今こそ振り返りたい『プリパラ』3期までのあらすじと見どころ

アニメ ゲーム テレビ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


『アイドルタイムプリパラ』がとうとうクライマックスですね!

『プリパラ』からの主人公らぁらが、第47話で神アイドルの本気を見せつけてくれました。

ここで

「らぁら最高!!」

と再認識した人も多かったことと思います。

そこで今こそ、無印『プリパラ』でのらぁらや彼女の仲間たちの活躍を、振り返ってみませんか?

らぁらがずっとつないできた

「みーんなトモダチ、みーんなアイドル」

の世界はやっぱり最高だと、みんなであらためて感動しましょう!

あらすじとともに、見どころについてもできるだけていねいに拾っていきます!

 

『プリパラ』第1期のあらすじ

第1~13話|SoLaMi♡SMILE(そらみスマイル)結成!

第1~13話の第1クールは、普通の小学生だったらぁらがアイドルデビューし、「SoLaMi♡SMILE(そらみスマイル)」を結成するまでにあたります。

プリパラデビューするまでは人前で歌うことが苦手だったらぁら。

そんな彼女の心を開いたのが、みれぃのこの名言です。

「プリパラは好きぷり?」

「うん!」

「じゃあ、大丈夫ぷり!」

アニメ『プリパラ』第1話より

この台詞は、らぁらの心の殻を打ち砕いたといっても過言ではありません。

みれぃに誘われて初めてのライブを経験したらぁらは、どんどん強くなっていき、トモダチを守り助ける力を手に入れます。

そして憧れのアイドルだったそふぃの心をも救って、諦めかけていたみれぃの気持ちを奮い立たせ、そらみスマイルを結成したのです。

空見て笑って、そらみスマイル。

それは3人がお互いを認めあって最高の気分で歌える仲間となったことを意味しています。

第14~25話|強敵DressingPafé(ドレッシングパフェ)参上!

そらみスマイルが結成されたところに現れた最大のライバルが、シオンドロシーレオナのチーム「DressingPafé(ドレッシングパフェ)」です。

2つのチームはまさに「好敵手」と書いて「とも」と呼べる関係

最初こそそらみスマイルへの逆恨みで結成されたようなチームでしたが、何かと衝突を繰り返すうち、いつの間にか本気で競い合える唯一の相手となっていました。

特に学園祭でのライブ、校長先生の説得を成功させたのは、6人全員がそれぞれの持ち味を発揮したからこそです。

そしてお互いを認めあった2つのチームは、6人チームの「SoLaMiDressing(そらみドレッシング)」となり、第1回プリプラで見事優勝!

このことから、「みーんなトモダチ」は「ライバルだってトモダチ」という意味も持つようになりました。

第26~38話|ファルルともみーんなトモダチ、かしこま!

向かうところ敵なしと思われたそらみドレッシングのでしたが、突然現れた1人のアイドルが、第2回プリプラで優勝し、コーデをかっさらっていきました。

それが完璧なライブを魅せるボーカルドール・ファルルです。

ファルルのバレエのような振り付けと優雅な3拍子には、視聴者も格の違いをまざまざと思い知らされたことでしょう。

しかしファルルが自分と同じプリズムボイスのらぁらに興味を持ったことから、彼女たちの関係はただのライバルから大事なトモダチへと深まっていきます。

そして最後のプリプラで、らぁらとトモチケをパキり、倒れてしまうファルル!

『プリパラ』の世界に初めて訪れた最大の悲劇と、そこに至るまでの大勢の想いに、誰もがファルルの復活を望みました。

らぁらたちはもちろんですが、ユニコンのいじらしさと愛情といったら……!

ファルルを想うアイドルすべての気持ちによって、たくさんのトモチケの中でファルルは目を覚まします。

そして彼女は、今度はユニコンに言われるままではなく、自分の意志でユニコンとともにまたアイドルの頂点を目指すのでした。

ラストは感動の嵐なのですが、その中でも注目したいのは、ファルルに別れを言うらぁらの表情です。

寂(さみ)しい…でも、トモダチの決意と未来は応援する!

