BLNGの声優・細谷佳正が大活躍のわけは?担当キャラや天然という噂も検証

アニメ テレビ 芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最近たくさんのアニメで主役級の役を担当している声優・細谷佳正(ほそや よしまさ)さん。

知名度もどんどん上がっていて、男女問わずファンが増えているようです。

しかしそれと同時に、ネットでは様々なうわさが流れています。

声優も人気商売なので売れると勝手なことを言われるものですが、どうやら細谷さんが個性的なことは事実のようで……。

いろんなうわさが飛び交う細谷さんが、なぜ人気なのか、そして噂はそれぞれ真実なのか、様々な視点から検証してみました!

 

声優・細谷佳正ってどんな人?代表作は?

『鉄血のオルフェンズ』のオルガなどで知られる声優

細谷佳正さんは

  • 1982年2月10日生まれの36歳
  • 広島県尾道市生まれ
  • 2004年に声優デビューし、現在はフリーで活動中

の男性声優です。

これまでの代表作は、

  • 『ちはやふる』(綿谷新)
  • 『新テニスの王子様』(白石蔵ノ介)
  • 『君のいる町』(桐島青大)
  • 『進撃の巨人』(ライナー・ブラウン)
  • 『テラフォーマーズ』(膝丸燈)
  • 「Free!」シリーズ(山崎宗介)
  • 『アルスラーン戦記』(ダリューン)
  • 『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』(オルガ・イツカ)
  • 『亜人』(海斗)
  • 『覇穹 封神演義』(黄飛虎)
  • 『この世界の片隅に』(北條周作)

など。

多くのアニメで、男らしい人気キャラを担当していますね。

しかし実はデビューしてから7年間ほどは、ほとんど活躍らしい活躍はしていませんでした。

ここまでくるには、いろんな苦労があったのです。

2度も「のど」の病気で休業しつつも復活して大活躍!

実は細谷佳正さんは、これまでに2度ものどの病気で休業しています。

1度目はあまり知られていませんが、2度目となる2017年には多くの人気アニメに出演中だったため、いくつかの作品では代役も立てられました。

もちろんファンは心配する気持ちをTwitterなどにつづり、4か月後に無事復活したときは大いに喜びました。

そして細谷さんの声優としての経歴で、大きな転機となったことのひとつに、2014年の所属事務所からの独立があります。

この独立以降、細谷さんは多くの人気作品で活躍するようになりました。

といっても当時の所属事務所マウスプロモーションが悪かったのではなく、アニメより洋画の吹き替えに力を入れていた事務所だったことが理由でしょう。

細谷さんは独立してからアニメで印象的な役を次々と担当し、男性にも女性にも好かれていくようになりました。

 

細谷佳正の「BLNG」と「天然」のうわさは本当?

細谷佳正はBLへの出演はNG?

細谷佳正さんは1982年生まれの36歳。

声優でいえば前野智昭(まえの ともあき)さんや羽多野渉(はたの わたる)さんと同じ年です。

そしてこの年代で人気のある声優は、たいてい男性同士の恋愛を音声で楽しむBLCDへの出演経験がある人がほとんどです。

しかし細谷さんは、BLCDに出演したことがありません

若いころはもちろんのこと、人気声優となってファンからBLへの出演の要望が多く上がってからも出演していないのです。

フリーで活動している現在も出演していないとなると、おそらく細谷さん本人がBLをNGとしているのでしょう。

理由は本人にきかないとわかりませんが、ラジオなどでのトークを聴く限り、恋愛に関して特別な思い入れがあるらしい細谷さん

これは憶測ですが、役とはいえ男を愛するキャラクターに入り込めないのではないでしょうか。

このこと以外にも個性的な感性を見せる細谷さんなので、それらに折り合いをつけるためにフリーになったのかもしれませんね。

そしてその結果、新人男性声優のブレイクのきっかけとなるBLジャンルを通らずに人気となったのですから、その判断は正しかったようです。

細谷佳正は天然といううわさは本当か?

