アニメキングダム1期のあらすじをわかりやすく解説!

アニメ テレビ 漫画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


『アメトーーク!』とともに、多くキングダムファンを生んだとされるアニメ版『キングダム』

NHKで放送されたこの作品は、最初の方こそかたい動きのCGに慣れない人も多かったようでしたが、回を追うごとに多くの人が夢中になりました

原作にしてもですが、古代中国という身近でない題材を扱っていながらここまで人気になったのは、何より物語が熱くておもしろいからです!

若き国王・政(せい)と、大将軍を目指して戦う少年・信(しん)

すでに50巻近く出ている原作は語り切れませんが、2期に分けて制作されたアニメ版にそって、ざっとこの作品のあらすじと魅力を語りたいと思います。

 

『キングダム』とは?

原作漫画『キングダム』は、『週刊ヤングジャンプ』に連載中の原泰久(はら やすひさ)先生の作品です。

ひとことでいえば、少年・信の成り上がりストーリー

古代中国といわれると難しそうですが、全くそんなことはありません。

まるでジャンプの主人公のようにバカだけどまっすぐな少年・信が、たくさんの将軍の姿から大将軍とはどうあるべきかを学んでいく成長物です。

主人公の信はもちろんのこと、強い武将や仲間たちも、みんなパワフルで魅力的なキャラクターばかり。

誰でも興奮できて感動できて楽しめる作品です!

 

『キングダム』第1期のあらすじ①

まずは第1~6話のあらすじを解説します。

今後ずっと信の大事な仲間となる2人との出会いう大事なエピソードです。

主人公・は戦災孤児で、同じ戦災孤児の漂(ひょう)とともに里長の家で雑用などをして暮らしていました。

しかし2人はいつか大将軍にまで出世しようと、毎日剣の腕を磨き続けていたのです。

これまでの戦いは信が332勝、漂が334勝、引き分けが587回とほぼ互角。

そんなある日、王宮からの使者が漂だけを重要な役職に就けると言って連れて行きます

お互い大将軍になって再会することを誓って別れる2人。

しかしある夜、命も危うい大ケガを負った漂が、信のところに帰ってきます。

漂が自分の命とひきかえに伝えた場所に駆けつけた信が見たのは、漂にうりふたつの少年――秦国の若き国王・嬴政(えい せい)でした。

漂は政の身代わりとなって命を落としたことを知った信は、最初は政を憎みますが、政の言うことが正しいことも理解します。

そして漂と約束した大将軍になるため、政を守ることを決めるのでした。

その途中で出会った少数民族の生き残りの子供・河了貂(かりょう てん)と3人で山道を進み、政を支える部下たちと合流します。

政の部下のリーダーは昌文君(しょうぶんくん)という忠実で頑固な老人。

そして彼には壁(へき)という真面目な青年兵士が付き従っていました。

 

『キングダム』第1期のあらすじ②

次は第7~9話。

これから信とともに戦う強い仲間たちがそろいます。

政がひとりで田舎の村にいたのは、王位を奪おうとたくらむ弟成蟜(せいきょう)命を狙われていたからでした。

昌文君たちと合流はできたものの、弟の軍と戦うにはまだ兵隊が足りません。

そこで信たちは、政の考えで山の民たちに協力を頼むことに。

しかし山の民は昔のことで秦国を恨んでいるため、交渉に来た政たちの命を奪おうとします。

そのとき、政は山の民の王・楊端和(ようたんわ)に、中華統一の意思を語り、彼女の心を動かすのでした。

広い世界を見たいと願っていた楊端和は政の話に乗り、ともに王都の奪還を目指します

 

『キングダム』第1期のあらすじ③

第10~16話では、ついに王都を奪還します。

ほとんどが山の民で構成された政たちの軍は、「山の民が秦国と同盟を結びにきた」という形で王宮に潜入。

政の最初の一等を皮切りに、山の民たちの人間離れした強さによって突き進んでいきますが、成蟜のペット兼護衛役のランカイという大男に苦戦します。

しかし犠牲を払いつつも何とか打ち破り、ついに成蟜を倒して戦を終わらせる政たち。

しかし本当の敵は、成蟜の反乱を陰で手引きした丞相・呂不韋(りょふい)でした。

王宮の有力な人間をたくさん味方につけている呂不韋に今はまだかないませんが、これから政は長い時間をかけて彼と戦うことになります

 

