第12回声優アワード発表!主演・新人賞の受賞者を徹底調査!

アニメ テレビ 芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


2018年3月3日に声優アワードの受賞者が発表されましたね!

声優アワードは前の年にアニメなどで活躍した声優たちに与えられる将で、2006年に創設されて今年で第12回となります。

様々な賞があり、ベテランや中堅の声優も選ばれますが、特に注目されるのは

  • 主演男優・女優賞
  • 助演男優・女優賞
  • 新人男優・女優賞

の3つではないでしょうか。

これらの賞は人気アニメに出演した注目の新人が選ばれることが多く、今後のアニメ界の流行を知る手がかりにもなるのです。

というわけで、主演・助演・新人賞の受賞者を中心に、去年の活躍とこれからの期待度をまとめてみます!

声優アワード主演男優賞:豊永利行

豊永 利行(とよなが としゆき)

  • 2002年デビュー(声優歴15年)
  • 1984年4月28日生まれ / 東京都出身(33歳)
  • 代表作:『デュラララ!!』(竜ヶ峰帝人)、『機動戦士ガンダムAGE』(フリット・アスノ)、『東京喰種トーキョーグール』(永近英良) など

豊永さんは子役出身で1995年から俳優活動をしていたので、芸歴はかなり長いです。

そのためか授賞式では

「自分の表現を追求し続けてた24年間でした。こういう賞は縁がないと思っていました。まだ実感が湧いていません。今日だけは少しだけ自分を褒めてあげたいと思います」

とコメントしていましたね。

今回の受賞に最も影響を与えたたのは、女性からの絶大な人気を集めた『ユーリ!!! on ICE』での活躍でしょう。

一見平凡ながら光る才能や根性を見せる主人公・勝生勇利は見事なはまり役でした。

また豊永さんといえば歌手活動や、アイドルアニメでの活躍にも注目したいところです。

2017年の『TSUKIPRO THE ANIMATION』(大原空)はもちろんのこと、これまでにも多くのアイドルアニメでキャラソンを担当しています。

地味だけれど努力と根性で輝いた少年を演じた豊永さん。次はアイドルアニメで当たりがあれば、さらなる飛躍が期待できます!

声優アワード主演女優賞:黒沢ともよ

黒沢 ともよ(くろさわ ともよ)

  • 2010年デビュー(声優歴7年)
  • 1996年4月10日生まれ / 埼玉県出身(21歳)
  • 代表作:『アイカツ!』(有栖川おとめ)、『結城友奈は勇者である』(犬吠埼樹)、『響け!ユーフォニアム』(黄前久美子) など

『アイカツ!』『アイドルマスター シンデレラガールズ』(赤城みりあ)という人気アイドルアニメに起用されたことで有名になった新人です。

しかし4歳から多くのTVドラマや舞台に女優として出演していて、経験は過ぎるほどに豊富です。

声優としての出演作はまだ少ないものの、演技も歌も充分な実力があるため、今回の受賞は順当といえるでしょう。

2017年は『宝石の国』(フォスフォフィライト)『アイドルタイムプリパラ』(ガァララ・ス・リープ)での繊細かつ明快な感情表現が目立っていました。

主演女優賞といえども、彼女にとっては通観点でしかないのでは…というくらい今後の活躍に期待できる若手声優です。

2018年は『ひそねとまそたん』(貝崎名緒)への出演が決まっています!

 

声優アワード助演男優賞:諏訪部順一

諏訪部 順一(すわべ じゅんいち)

  • 1995年デビュー(声優歴22年)
  • 1972年3月29日生まれ / 東京都出身(45歳)
  • 代表作:『テニスの王子様』(跡部景吾)、「うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE」シリーズ(神宮寺レン)、『黒子のバスケ』(青峰大輝) など

主演男優賞には、これまで数々の印象的な脇役を演じて人気を博してきた諏訪部さんが選ばれました。

2017年は『亜人ちゃんは語りたい』(高橋鉄男)『異世界食堂』(店主)『バチカン奇跡調査官』(ロベルト・ニコラス)など複数の主演作がある珍しい年でした。

しかしやはり『ユーリ!!! on ICE』のヴィクトル・ニキフォロフ役が最も印象が強く、その結果の助演男優賞なのでしょう。

2018年も『鹿楓堂よついろ日和』『ピアノの森』『宇宙戦艦ティラミス』『銀河英雄伝説 Die Neue These 邂逅』といった話題作に出演が決まっています!

声優アワード助演女優賞:大西沙織

大西 沙織(おおにし さおり)

  • 2012年デビュー(声優歴5年)
  • 1992年8月6日生まれ / 東京都出身(25歳)
  • 代表作:『冴えない彼女の育てかた』(澤村・スペンサー・英梨々)、『食戟のソーマ』(新戸緋沙子)、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』(アイズ・ヴァレンシュタイン) など

なんとまだ芸歴5年の新人!

