封神演義の新旧アニメと原作のあらすじをチェック!違いはある?

アニメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


週刊少年ジャンプで連載していた人気漫画『封神演義』が再アニメ化され、放送されることとなりました!

当時、アニメが放送されたときから、制作陣も声優も一新していています。

新アニメの方が原作の絵柄に近い感じとなっているところもポイントですね。

ちなみに旧アニメが放送されたときは、まだ原作が連載中で完結していませんでした。

そのため、設定なども変更されている部分があって、オリジナルストーリーでの展開となったようです。

旧アニメではオリジナルストーリーで完結しているので、新アニメはその続きではなく改めて作り直すようですね。

今回は新旧アニメと原作の違いをまとめていきたいと思います!

 

覇穹・封神演義の新旧アニメと原作漫画の違いとあらすじ

前に放送されていた封神演義の旧アニメと、今回放送される覇穹・封神演義という新アニメ、そして原作漫画のあらすじを紹介していきます。

 

原作漫画のあらすじ

太公望という仙人見習いが主人公の昔の中国を舞台にした物語となっています。

殷の国の皇后、妲己という絶世の美女がいるのですが、贅沢三昧でやりたい放題のため殷の人々が苦しめられてしまいました。

仙人界では、妲己の悪行を止めるために『封神計画』というものがあり、計画の実行者に太公望が選ばれるのです。

封神演義の漫画では仙人や道士は倒されると封神台というところに魂魄が送られてしまい、それを封神と言います。

封神されてしまうと転生する事ができなくなり、いわゆる封印された状態となるのです。

太公望は妲己を封神するために殷へ向かいますが、妲己の力は強大で一度は負けてしまいました。

そこで太公望は強力な仲間を集めることにします。

太公望の持ち前の頭脳と人を惹きつける人格で仲間を集めるのですが、妲己を倒すだけでは国はよくならないという判断で、周という国を作りました。

そして殷の国に勝利するのですが、この戦いの中で元凶の妲己が姿を消してしまいます。

妲己の後ろには女媧という人物がいたということが判明するのです。

女媧はこの世界でも最強の力を持った異星人で、地球を滅びた故郷のように作り変えることが目的でした。

女媧と妲己を倒すため太公望は最後の戦いへ挑みます。

そして、その戦いの中で妲己の本当の目的が判明するのです。

妲己の目的とは女媧の身体を乗っ取って地球と融合する事でした。

そして妲己は女媧の身体を乗っ取り地球と融合を果たすのです。

そして、太公望たちは仲間たちと力を合わせて女媧を倒す事に成功します。

 

旧アニメと漫画版の違い

過去に放送されていたアニメのあらすじをまとめていきます。

といっても、おおまかには同じ内容でところどころの違いがあるという感じです。

とくに終盤は原作漫画が完結していないこともあって、オリジナルの展開となってしまいました。

なので、変更点を重点的にまとめていきたいと思います!

 

登場人物の性格が違う。

太公望は漫画では年寄りくさいキャラクターなのですが、旧アニメでは若干熱血気味になっています。

実年齢は72歳以上とのことなので、もうおじいちゃんなはずですが、少年漫画的な主人公になっていました。

楊戩に関しても漫画版での傲慢な感じは少なく、おっとり系のキャラクターになっています。

他にも登場人物の語尾や口癖がちょっとずつ変わっていたりもします。

 

終盤のアニメオリジナル展開

旧アニメでは妲己の役割が変わっていて、歴史を操る黒幕が殷を衰退させるために用意した傀儡という扱い。

さらに女媧も登場せず、歴史を操っていた黒幕が実は元始天尊(太公望を封神計画の実行者に任命した人)だったという事が判明するのです。

太公望が元始天尊を説得した後に自我に目覚め人形ではないと、激情に駆られ襲い掛かってくるのですが、涙を流しながら消滅するという最期を迎えます。

旧アニメの妲己はかなりかわいそうな扱いになってしまっていますね。

 

旧アニメの評価

キャラクターの性格が違っていたり、オリジナルのストーリーだったりという点であまり漫画版のファンからは評価が高くないようです。

さらに、昔のアニメという事もあり作画が乱れていたり、漫画版とは異なる絵柄というのも原因かもしれません。

しかし、旧アニメの主題歌はかなりの人気で、今でもこの曲のファンという人も多いくらいですし、BGMも評価が高いです。

声優陣もかなり豪華なメンバーがそろっていたこともあり、これはこれでいい作品だと思います。

 

新アニメの予想

今の所、公式で発表されているあらすじは、太公望が『封神計画』に参加することになったというところまでです。

そのため、どのような展開になるのか今のところはわからない状態…

公開されている情報をもとに、どのような展開になるのか予想していきたいと思います!

 

仙界大戦がメインになる?

全23巻の漫画をアニメでまとめるには尺が足りませんからある程度どこか主軸になるストーリーをメインに展開するのではないでしょうか。

どうやら、聞仲がメインに出てくるような雰囲気の画像ですね。

そのため聞仲がメインになる仙界大戦が主軸の物語になるのではないかと思われます。

仙界大戦は人間の仙人・道士が住む崑崙山と妖怪の仙人・道士が住む金鰲島との戦いで、太公望は崑崙山出身で聞仲は金鰲島出身なのです。

この戦いの結果両方とも空に浮いている島でしたが地上に落ちてしまいます。

さらに敵味方含めて多くの人が倒れてしまうという結果に終わりました。

そんな感じの仙界大戦がメインのストーリーになるのではないかと予想します!

 

新アニメで他に変わっていそうなところ

制作陣もキャストも変更となっての新アニメですが、どういったところが変わっているのでしょうか。

まず旧アニメとは違い、原作漫画に近い絵柄となっていますね。

漫画がそのまま動き出してアニメになったようなイメージです。

旧アニメでは全26話の放送だったのですが、新アニメはどうやら23話+スペシャルエピソードとなる様子。

スペシャルエピソードがどういったものかは、わかりませんが旧アニメより短くなってしまいました。

原作漫画のストーリーを全部やるとなると厳しそうですが、仙界大戦までならそこまで駆け足じゃなくてもなんとかなりそうな気がします。

 

女媧のキャストが発表されていない

公式サイトを見ても女媧の情報がまったく出ていないんです!

もしかすると仙界大戦で終わりなのかもしれませんし、女媧が登場しないまま終わってしまうのか…

黒幕なので最後まで隠しておくつもりなのか、いったいどっちなのでしょうか。

新アニメの最後がどうなるのか、かなり気になるところですよね。

じっくりと物語を勧めてほしいという気持ちと、しっかり原作漫画の最期までアニメで見たいという気持ちどちらもある状況です…

個人的な希望としては、今回は仙界大戦までやってOVAとかで原作漫画のラストまでアニメ化するというのがじっくり最後まで見れるのでうれしいです!

 

覇穹・封神演義の新旧アニメと原作漫画のまとめ

旧アニメは原作漫画と違う終わり方をしてしまいましたが、新アニメはどのような結末になるのか気になるところです。

おそらく、おおまかな流れは旧アニメと同じように原作漫画を基準にして進めることになると思います。

旧アニメで問題になっていたキャラクターの性格や特徴が違うという点も、原作漫画に忠実に再現するでしょう。

すでに原作漫画も完結していますから、設定を変更したりする必要もありませんからね!

個人的には、あの圧倒的強さを見せる聞仲との戦いが早く見たいので、楽しみに待ちたいと思います!

ページトップへ