは資産運用です。

入ってきた収入とこれまでに得た収入を資金源にして、資産運用に回しているのです。

ビルゲイツさんの資産運用を任されているのが、カスケードインベストメント社のマイケルラーソンさんです。

マイケルラーソンさんはビルゲイツさんの資産を預かり、着実に運用していくことで毎年5%前後の収益を叩き出しているそうです。

カスケードインベストメント社が現在運用しているビルゲイツさんの資産は、およそ4兆円だそうです。

計算すると、年間に約2000億円ほど増やしていることになります。

これが一番の収入源となっているのかもしれませんね。

ビルゲイツさんには肩書きがたくさんあるので、他にも様々な収入があることと思います。

それらの収入をすべて合わせると、ビルゲイツさんの年収は『約1兆6635億円』になります。

年収で言えば、約1兆6635億円

月収で言えば、約1386億円 

日給で言えば、約46億円 

時給で言えば、約2億円 

となりますね。

どれも桁違いの金額で、驚きですよね。

 

ということで、現在、具体的にどんな仕事をしているのかは分かりませんでした。

しかし、過去にビルゲイツさんが築き上げてきたものから、今も多くの収入を得ているようです。

また、賢く資産運用もしていることが分かりましたね。

以上、ビルゲイツさんの現在の仕事と、収入についての情報でした。

 

ビルゲイツの総資産はどのくらい?

次に、世界一の資産家と言われているビルゲイツさんの総資産について調べていきたいと思います。

現在のビルゲイツさんの総資産は約9兆9403億円(866億ドル)と言われています。

2017年度のアメリカフォーブス誌の世界長者番付でも一位に輝いています。

では、そんなビルゲイツさんの総資産に関する過去を振り返っていきたいと思います。

 

1994年、アメリカのフォーブス誌の世界長者番付で初の世界一位に輝いたビルゲイツさん。

その当時のビルゲイツさんは、まだ48歳という若さでした。

かなり若い時に、世界一の大富豪になったということなので、すごいですよね。

そして、1994年~2006年までの実に13年間、世界一位の座に輝き続けたのです。

それ以降もほとんどトップ3以内には入っていたようです。

そして、2014年~2017年の4年間、再び連続で世界一位の座に輝きました。

過去のランキングを見てみると、過去22年の間にビルゲイツさんは18回も世界一位の座に輝いているのです。

さすが、世界一の大富豪ですよね。

2007年の段階で、総資産は約6兆1600億円。(560億ドル)

2016年の段階で、総資産は約8兆5000億円。(750億ドル)

2017年の段階で、総資産は約9兆9403億円。(866億ドル)

ということが、アメリカのフォーブス誌によって報じられています。

ここ4年間、再び世界一に輝いているということなので、収入も増えていることが考えられますね。

ちなみに、2017年の世界長者番付では、2位にウォーレンバフェットさんとジェフベゾスさんが輝いています。

ウォーレンバフェットさんといえば、『オバマの賢人』『今世紀最強の投資家』として有名な大投資家です。

ジェフベゾスさんは月へ民間企業として安価にロケットを飛ばしたりといった壮大な夢を持っているAmazonの創業者です。

二人の総資産額は共に約8兆4000億円(753億ドル)と言われています。

ついでに、日本人で最も順位が高かったのは、ソフトバンクグループの孫正義社長で34位でした。

総資産は約2兆3820億円(212億ドル)だと報じられています。

この金額でも十分驚きですが、ビルゲイツさんはその約4倍もの資産を持っているということですから驚愕ですよね。

以上、ビルゲイツさんのすごすぎる総資産情報でした。

 

まとめ

世界一の大富豪と呼ばれているビルゲイツさんについて調べていきました。

秀才で、たくさん収入を得ているにも関わらず、自分や仕事にも厳しく、質素倹約家であることがわかり、好感度がアップしましたね。

年収や時給は金額が大きすぎてあまりピンと来なかったかもしれませんね。

総資産については日本の国家予算級の金額で、驚きでした。

さすが、世界長者番付で18回も世界一に輝いているだけのことはありますね。

昨年からの1年で1兆円ほど総資産が増えているので、今後どこまでビルゲイツさんの資産が増えていくのか楽しみですね。

ページトップへ