ビートレスのアニメキャスト(声優)とキャラクターをチェック!

アニメ テレビ 小説 芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2018年冬季アニメ『BEATLESS(ビートレス)』のキャラクターとキャストについてまとめました。

『BEATLESS』の原作は、2012年に発売された長谷敏司(はせ さとし)先生ののSF小説です。

第34回日本SF大賞にもノミネートされた作品で、マニアの間では高く評価されています。

全14章、649ページの原作をどうアニメにまとめるのでしょうか?

本格SFを理解する手がかりとして、この記事を利用していただけると幸いです!

 

『BEATLESS』の物語

『BEATLESS』の舞台は2204年の地球です。

その時代の世界には、人間の知能を超えたAI、つまり人工知能が生まれていて、いろんなことを「hIE」という人型ロボットに任せています。

とても美しい少女レイシアも、実はその「hIE」のひとり。

「hIE」の研究者の息子である17歳の少年、遠藤アラトはレイシアと出会い、「人間」と「ロボット」のはざまにある彼女の存在に悩み、残酷な現実の中で成長していくことになります。

――と、ざっと説明するとこんな感じです。

さすが本格SFとあって設定はちょっと難しいですね。

しかし単純に考えれば、『BEATLESS』は少年と少女が出会い、お互いに影響を与えあって自分の生きる意味を見つける物語

そんなに難しく考えず、アラトとレイシアの関係に注目すればきっと楽しめます。

 

『BEATLESS』のキャラクターとキャスト(声優)

遠藤アラト(CV:吉永拓斗)

新小岩に父と妹と住む高校2年生、遠藤アラト(えんどう あらと)

妹や同級生たちに振り回されてばかりのお人好しです。

そんな普通の日常でレイシアに出会い、それまでにはなかったいろいろなことを考えるようになります。

主人公・アラトの声を担当するのは、吉永拓斗(よしなが たくと)さん。

子役として2002年から活動していますが、名前が知られるようになったのは2016年、『DAYS』で主人公の柄本つくし役をつとめてからです。

その他の代表作には

  • 『パズドラクロス』(エース)
  • 『宇宙ショーへようこそ』(原田康二)

などがあります。

ちょっと気の弱い少年主人公にぴったりの声と演技で、現在成長中の新人声優です。

レイシア(CV:東山奈央)

透き通るような美しさを持つ少女・レイシア

彼女の正体はhIEと呼ばれる高機能なロボットで、ハイスペックすぎるために人間にとっては恐るべき存在でもあります。

レイシアの声を担当するのは、東山奈央(とうやま なお)さん。

東山さんは気の強い女の子や金髪の少女を演じることが多いです。

代表作は

  • 『咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A』(新子憧)
  • 『きんいろモザイク』(中川かのん / アポロ )
  • 『ニセコイ』(桐崎千棘)

など。

紅霞(CV:冨岡美沙子)

レイシアと正反対のような赤色の少女、紅霞(こうか)

彼女は戦うために作られたhIEであり、アラトのクラスメイトのケンゴに接触します。

レイシアの声を担当するのは、今年で声優歴10年になる冨岡美沙子(とみおか みさこ)さん。

代表作には『アイカツ!』(姫里マリア)があり、その他多くの作品で何役も担当するなどして、着々と実力をつけてきた声優です。

スノウドロップ(CV:五十嵐裕美)

幼い少女の姿をした緑のhIE、スノウドロップ

白い花びらを作り出し、それによって電子機器を乗っ取ってしまうという能力を持っています。

スノウドロップの声を担当するのは、五十嵐裕美(いがらし ひろみ)さん。

代表作は

  • 『アイドルマスター シンデレラガールズ』(双葉杏)
  • 『パパのいうことを聞きなさい!』(小島遊ひな)
  • 『奇異太郎少年の妖怪絵日記』(奇異太郎)
  • 『ブレイブウィッチーズ』(エディータ・ロスマン)

など。

少女と少年をメインに、様々な役を演じ分けられるのが五十嵐さんの特徴です。

サトゥルヌス(CV:下地紫野)

