星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

アニメ テレビ 漫画

ゴールデンカムイのアニメストーリーあらすじと原作漫画を紹介

更新日:


2018年春季アニメで今最も話題となっているのが『ゴールデンカムイ』です。

原作は「マンガ大賞2016」の大賞を受賞した人気作品ですが、特殊すぎる内容のせいでアニメ化は絶対にないだろうといわれていました。

それがついにアニメ化!一体原作はどんな漫画なの?アニメ化はどうなりそう?

といった疑問についてお答えします!

 

原作漫画『ゴールデンカムイ』のストーリー

原作は、『週刊ヤングジャンプ』連載中の野田サトル先生の漫画です。

舞台は明治時代の北海道

日露戦争に兵士として参加した元陸軍兵の杉元佐一(スギモト サイチ)が、戦死した親友の妻の病を治すため、どこかに隠されているという金塊を探す物語です。

主人公の杉本は、不死身の杉元と呼ばれていて、これまで戦争でどんなけがを負ってもすぐに治って生き抜いてきたという強者です。

確かに見るからにとても強そうですよね!

そして彼が金塊を探す理由が、戦死した親友の妻の目の病気を治すためという何とも男前なもの。

そんな杉元が、金塊探しの旅の初めに出会ったのが、アイヌの少女・アシリパ(「リ」は小文字)。

彼女もとても強そうな美少女です。

幼くして両親を亡くしていますが意志が強く、父から教わった弓や罠などのアイヌの知恵ででいろんな動物をしとめ、1人で生きています。

さすがの不死身の杉元も、森の中では彼女の言うことをきくしかありません。

アシリパは、自分の父を殺した犯人に近づくため、杉元といっしょに金塊探しの旅を始めるのでした。

しかし金塊を狙うのは2人だけでなく、陸軍の第七師団や土方歳三のもとに集まった囚人たちなど、次々と危ない奴らが現れます。

そんな奴らとときには戦いときには協力し、おいしいものを食べながら北海道を北上するのが、『ゴールデンカムイ』のストーリーです。


次のページへ >

-アニメ, テレビ, 漫画

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.