『キングダム』第1期のあらすじ④

第17~23話は、信の初陣となる秦国魏国の戦いです。

信が入った“伍(5人組の小部隊)”は頼りない澤圭(たく けい)がリーダーで、しかもその伍は味方の犠牲を気にせず戦う千人将・縛虎申(ばっこしん)の隊に入れられました。

信の伍のメンバーは、

堅実な戦いをする澤、

剣に秀でている信、

信と同じ村の出身の尾平(びへい)尾到(びとう)兄弟、

謎の多い羌瘣(きょう かい)

の5人。

寄せ集めながら縛虎申のもとでよく働き、特に信は敵の副将を倒すという手柄をあげました。

そしてついに大将同士の対決となったとき、秦の伝説の大将軍・王騎(おうき)が登場。

王騎に将軍の存在の大きさを教わりながら決着を見守る信。

結果は秦軍総大将・麃公(ひょうこう)が圧倒的な力で勝利。

初陣で初勝利と手柄をおさめた信は、百人の鯛を率いる百人将に出世しました。

その夜、信を訪ねてきた羌瘣から、彼女のつらい過去について聞くのでした…。

 

『キングダム』第1期のあらすじ⑤

第24~32話は、いうなれば<王騎編前編>。

初陣に突然現れた大将軍・王騎のすごさを感じた信は、強くなるために彼の屋敷を訪ねます。

しかし王騎は信に何も教える気はなく、小さな争いが絶えない村に放り込み、そこを平定するように言いつけました。

一方、政のいる王都には、深い因縁のある趙国からの軍隊が迫っているという知らせが。

久しぶりの大きな戦に、一線を退いていた王騎が、総大将として出陣することになります。

そして信も王騎の課題を突破したところを呼び戻され、趙国との戦に参加するのでした。

ここで信の百人隊に与えられた名は、「飛信隊(ひしんたい)」

魏との戦いで同じ伍にいた澤、尾兄弟、羌瘣も飛信隊に。

飛信隊は敵の将軍・馮忌(ふうき)を命令どおり討ち取って大手柄を挙げますが、その夜、謎の大男に飛信隊はおそわれ、多くの兵が倒されます。

全力で戦い、それでも勝てずに山中へ逃れる飛信隊!

 

『キングダム』第1期のあらすじ⑥

第33~38話は、<王騎編後編>ですね。

飛信隊をおそった大男は、龐煖(ほう けん)という名の趙の将軍でした。

龐煖は長年強さだけを求めてきた求道者で、かつて初めて負けた相手である王騎を倒すためにこの戦に参加していたのです。

王騎にとっても龐煖は、愛した女性の仇(かたき)。

秦国対趙国の戦いは、この2人の一騎打ちの流れになります。

しかし激戦の最中に趙の兵のひとりが矢で王騎を射ったため、龐煖が王騎に致命傷を与えました。

それでも倒れず君臨する大将軍・王騎の最期!!

多くの人間が彼を惜しんで涙しますが、先を見すえる者が数人いました。

そのうちのひとりは、もちろん信。

王騎から愛用の矛を受け取った信は、大将軍のすごさを改めてかみしめ、さらに決意を固めるのでした。

 

アニメ『キングダム』第1期まとめ

いかがでしたか?

『キングダム』の物語の熱さが、少しでも伝わったでしょうか。

『キングダム』が大人気となった理由は、この大将軍・王騎が信に未来を託すまでの展開の熱さにあります。

ぜひその目で確かめて、気になったなら原作漫画も読んでみてくださいね。

50巻近くあると多いと感じるかもしれませんが、読み始めると一瞬ですよ!

ページトップへ