茶色がかった中国生まれのhIE、サトゥルヌス

「環境をつくる」という役割を与えられています。

サトゥルヌスの声を担当するのは、下地紫野(しもじ しの)さん。

下地さんは沖縄出身で、沖縄を舞台とした『島んちゅMiRiKa』(ルリ)に出演したことから声優の道を歩み始めました。

代表作は

  • 『アイカツ!』(大空あかり)
  • 『セイレン』(宮前透)
  • 『バトルガール ハイスクール』(国枝詩穂)

など。

メトーデ(CV:雨宮天)

オレンジ色のhIE、メトーデ。

力はhIEの中でも最強で、戦いたがるところがあります。

メトーデの声を担当するのは、雨宮天(あまみや そら)さん。

デビューしてすぐに

  • 『アカメが斬る!』(アカメ)
  • 『アルドノア・ゼロ』(アセイラム・ヴァース・アリューシア)
  • 『東京喰種トーキョーグール』(霧嶋董香)
  • 『七つの大罪』(エリザベス)

でヒロインを演じたことから、一気に有名になりました。

その後も多くの作品で活躍し、すっかり人気声優です。

海内遼(CV:石川界人)

アラトの高校の同級生で、軽そうに見えて考えの深い親友、海内遼(かいだい りょう)

アラトとは考え方が違うため、特にレイシアとのことについては対立することも…。

リョウの声を担当するのは、石川界人(いしかわ かいと)さん。

  • 『東京レイヴンズ』(土御門春虎)
  • 『ハイキュー!!』(影山飛雄)
  • 『境界のRINNE』(六道りんね)
  • 『ポケットモンスター サン&ムーン』(カキ)

などの代表作のほか、たくさんのアニメに出演していて、特に真面目な少年の役が多いです。

村主ケンゴ(CV:山下大輝)

アラト、遼とよくつるんでいる同級生、村主ケンゴ(すぐり けんご)

紅霞に接触されます。

ケンゴの声を担当するのは、山下大輝(やました だいき)さん。

『弱虫ペダル』(小野田坂道)『僕のヒーローアカデミア』(緑谷出久)で主演を務め、すっかり努力家主人公のイメージついた山下さん。

2012年のデビューから多くのアニメに出演していて、歌もうまいため幅広い作品で活躍しています。

遠藤ユカ(CV:小野早稀)

アラトの3歳下の妹、遠藤ユカ(えんどう ゆか)

彼女の声を担当するのは、新人声優の小野早稀(おの さき)さん。

2013年にデビューしたばかりですが、『けものフレンズ』アライグマ役で名前を知られるようになりました。

またアニメ『温泉幼精ハコネちゃん』でも主演を務めています。

海内紫織(CV:佐武宇綺)

リョウのひとつ下のクールな妹、海内紫織(かいだい しおり)

彼女の声を担当するのは、アイドルや女優としても活躍している佐武宇綺(さたけ うき)さん。

何とデビューのきっかけは渋谷でのスカウトで、9nine(ナイン)というユニットに所属しています。

声優としての代表作には、

  • 『スペース☆ダンディ』(QT)
  • 『モブサイコ100』(ツボミ)

があります。

村主オーリガ(CV:若井友希)

ケンゴの行動を気に掛ける2歳下の妹、村主オーリガ(すぐり おーりが)

彼女の声を担当するのは、声優アイドルユニット「i☆Ris」のメンバーとしてライブや舞台も経験している若井友希(わかい ゆうき)さん。

代表作は

  • 『プリパラ』(レオナ・ウェスト)
  • 『魔法少女なんてもういいですから。』(ミトン)
  • 『賭ケグルイ』(皇伊月)

などがあり、『プリパラ』と『賭けグルイ』ではテーマ曲なども歌いました。

また、アニメ『キングダム』のEDテーマをソロで担当したこともあります。

 

アニメ『BEATLESS』のまとめ

長谷敏司先生ののSF小説を原作にしたアニメ『BEATLESS』は、人型ロボットと人間の未来を描いた作品です。

普通の少年アラトと、高機能すぎる人型ロボットの少女レイシア

他にも何組かの少年とロボットの少女が出会い、それぞれの存在の意味について悩み、考えて成長します。

そんな登場人物を演じるのは、『DAYS』で注目された吉永拓斗さん、美少女役で人気を集めている東山奈央さんをはじめ、主に新人声優たちです。

みずみずしい感性がぶつかりあう物語を、あまり難しく考えず、あなたも楽しんでみてください。

ページトップへ