そんな繊細な感情と強い意志が表れています。

これが誰もにまっすぐ向き合って大事にするらぁらのトモダチパワーではないでしょうか。

 

『プリパラ』第2期のあらすじ

第39~49話|そらみ&ドレシ&アロマゲ結成!

第2期の舞台となるのは、プリパラに新しくできた「ドリームシアター」でのアイドルドリームグランプリです。

チームを再編成してのチャレンジとなるため、そらみスマイルもドレッシングパフェも一度解散し、再結成しなくてはなりません。

そこで現れる悪魔アイドルのあろまと天使アイドルのみかん

最強チームを作ろうとする2人に妨害されながらも、今まで育ててきた絆を再確認して、それぞれのチームが再結成されます。

あろまとみかんの「アロマゲドン」の過去回想や解散騒動もふくめて、それぞれのチームの良さがわかるスタートでした。

第50~56話|パルプスの少女ふわりとプリンスひびき

第1期のファルルのような、パラ宿プリパラの黒船的な新アイドルが、パルプスからやってきた少女ふわりです。

プリパリのプリンスひびきによってプリンセス候補としてやってきたふわりは、自由で純真な性格と澄んだ歌声の持ち主であり、各チームから勧誘を受けます。

しかしアイドルのレッスンを受けながら違和感を覚え始め、ひびきのことも信じられなくなるふわり。

ドレッシングパフェとらぁらとともに5人チームを組み、夏のグランプリで優勝したことで完全に吹っ切れて、プリンセス候補を辞退するのでした。

第57~73話|怪盗ジーニアスとグランプリ

ふわりがプリンセス候補を辞退したころから、プリパラに怪盗ジーニアスという謎の人物が現れ、ドリチケを奪う事件が起こります。

その正体は、天才ばかりのチームを組んで優勝し、プリパラを作り変えようとしているひびきでした。

そしてある日ついに、自分が生物学上女性であることを明かし、鮮烈なプリパラデビューを果たします。

そして敬愛(けいあい)するファルルの願いを聞いて、奪ったドリチケを持ち主に返し、冬のグランプリにプリパラの主導権を賭けるのでした。

ひびきは好き嫌いの分かれるキャラクターですが、第73話のエンディングジャックには誰もが圧倒されたのではないでしょうか。

このときの彼女のラスボス感は、『プリパラ』史上最大です!

第74~89話|ひびきのセレパラとトモダチのプリパラ

ひびきの目的は、「トモダチのプリパラ」「天才だけのセレパラ」に作り替えることであり、冬のグランプリで勝利して見事にそれを成し遂げました。

冬のグランプリで負けたらぁらたち「ふれんどーる」のメンバーたちは、地下アイドルとしてランクアップし、最後のグランプリを目指します。

みれぃの心にまた火をともしたガァルルのデビューライブ、そしてひびきのトモダチ嫌いの理由とプリパラへの想いなど、見どころしかないクライマックス!

最後のグランプリではらぁらが、ファルルの願いからトモダチパワーを全力で発揮して、ひびきに勝利。

ひびきはまだトモダチを信じることはできないものの、実際に自分を越えて危機を救ったらぁらのトモダチパワーは認めました

そしてふわり、ファルルとともにプリパリへ移り、パラ宿のらぁらたちとは違う道でアイドルとして成長していくのでした。

第2期は最終回もいいのですが、第87話でみれぃに必死で語りかけ、“トモダチ”を思い出させるらぁらに感動した人も多かったことでしょう。

第43話の二人三脚が伏線になっていたりと、どこも捨てるところのないのが『プリパラ』のいいところ!