しかし2013年頃から多くの作品に出演し、作品の脇を固める安定感を見せていました。

2017年の出演作で特に素晴らしかったのは、『ガヴリールドロップアウト』(ヴィーネ / 月乃瀬=ヴィネット=エイプリル)『クロックワーク・プラネット』(マリー・ベル・ブレゲ)などでの演技です。

アイドルアニメへのメインでの出演なしにここまで来れたのは、ひとえに大西さんの演技力によるもの。

手堅く生き残ってくれそうな頼もしい新人です。

 

声優アワード助演女優賞:佐倉綾音

佐倉 綾音(さくら あやね)

  • 2010年デビュー(声優歴7年)
  • 1994年1月29日生まれ / 東京都出身(24歳)
  • 代表作:『プリティーリズム・レインボーライブ』(りんね)、『ご注文はうさぎですか?』(ココア)、『僕のヒーローアカデミア』(麗日お茶子) など

まだ芸歴7年ですが、多くの作品に出演してすでに人気声優となっている佐倉さん。

様々なタイプの少女を演じ分けることに定評があり、まさに助演女優賞にふさわしい活躍をしてきました。

2017年の代表作として挙げられるのは、『セイレン』(常木耀)、『ボールルームへようこそ』(花岡雫)『宝石の国』(ボルツ)など。

また初の写真集に予約が殺到し、発売前に増刷が決定したことでも話題になりました。

2018年は『新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION』(速杉ハヤト)で少年主人公の声を担当し、さらに役の幅を広げています。

声優アワード新人男優賞:⻄山 宏太朗

⻄山 宏太朗(にしやま こうたろう)

  • 2011年デビュー(声優歴6年)
  • 1991年10月11日生まれ / 神奈川県出身(26歳)
  • 代表作:『美男高校地球防衛部LOVE!』(鬼怒川熱史)、『ジュエルペット マジカルチェンジ』(雲母朔太郎)、『TSUKIPRO THE ANIMATION』(堀宮英知) など

歌もラジオもバラエティもこなす新人イケメン声優。

もちろん演技力も充分で、柔らかい中音で癒し系の役を得意としています。

下積みを経てここ数年でメインの役を次々と獲得していることからも、現在絶賛成長中!

2018年は『学園ベビーシッターズ』(鹿島竜一)に続き、『メジャーセカンド』(佐藤光)に注目です。

 

声優アワード新人男優賞:堀江瞬

堀江 瞬(ほりえ しゅん)

  • 2015年デビュー(声優歴2年)
  • 1993年5月25日生まれ / 大阪府出身(24歳)
  • 代表作:『ナナマル サンバツ』(越山識)、『十二大戦』(寝住)、『アイドルマスター SideM』(ピエール) など

デビューから2年の新人・堀江さんは、『十二対戦』でのベテラン・人気声優たちに負けない演技が評価されたようです。

しかしまだ知名度は低く、まだまだこれからの成長に期待する意味も込められての受賞ではないでしょうか。

声優アワード新人男優賞:⼋代拓

⼋代 拓(やしろ たく)

  • 2013年デビュー(声優歴4年)
  • 1993年1月6日生まれ / 岩手県出身(25歳)
  • 代表作:「KING OF PRISM」シリーズ(十王院カケル)、『タイガーマスクW』(東ナオト / タイガーマスク)、『アイドルマスター SideM』(柏木翼)  など

デビューから多くの作品の端役で経験を積んできた八代さん。

『KING OF PRISM by PrettyRhythm』への出演をきっかけにルックスにも注目が集まり、着々とファンを増やしています。

今後はアニメもですがバラエティやイベントなどへの出演が増えそうな予感…!

 

声優アワード新人女優賞:七瀬彩夏

七瀬 彩夏(ななせ あやか)

  • 2015年デビュー(声優歴2年)
  • 1994年7月11日生まれ / 東京都出身(23歳)
  • 代表作:『僕だけがいない街』(オサム)、『かみさまみならい ヒミツのここたま』(ライチ)、『サクラクエスト』(木春由乃)

七瀬さんは2017年、町おこしを題材にした『サクラクエスト』で知名度を上げました。

しかしまだ出演作数は少なく、今回の受賞はむしろスタートです。

生き残るには美少女だけでなく少年役などでも活躍できるかがカギになるのではないでしょうか。

 

声優アワード新人女優賞:福緒唯

福緒 唯(ふくお ゆい)

  • 2015年デビュー(声優歴2年)
  • 1994年4月25日生まれ / 兵庫県出身(23歳)
  • 代表作:『異世界はスマートフォンとともに。』(リンゼ・シルエスカ)

メインでの出演がまだ6作という福緒さんは、『異世界はスマートフォンとともに。』のリンゼ役の演技とキャラソンが評価されての受賞のようです。

彼女が今年たくさんのアニメに出て売り出していきそうな声優No.1!

ヴィジュアルもいいですし、所属事務所81プロデュースが売り出す次の声優アーティストでは!?

 

第12回声優アワードのまとめ

去年は主演賞は男女ともに『君の名は』に出演した俳優が受賞したことを覚えている人も多いと思います。

今年は人気作品に出演した声優が受賞しましたが、どちらも俳優経験者で、やはり声優の枠にとらわれない演技力が求められているのかもしれません。

また助演ではベテランの諏訪部さんと並んで実力のある新人女優が受賞したのも興味深いです。

最近はデビューして1~2年で結果を出して伸びていく新人が多いですが、逆に言えば結果を出せなかった人は消えるしかないということでしょう。

今回新人賞を受賞した人たちの中でもすでに知名度などに差がありますが、はたして今後どうなるのでしょうか!?

ページトップへ