星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

映画

シェイプオブウォーターのレビューや感想を紹介!結末ネタバレ注意

投稿日:


2018年3月1日に劇場公開される『シェイプオブウォーター』

2017年に発表されたベネチア国際映画祭で金獅子賞(最優秀監督賞)を授賞したギレルモ・デル・トロの最新作として注目され、話題となっています。

大人向けのファンタジー・ラブロマンス映画で、映倫区分はR15+です。

今回はそんな『シェイプオブウォーター』のレビューや感想を紹介!結末ネタバレ注意について紹介していきたいと思います。

完全ネタバレになりますので観覧にご注意下さい。

 

『シェイプオブウォーター』の結末紹介!ネタバレ注意

『シェイプオブウォーター』:起

イライザ・エスポジートは、子供の頃に喉を切られた状態で発見された過去をもっています。

その怪我が原因で聞くことは理解出来るものの、言葉を発することが出来ませんでした。

1962年。アメリカ合衆国メリーランド州ボルチモアにある政府機関であるオッカム航空宇宙研究センター。

イライザはこの研究センターで清掃人として10年以上働いていました。

ある日、秘密研究所の幹部のストリックランド調査官が南アメリカの川で捕獲したという、「アセット」という謎の生き物が施設に運ばれてきました。

アセット=謎の生き物は、水陸両方で生活できる魚人でした。

イライザは同僚のゼルダとともに、アセット=謎の生き物を目撃してしまいます。

その日以来、アマゾンで神のように崇拝されていたというアセット=謎の生き物にすっかり心を奪われたイライザ。

イライザは人目を忍んでアセット=謎の生き物のいる水槽に通い続けました。


次のページへ >

-映画

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.