【閲覧注意】米ユーチューバーが樹海で自殺者を撮影……。彼の意図はなんだったのか

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


年末年始に来日していたアメリカ人ユーチューバーローガン・ポールさんのアップした動画が大きく問題となっています。

その動画の内容というのが、青木ヶ原樹海で自殺者の遺体を撮影していたというものです。

顔にはモザイクが掛けられていたのですが、遺体がはっきりと映っていました。

死者への配慮に欠けるとして、批判が殺到しているという状況で、現在は動画は削除されているのですが、世間からの批判が続いているのです。

今回は、その事件の詳細をまとめていきたいと思います。

【2018年決定版】イケメンユーチューバーランキングTOP10!

事件となったユーチューバーローガン・ポールとは

ローガン・ポールさんはインターネットセレブリティと呼ばれる、インターネット上で有名になった、アメリカ出身のユーチューバーです。

YouTubeでの年収は14億円と言われていて、かなりの人気ユーチューバーと言えるのではないかと思います。

アメリカの経済誌によるとFacebookに一回投稿すると15万ドル稼ぐとまで言われていてかなり影響力のある人物です。

動画は街中でのスタントやいたずらの内容が多くかなり破天荒な動画ばかりでやりたい放題している人物というイメージですね。

日本で言うところのやってみた系や体を張った動画内容となっています。

YouTube以外にもブランドの広告に出演していたりと、各方面で活躍をしていて、かなりの有名人という事ですね。

予想以上にかわいい♡2018ユーチューバー女性9選!!

問題となった樹海での動画について

ローガン・ポールさんは友人と2017年12月に来日しました。

そして、青木ヶ原樹海を散策し、男性の死体を発見しその様子を撮影。

12月31日にYouTubeに動画を投稿しました。

動画の中ではすぐに警察に通報し遺体の様子にショックを受けている様子でした。

しかし、

「これは、YouTubeの歴史に残る瞬間になる」

「これはすごくリアルだ」

と発言したり、冗談を言い合うシーンが動画の中に含まれていました。

この動画はYouTube上でかなりの再生数となったのですが、それに批判が殺到し動画は削除されてしまいます。

芸能人や他のユーチューバーからも不謹慎だとして批判が殺到しました。

「死者への配慮に欠ける」

「自殺を面白がっている」

「無神経すぎる」

日本で行った他のいたずら動画についても批判されることになります。

ローガン・ポールさんは謝罪文や謝罪動画をアップロードしたのですが、炎上は収まらない状況です。

というのも謝罪の動画をアップしたりはしたものの、あまり反省はしていない様子。

事件後にアップした動画では、池から救い上げた魚に心肺蘇生の真似事をしてみたり、死んだネズミに電気を流す動画などを投稿しています。

これらの動画も不謹慎であるとして、批判がさらに増えてしまっている状況です。

ローガン・ポールさんは破天荒な動画で人気が出ているので、今後の活動はかなり厳しくなってしまうのではないでしょうか。

批判がこないように、おとなしい動画ばかり投稿すると、あまり面白くない動画になってしまいそうです…

謎に包まれたユーチューバーラファエルの素顔と人気すぎる理由

謝罪の内容

謝罪動画などで行われた発言では、

「再生回数を稼ぐ為に動画を公開したのではありません。」

「ネット上に何かポジティブな影響をもたらせると思いました。」

「自殺防止を呼びかけたかったのです。」

「自分の動画にここまで大きな影響力があるとは思いませんでした。」

謝罪動画では涙目で自身の過ちについて後悔をしていました。

自殺防止を訴えたかったとのことですが、実際はどういった意図だったのでしょうか…

動画の中での発言は、自殺防止というしっかりした目的があるようなことを話していました。

しかし、正直なところ問題となった動画ではふざけている様子がはっきりとわかる内容でしたし、その後に投稿した動画も不謹慎な物です。

面白い動画を撮るためになんでもやってしまうというのはやはりよくない事だと思います。

動画を見て真似をしてしまう人もいるかもしれませんし、多くの人に迷惑がかかってしまいますから。

ユーチューバー草なぎが首位!ヒカキンも驚きの本気度

事件に対して行われた制裁

この事件に対しての謝罪は行われましたが、その後の行動なども含めて大きく問題となっています。

それを受けて、ローガン・ポールさんのチャンネルに対して広告の提携解除が行われYouTubeでの収入を得ることはできなくなってしまいました。

毎月約1億円の収入が失われるわけですから、かなりの損害になりますね。

しかし、これだけの損害があってもローガン・ポールさんにはほ他の大きな収入があります。

ローガン・ポールさんは多くの企業との広告契約でかなりの収入を得ていることがわかっているのです。

これでfacebookの投稿やインスタグラムの投稿で年間数百万ドルを稼いでいるとのこと。

さらに、自身のオリジナル衣料ブランド『Maverick』の売り上げも好調なようで、2017年から販売開始しています。

オンライン販売をしているのですが、月に数百万ドル以上の売り上げと予想されているのです。

そのため、YouTubeの収入が一切なくなったとしても充分な収入がある状態と言えるでしょう。

しかし、今回の事件をきっかけに企業との広告契約も減ってしまう可能性もあります。

広告に出ている人のイメージが悪いと、その企業のイメージも悪くなってしまいますからね。

さらに、オリジナルブランドについても、事件への抗議として不買運動などが行われればかなり売り上げも落ちてしまうでしょう。

これからの活動で復活できるかどうかが決まってくるのではないでしょうか。

不謹慎ではない本当に面白い動画を投稿し続ければまた人気も復活することでしょう。

オリジナルブランドもいいものを出し続ければ売り上げも確保できることと思います。

過激系ユーチューバーのジョーがスラム街で逮捕!?

日本で行ったいたずら動画の内容

来日した際にはかなりの迷惑行動を起こしていたようです。

  • ゲームボーイを購入し、それを地面にたたきつけて壊し、クレームを入れる。
  • 車にボールをぶつける。
  • 飲食店の店員にボールをぶつける。
  • 警察官にボールをぶつける。
  • 魚市場のカートに飛び乗る。
  • タクシーのトランク部分にに生魚とタコを乗せる。

などなど、かなり多くの人に迷惑をかけているのです。

これらの迷惑行為もかなり批判されていて、日本国内外問わず激しく批判されています。

投稿した動画には多くのコメントが寄せられていました。

しかし、炎上することで視聴数も増えるのでそれでさらなる収入を得るという炎上商法ともとれる状況になっているようです。

各地でローガン・ポールさんのYouTubeチャンネルを削除する要望の署名がかなり集まっています。

しかしながら、現時点でもまだYouTubeチャンネルは残っている状況です。

ユーチューバー(YouTuber)になるには?収入ランキングと危険リスク

迷惑ユーチューバーローガン・ポールまとめ

自殺防止のための動画と本人は発言していましたが、その真相はかなり怪しいものですね。

本人がかなりふざけた性格というのもあって、謝罪も含めた炎上商法ではないかと疑ってしまいます。

ユーチューバーの問題行動が相次いでいますが、今後こういったことがないように対策ができると良いのですが…

批判が増えたとしても、その批判で収入ができてしまうという状況になってしまっているのが問題ではないかと思います。

再生数が伸び悩んでしまった結果、炎上してでも再生数を稼ごうとする人が出てきてしまうかもしれません。

日本でも犯罪になりかねない内容の動画で強引に再生数を稼いでしまう人もいます。

これから、YouTube側や広告側でなんらかの対策をして欲しいものですね。

ページトップへ