海外と日本の花見の違い。日本だけの花見スタイルが話題となる理由

未分類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


毎年春が近づいてくると気になるのが桜の開花情報。

テレビのニュースでも取り上げられ、桜前線という言葉があるほど日本人には親しみのある情報ですよね。

満開の桜の木の下で行われれる花見を楽しみに春を待ちわびている人も多いのではないでしょうか。

皆でお酒や食事を持ち寄って行われる賑やかな花見は心まで暖かくしてくれます。

さて、日本ではもはや恒例行事となっている花見ですが、実はこの桜の木の下でお酒を交わしたり、食事をしたりする花見のスタイルは日本だけの文化ということをご存知でしたか。

海外と日本では花見のスタイルに違いがあるんです。

日本式の花見が誕生した理由から日本とは違いのある海外での桜の楽しみ方をご紹介していきます。

花見を楽しむ習慣がはるか昔からあった

日本文化の一つでもある俳句は季語を入れて、移ろう四季を楽しむもの。

平安時代に編纂された古今和歌集には桜を詠んだ歌がなんと70首も載っているのだとか。

このことから平安時代には既に桜は日本人にとって特別な花であったといわれています。

@sachiyo_5ach1)さんの投稿

鎌倉・室町時代になると、武士たちにも花見の文化が伝わりました。

では一般人も花見を楽しむようになったのはいつからなのでしょう。

時代は流れ江戸時代になると、庶民も花見を楽しむようになったといわれています。

なんと桜の品種改良も既に行われていたのだとか。

はるか昔から日本人にとって花=桜だったのですね。

花見の醍醐味は屋外でお酒を楽しめること

花より団子ということわざがあるように、花見での楽しみは満開の桜の木の下で友人や同僚、恋人、家族などとお酒を交わしたり、食事を楽しんだりすることですよね。

室内で飲むよりも開放的な気分になり、暖かい春の訪れを感じることができるため、花見よりも桜の木の下でお酒を交わすことを楽しみにしている人がほとんどなのではないでしょうか。

@shewhoeats)さんの投稿

実は屋外で飲酒をしても罰せられない国は割と珍しく、海外だと屋外での飲酒が法律で禁止されている国が多いんですよ。

例えばアメリカの場合、公共の場での飲酒を禁止している州がほとんど!

屋外での飲酒が許されている日本だからこそここまで花見が親しまれているのかもしれないですね。

日本人のマナーの良さが日本の花見スタイルを生んだ!?

海外の人からマナーが良いと評されるほど秩序を守る民族といわれている日本人。

花見でお酒を飲んで犯罪を犯す人が増えたり、喧嘩する人が増えたりしたら、恐らく花見のスタイルが変わってきてしまいますよね。

@masamasa.77.j)さんの投稿

不必要に桜に触れたり、傷つけたりすることなく花見を楽しんでいるため、現在の花見スタイルを保持できているのではないでしょうか。

これから生まれてくる日本人のためにも大人としての自覚を持って、花見を楽しみたいものです。

花見に最適な春の訪れを感じさせる気温

日本での花見シーズンは3月下旬から4月上旬。

この時期の日本はだんだんと暖かくなってきて春の訪れを感じられるような心地よい気温です。

@adorable_rose)さんの投稿

しかし海外、特にフランスのパリには桜の木が植えられている公園がありますが、日本のように桜の木の下で花見を楽しむ人はいません。

パリの3月下旬から4月上旬は雨が降ることが多く、気温も低いため、桜の木の下でお酒を交わしたり、食事を楽しんだりしながら花見を楽しむ習慣がないのです。

日本で花見が恒例行事となったのは心地よい気温も関係していそうですね。

 海外での花見の楽しみ方

日本と海外では花見のスタイルが全然違います。

例えばアメリカ・ボストンには日米友好の印として日本から贈られた桜の苗木が植えられています。

パレードやステージでのショーも行われるような大規模な全米桜祭りが毎年開催されますが、日本の花見のように桜の木の下でお酒を交わしたり、食事を楽しんだりする人はいなく、歩きながら花見を楽しむのが一般的です。

@jensisagem)さんの投稿

 

お隣中国の場合、桜が見えるレストランやカフェで食事をしながら花見を楽しんだり、歩きながら桜を鑑賞するのが一般的です。

@saya_camera)さんの投稿

 

日系人が多いことで有名なブラジルでは、毎年サンパウロ近郊で桜祭りが開催されます。

屋台等が並びますが、歩きながら桜を楽しむスタイルが一般的なようです。

そして台湾や韓国では日本のように花見をする文化があるようです。

これは戦時中に日本の統治下に置かれていた時に日本の花見スタイルが伝わったためで独自の文化とはいえなそうです。

@seribu_wisata)さんの投稿

やはり日本での花見の楽しみ方は日本独自の文化なのですね。

まとめ

日本で生活していると、花見は恒例行事となっているため、世界共通で桜の木の下でお酒を交わしたり、食事を楽しんだりするものだと思いがちですが、以外にも海外での花見の楽しみ方には違いがあったのです。

花見を楽しみながらお酒を交わしたり、食事を楽しんだりして、賑やかに宴会を行うのは日本独自の文化といえるのではないでしょうか。

日本のような花見を楽しめるのは、春の訪れを感じるような心地の良い気温と、屋外で飲酒をしても罰せられない日本の法律が大きく関係していそうですね。

日本人である特権を謳歌して花見を楽しみたいものです。

ページトップへ