 

『プリパラ』第3期「神アイドル編」のあらすじ

第90~101話|ジュリィ登場!第1回グランプリまで

ついにパラ宿で開催されることになった「神アイドルグランプリ」

その発表と同じころ、らぁらはプリパラの森で謎の赤ちゃんジュルルを拾いますが、それは何と神アイドルグランプリをつかさどる女神ジュリィでした。

慣れない赤ちゃんの世話をしつつ第1回グランプリを目指すらぁらたち。

そんな中、素晴らしいライブをしたアイドルたちにジュリィが現れ、グランプリの出場券であるSSC(スーパーサイリウムコーデ)を与えるようになります。

結果、第1回グランプリに出場したのは、そらみ、ドレシと新人グループ「 TRiANGLE(トライアングル)」の3チームで、そらみとドレシのW優勝となりました。

そして結果発表のときに、トライアングルはらぁらの妹ののんの1人3役チームだということが判明するのでした。

 

第102~107話|ガァルマゲドン結成式と第2回グランプリ

第3期には、2つの感動の結成式があります。

1つめが、あろま、みかん、ガァルルの「Gaarmageddon(ガァルマゲドン)」

第104話では新ブランドコンテストのため、徹夜でデザイン画を描き上げたあろま、それを届けようと走るみかんとガァルル。

そんな健気な姿を見せた後に、本当はプリチケをパキれないはずのガァルルの、命がけの結成式!

さらにパリ兄ぃたちの妨害に負けず、1チームだけで第2回グランプリを行い、ジュリィに優勝と認められました。

多くの人がガァルマゲ推しになったに違いないこの感動ばかりのの展開!

第108~115話|トリコロール結成式と第3回グランプリ

そしてもう1チーム、「Tricolore(トリコロール)」も結成式を行いました。

どうしてもトモダチを信じられないひびきの、やっと見つけた2人の対等なトモダチ。

そんな偽らないトモダチへの想いによって結成式は完遂し、第3回グランプリでは見事トリコロールが優勝を飾りました。

第116~129話|ノンシュガー第4回グランプリへの道!

次々と有力チームが結成され優勝していく中、ようやくのんもちりペッパーとともに「NonSugar(ノンシュガー)」を結成。

姉らぁらの誕生日の姉妹ライブや、チームで無人島生活を経験して結束を固め、第4回グランプリを制しました。

そして敗者復活ライブでは、コスモあじみちゃんこを加えた「UCCHARI BIG-BANGS(うっちゃりビッグバンズ)」が優勝。

ついにグランプリ本選に参加の6チームが決定しました。

第130~140話|神アイドル誕生!感動の最終回へ……

ついにグランプリ本選!

……というところで明かされたのは、このグランプリを最後にジュリィが消えてしまうという真実でした。

そんなことはさせないと、神アイドルの奇跡の力でジュリィを救うという新しい目標をもって本選に挑むらぁらたち。

それぞれの持ち味を生かしたライブで戦い、決勝を制したのはそらみスマイルでした。

闇に飲み込まれるジュリィと、それを救おうとしてともに飲み込まれていくジャニス。

崩れゆく天空のステージの中でも歌い続けた大勢のアイドルたちの力で、2人の女神は救われ、プリパラにまた平和が戻ってきました。

ここまでで終わっても充分なのですが、第1期からのファンにとっては、この後の最終回最高だったのではないでしょうか。

念願だった外の世界に出て、らぁらと一緒に学校に通うファルル……そしてガァルル!

ジュリィのずっとなりたかったプリチケ配達人になったのも素敵すぎですよね。

「またすぐ会えるよ」

『プリパラ』第139話より

という台詞に今後も期待させられずにいられません!

 

『プリパラ』全3期のまとめ

いかがでしたか?

これまでのらぁらたちの活躍が目に浮かんだのなら書き手としてもうれしい限りです。

『プリパラ』は3月で終わってしまいますが、いつだって思い出せばあなたの中にらぁらは生きています。

何度だってDVDを見返して、全力で「みーんなトモダチ、みーんなアイドル」の世界のすばらしさを実感しましょう。

それにもしかすると、新作『キラッとプリ☆チャン』にもプリパラのアイドルたちが登場するかも……?

ページトップへ