星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

スポーツ

イチローのストレッチ・準備運動の方法をチェック!引退はいつ?

更新日 投稿日2015年03月16日

マイアミ・マーリンズのイチロー選手。

2017年も再契約されることが決まり、2018年の契約にもマーリンズにオプションが付くという形でプレーします。

2016年10月22日にイチロー選手は、43歳となったわけですが、40歳を超えてなお、周囲にいる若手に負けないプレーをすることができます。

このイチロー選手の若さの秘訣や、衰えを知らない理由は一体どこにあるのでしょうか?

MLB公式サイトの動画特集ページでは、イチローが

ベンジャミンバトンではないか?

ドッペルゲンガーでは?

ともユーモアを交えて紹介されています。

当記事では、イチロー選手の若さの秘訣や理由から、近年囁かれることの多い、彼の引退がいつになるのかについて探っていきたいと思います!

スポンサーリンク

アドセンス

イチローの若さの秘訣・理由はストレッチ?

マーリンズに入団したイチロー

マーリンズに入団したイチロー

イチロー選手といえば、

  • 安打製造機としての打撃力
  • 40歳を超えても全く衰えない走力
  • 身のこなしの柔らかさと、強肩を兼ね備えた守備力

イチロー選手は、3拍子揃った日本人プロ野球選手の中でも、間違いなく王貞治さん、金田正一さんらといったレジェンドに引けを取らない、いや、それを超えるほどの存在でしょう。

とくに、走守が全く衰えないのは、神業の域だと思います。

打撃面に関していえば、動体視力などの反応が鈍ることで、球速の速いストレートに弱くなるなど、どうしようもない部分があります。

それでもイチロー選手ならでは、技術の向上で、衰えは最小限に食い止めているのでしょう。

しかし、走力や肩力は身体的要素が大きいため、技術だけでどうにかなるものではありません。

そういった一般的な分析の中でも、イチロー選手は、40歳を超えていながら、メジャーでも上位に入るほどのスピードと強肩を誇っています。

イチロー選手の衰えぬ身体能力は一体どこから来ているのでしょうか?

イチロー選手の身体能力の秘密、それはどうやら、

独特のストレッチ法

にあるようです。

マイアミの地元紙であるマイアミ・ヘラルドが、イチロー選手の特集記事を組んだ中で、ゲーム前のイチロー選手のことをこう説明しています。

「イチローはリラックスするため他の選手同様ストレッチをする。だが、イチローは他の選手よりも先にストレッチをスタートさせて、そのストレッチは永遠に続く」

イチロー選手はマリナーズ時代から特に入念なストレッチを行うことで話題でした。

このことについて、イチロー選手は、

「時に寝ている間もストレッチしているのではないかと思う」

と冗談を交えて語っています。

では、そんなイチロー選手が行っているストレッチ方法とは、具体的にどんな方法なのでしょう?

 

イチローのストレッチ方法をチェック!

%e3%82%a4%e3%83%81%e3%83%ad%e3%83%bc

イチロー選手を支えているトレーニングには、初動負荷トレーニングというトレーニング方法もありますが、それ以上に、入念なストレッチといった準備運動があるのを忘れてはいけません。

では、イチロー選手は一体どんなストレッチを行っているのでしょうか?

そのストレッチこそが、

肩入れストレッチ

です。

メジャーリーグ中継で、イチロー選手を見ていればわかるかと思いますが、イチロー選手が打席に入る前、そして守備につく時にも必ず行っている、あの運動のことですね。

イチロー選手は準備運動を特に入念に行っており、

「準備をしておけば、試合が終わったときに後悔がない」

「準備を完璧にすることで、言い訳を排除できる」

と、最高の状態に仕上げておくことで、自身のミスや至らなかった部分について言い訳せず、そのダメだった部分を徹底的に見直せることから、準備運動を大切にしているのだそうです。

イチロー選手らしいストイックな考え方ですね。

さて、そんなイチロー選手のストレッチ、準備運動の中でも、特に有名なのが、先ほどご紹介した肩入れストレッチ。

椅子に座ったままでもやれるので、肩入れストレッチの方法をご紹介します。

まず、椅子に浅く座り、両足をぐっと開きます。

両手とも膝の上に置き、固定しましょう。

その後、息を大きく吸い、顔は固定したまま上体を倒していきます

倒すとき、

片方の肩に力を入れ、息を吐きながら倒していく

ことがポイント!

倒したら、

その状態を30秒キープ

で完了です、その後、もう片方の肩入れを30秒行っていきましょう。

このイチロー選手が入念に行う肩入れストレッチは、慢性疲労や肩こりにも効果的なので、スポーツマンなどのアスリートでなくても、おすすめです!

皆さんも、健康維持のために1日1回から肩入れストレッチを始めてみてはいかがでしょうか?

 

気になるイチローの引退時期はいつ?

イチローと愛犬の一弓

イチローと愛犬の一弓

さて、もうひとつ気になるのがイチロー選手の引退時期ですよね。

いったいいつまで、現役を続けていくのでしょうか?

2016年のシーズンオフには、マーリンズはさらにイチロー選手と契約を交わすことで合意し、

イチロー選手が語っていた、

「50歳まで現役、45歳くらいまではメジャーでやりたい」

という目標が、いよいよ現実味を帯びてきたような気がします。

この話を聞いた当初は、何かの冗談かと思われていましたが、イチロー選手は本気で50歳での引退を考えており、マーリンズの社長も、

「彼は本気で50歳まで現役を続けたいと言っているし、実際にそうなるとも思っている」

と、2019年以降の契約は未定ながらも、イチロー選手の50歳までの現役生活をサポートしたい、という姿勢も見せているようです。

将来、カーショー投手を超えるような大投手になると言われていた若き新星、ホセ・フェルナンデス投手をボート事故で亡くし、悲しみと落胆に包まれていたマイアミですが、

「日本からきたイチローがまだやるんだ、俺たちも球場へ行こう」

と、今や40歳を超えた大ベテランであるイチロー選手はマイアミ市民の元気の源にもなっているのです。

また、50歳で現役を引退した元中日の山本昌さんにも、彼が引退する際に電話をし、

「昌さん、僕は、50歳までできますか?」

と質問したのだそうです。

その際、山本昌さんは、

「50までやる体力は理論上維持できる。後は足に気を付けること」

と、イチローにアドバイスしたそうですよ。

これらのアドバイスを受け、イチロー選手は足のケアをさらに入念に行うことで、

50歳まで現役

という大きな目標に向かい、突き進んでいくのでしょうね。

 

まとめ

イチロー選手は、マーリンズと2017年も契約を結ぶこととなり、まだまだバリバリの現役メジャーリーガーとしてプレーする予定です。

マーリンズのチームとしては、イチロー選手は、4番手の外野手でありながらも、2016年は

  • メジャー通算3000本安打
  • 日米通算4257安打
  • 日米通算700盗塁

を記録したりと、大きな記録をいくつも樹立しました。

2015年には、わずか.229と苦しんだ打率も、2016年には.291を記録し、

「まだまだイチローは健在だ!」

と周囲に感じさせる好成績です。

きっと、今後もイチロー選手は、多くの人々にその雄姿を見せ、多くの野球ファンに最高のパフォーマンスを見せてくれることでしょう!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-スポーツ