星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

雑学

Android5.1の2つの機能とデメリットとは?メモリリークが問題!?

投稿日

先日10日頃、Nexus6やNexus5向けに、Androidの最新OSである、「Android5.1」のOTA配信がスタートしました。

残念ながら、筆者の手元のNexus5には、まだアップデートが配信されていないのですが、ネット上では、早くもアップデートを行ったAndroidユーザーが、Android5.1のレビューを掲載しています。

「動作がすごく早くなった!」

といった喜びの声もある一方、

「メモリリーク問題が……」

といった、不具合を指摘する声もあるようです。

そこで今回は、ネット上の情報をもとに、新OS「Android5.1」の新機能と、現在確認されている導入のデメリットを解説します!

スポンサーリンク

アドセンス

Android5.1の新機能を紹介!

Android5.1

今回のAndroid5.1は、Android5.0のマイナーアップデートに当たるため、大きな変更が行われたわけではなく、細かいバグフィクスなどが主な変更点のようです。

それでは、そんなAndroid5.1の新機能の一部をご紹介しましょう。

Android5.1新機能① デバイス保護機能の追加!

ロック

Android5.1における最も大きな変更点は、OS自体にデバイス保護機能が追加されたことです。

この機能は、端末を盗難されてしまったときに、誰かが端末を初期化して使おうとしても、それまで使用されていたGoogle アカウントで認証しなければ使用できない、というシステムです。

スマートフォンの盗難というのは、実は世界的に非常に多く発生しており、日本における盗難件数も増加傾向にあります。

特に、スケジュールや連絡先など、スマホに多くの情報を入れているユーザーからすれば、情報漏えいを防ぐため、こういったデバイス保護機能は必要不可欠ですね。

ちなみに、これは新機能ではありませんが、Googleアカウントには、Android端末の位置を検索できる、「Androidデバイスマネージャ」という機能があります。

これは、予め端末側で設定をしておけば、万が一端末を紛失しても、パソコンから位置を検索できるうえ、着信音を鳴らす、画面をロックする、端末をリセットする、といった操作ができるようになります。

このデバイスマネージャを、今回の新機能であるデバイス保護機能と組み合わせれば、盗難対策はバッチリですね!

Android5.1新機能② インターフェースのブラッシュアップ!

スマホを持つサラリーマン

細かい部分を見てみると、Android5.1ではユーザインタフェースなどのシステム面も改良されているようです。

いくつか例をあげると、

・全体的に動作速度は向上している

・連絡先画面のレイアウトが、より見やすい配置に変更された

・Android5.0では細かったスクロールバーが太くなり、スクロールしやすくなった

・時計のアラーム設定にて、AMとPMを切り替えるボタンが実装された

といったような変更点が確認されています。

いずれにしても、Android5.0で微妙に使い辛かった部分が洗い出されており、細かい点でも、より使いやすいインターフェースとなったようです。

 

Android5.1アップデートによるデメリットは?

一方で、OSアップデートは決して良いことばかりではなく、アップデートによる不具合の発生など、新OS導入によるデメリットは必ず存在します。

次は、そういったAndroid5.1にアップデートすることによって発生しうる、デメリットを挙げていきます。

Android5.1デメリット① またもやメモリリーク発生!

スマホにキレ気味の男性

Android5.0リリース時のメモリリーク問題は記憶に新しいですが、残念ながら今回のAndroid5.1でも、メモリリーク問題は解決されていないようです。

メモリリークとは、なんらかの原因によってシステムメモリが解放されないバグで、使用し続けると不要なシステムメモリがどんどん蓄積され、アプリが使えるメモリ量が少なくなり、端末のパフォーマンスが低下してしまいます。

現在、このメモリリーク問題を解決するためには、端末を再起動し、手動でシステムメモリを解放するしかありません。

ちなみに筆者は、メモリリーク問題が今も未解決とされている、Android 5.0.1を使用中ですが、おおよそ数日でシステムメモリが800MBを超え、いくつかのアプリ動作に支障が生じ始めます。

もちろん、この状態になってしまったら、手動でシステムメモリを解放しなければいけないので、数日おきに再起動を繰り返すことになります。

Nexus5の場合、再起動は1分足らずで完了するため、個人的にはそこまで大きな負担とは感じていませんが、人によってはわずらわしく感じられるかもしれませんね。

Android5.1デメリット② アプリの対応状況に注意!

アプリが対応していないことを悲しむ男性

これはAndroid5.1が原因の不具合ではありませんが、まだAndroid5.1に対応していないアプリが数多くあるようです。

有名どころでは、「パズドラ」「ドルフィンブラウザ」などで、Android5.1へのOSアップデートをおこなったことにより、起動できないなどの深刻な不具合が発生していると、報告されていました。

ただし、「ドルフィンブラウザ」については、すでに修正アップデートが配布されており、「パズドラ」についても次回のアップデートで対応予定となっていますので、他のアプリもすぐに対応していくでしょう。

最新OSに飛びつきたいのは山々ですが、自分が普段使用しているアプリの対応状況を、あらかじめ確認しておくことも大切です。

 

まとめ

今回は、Androidの新OS「Android5.1」に関する情報について、次のようにまとめました。

≪メリット≫

・デバイス保護機能の追加によって、防犯性が強化されている

・細かいユーザインタフェースが改良されている

≪デメリット≫

・メモリリーク問題が発生する

・アプリ側のOS対応が遅れている

とくに、メモリリーク問題については、次のAndroid5.1.1では修正済みとの公式発表も有りますので、こういった問題が気になる方は、さらなるOSバージョンアップを待った方がいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-雑学