これは「本当です」と答えるほかないでしょう。

上にも書きましたが、細谷義正さんはかなり独特の感性の持ち主

かつオーラや占いといったスピリチュアルなものを信じているため、トークがついついそちら方面へ向かってしまうことが多いのです。

男性なのに美肌へのこだわりが強く、なぜか男性声優への誕生日プレゼントに肌ケア製品を選んだこともありました。

またあがり症でもあるようで、役での男らしい声からは想像できないくらい落ち着きのないしゃべり方をしてしまうことが、ギャップとなって余計にそういった印象を与えるのでしょうね。

特に5年目となるラジオ『天才軍師』では、トーク慣れしている相方の安元洋貴(やすもと ひろき)さんにフォローされる場面が多いです。

とはいえ2人の掛け合いはバランスがよく話題も豊富なため、なかなか面白いトークが聞けます。

最近では細谷さんも天然ぶりを自覚しつつ上手くトークを広げられるようになったので、初期よりずっと聞きごたえのあるラジオとなっていておすすめです。

 

声優・細谷佳正の魅力

男らしい声と演技、方言キャラ、スポーツアニメで活躍

細谷佳正さんについて、個性的な面ばかりに注目してきましたが、もちろん声優としての実力も充分です。

男らしい声と演技に定評があり、強豪チームのキャプテンや、一歩引いて主人公を見守る兄貴分など、男にも好かれるキャラクターを魅力たっぷりに演じます。

また細谷さんといえば、スポーツアニメ方言キャラの印象が強い人も多いでしょう。

細谷さんの出世作のひとつである『ちはやふる』での福井弁をはじめ、ネイティブの広島弁で熱演した映画『この世界の片隅に』『新テニスの王子様』の大阪弁キャラなど、これまで方言キャラは全部で6役!

方言が上手いというより、方言をしゃべる武骨でマイペースなキャラにぴったりなのでしょうね。

『ダイヤのA』(結城哲也)『ハイキュー!!』(東峰旭)など、スポーツ作品に多く出演しているのも、同じく力強いキャラストイックなキャラに合っているからだと思われます。

こういったキャラクターはアニメには重要な役どころなのですが、それを自然に演じられる中堅声優は意外に貴重。

だからこそ細谷さんはアニメ界で重宝されているのです。

 

今後も声優・細谷佳正の活躍に注目!

2018年も細谷さんは大活躍!

中でも注目してほしい作品はこの2つ!

地下ボクシングアニメ『メガロボクス』

地下の賭け格闘技「メガロボクス」で戦うジャンクドッグは、あえて負ける八百長試合で日銭を稼いでいます。

そんな彼が、最強のライバルと出会うところから、本気の戦いに目覚めていく物語。

『あしたのジョー』50周年記念のオマージュ作品です。

細谷さんの久々の主演作で、間違いないはまり役!

男臭さと運命的な出会い、そして本気の戦いは、男子でも女子でも熱くなれること間違いないでしょう。

『ゴールデンカムイ』純情マタギの「谷垣源次郎」役

そしてもうひとつが、大人気漫画をアニメ化した『ゴールデンカムイ』です。

こちらもバトルありギャグありグルメありで、男女ともに楽しめる作品。

細谷さんが声を担当する谷垣源次郎は、純情で寡黙な元軍人のマタギです。

また細谷さんの役にしては珍しく恋愛エピソードもあり、様々な面が楽しめるでしょう。

 

声優・細谷佳正の人気とうわさについてのまとめ

細谷佳正さんはBL作品に出演することなく、デビュー当時の所属事務所からも独立して、個性を生かして活躍する人気声優です。

素朴な役、武骨な役、力強い役などが似合うため、スポーツアニメや方言キャラで活躍してきました。

またそんな役とは全くイメージの異なった本人のキャラクターも「天然」と言われつつ愛されるようになり、さらにファンを拡大しています。

2018年は主演作『メガロボクス』や話題作『ゴールデンカムイ』をはじめ、引き続き出演中の『斉木楠雄のΨ難』、『新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION』、『覇穹 封神演義』などにも注目です!

ページトップへ