楽しんごが元相方のすぎはら美里と絶縁状態の理由を解明、訳ありすぎて恐怖…

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


オネェキャラでお馴染みのお笑い芸人楽しんごさんの元相方がヤバイと話題になっています。

楽しんごさんの元相方はすぎはら美里さんで、二人で『Mint姉弟』というコンビを組んでいました。

楽しんごさんがボケを担当してすぎはら美里さんがツッコミを担当し、テレビ番組などで活躍をしていたのですが、解散してしまいます。

そして現在は絶縁状態だというのですが、二人の間になにがあったのでしょうか。

今回は、楽しんごさんの元相方すぎはら美里さんについてと絶縁となった理由についまとめていきます。

楽しんごの元相方すぎはら美里とはどんな人物?

現在42歳の女性芸能人で、30種類以上の職業を経験していて一時期はAV女優として活躍をしていたこともあるそうです。

2007年に楽しんごさんと相方として『Mint姉弟』というコンビを組んでお笑い芸人としてデビューしました。

テレビ番組『エンタの神様』などに出演していましたね。

当時は楽しんごさんがすぎはら美里さんのことが好きだったようで、企画の中ですぎはら美里さんに告白するもフラれてしまいました。

このころは相方同士まだ仲が良かったようですね。

その後、楽しんごさんが芸能活動を休止するきっかけにもなった事件があり、コンビは解散してしまいました。

現在は西脇理恵の本名で活動をしていて、「特定非営利活動法人ミリタリーエアポート」というNPO法人の代表理事を務めています。

活動内容はお笑いチャリティライブを行ったり、チャリティイベントの企画・主催・公演を行う団体のようです。

昔から、人から相談を受けやすいタイプだったとのことで、それを活かして人の役に立つことがやりたいのでこの活動を始めたとのこと。

きっと色々な職業を経験してきたからこそできる、アドバイスなんかもあるのでしょうね。

楽しんごが経営する高級整体サロンの料金形態や口コミをチェック!癒されたい方【必見】

楽しんごとすぎはら美里の確執

コンビを組んでいたころは、仲も良かったようですが、ある事件をきっかけにコンビを解消することになってしまいます。

今でも、絶縁状態とのことなので、かなり溝は深いようですね。

どのような事件が起こったのか詳細をまとめていきたいと思います。

当時報道されていた内容

楽しんごさんが付き人を複数回殴り、全治二週間にもなるけがを負わせたという内容の報道がされました。

どうやらこの付き人というのが元相方すぎはら美里さんの友人だったようで

「私の大事な友人に拉致暴行し、全治2週間の怪我を負わせた為です」

このようにすぎはら美里さんは話しています。

それからというもの、『Mint姉弟』は解散し、絶縁状態が続いているようです。

楽しんごの現在(今)の年収が凄い!2億の車(ブガッティ)を所有!

「ラブ注入」は元々すぎはら美里のもの?

楽しんごさんと言えば「ラブ注入」のギャグの印象が強いのではないでしょうか。

このギャグが流行語大賞にノミネートされたことで、一気に楽しんごさんはブレイクしたといっても過言ではないでしょう。

しかし、この「ラブ注入」はすぎはら美里さんのギャグだったというのです。

楽しんごさんが

「ラブ注入、かわいい」

と元々発言をしていたそうなのですが、楽しんごさんがピン芸人としてテレビに出るようになったころに事件は起こりました。

深夜のバラエティ番組で楽しんごさんが「ラブ注入」をつかっているのを見てしまいます。

「ラブ注入」を勝手に使ったことに対して一切報告もなく、これに対してすぎはら美里さんは大変お怒り。

相方とはいえ、勝手に人のギャグを使うというのは良くない事ですよね。

すぐに楽しんごさんに、勝手に「ラブ注入」を使ったことを詰め寄るも、そのまま楽しんごさんのものになってしまいました。

結局、強引に「ラブ注入」を貰って行ってしまったという状況なのですが、この件はそれで許しているそうなのです。

テレビでも楽しんごさん自身でパクリであることを認めていますしね。

しかし、その「ラブ注入」が流行語になるなど、どんどんと人気になってしまい、すぎはら美里さんとしてはそれが面白くないようで、

「楽しんごにラブ注入をパクられた」

と最近になっても発言をしています。

そのことはすでに許しているとのことにもかかわらず、かなり根に持っているようですね。

その後、楽しんごさんの事件が起こり、絶縁状態になっていますが、暴露エピソードを話すなどしています。

楽しんごさんとすぎはら美里さんの因縁はかなり根が深いものとなっているようです。

楽しんごが高級車ブガッティ・ヴェイロンを購入して炎上!あまりにもマナーがなすぎる

楽しんご暴行事件の裏側

楽しんごさんが付き人を殴り、全治二週間のけがを負わせたという事件ですが、その事件の裏側が訳ありすぎて大変なことになっているんです。

事件から二ヵ月経った後に、その付き人は被害届を出しました。

事件が起こってからの行動が遅すぎるような気がしますよね。

被害届を出すなら、すぐに出すものなのではないでしょうか?

すぎはら美里さんとも知り合いの向井莉奈さんという方と、付き人が結託し、楽しんごさんを呼び出したそうです。

そこで、楽しんごさんに慰謝料として110万円を支払うように要求したとのこと。

その要求の中で危険な団体の名前も出して脅され、楽しんごさんは110万円の支払いに応じたようです。

これは完全に恐喝にあたるということで、楽しんごさんは恐喝で告訴をしました。

これだとどっちが悪いのかよくわからない状態となっていますね。

しかし、このタイミングで、楽しんごさんが包丁を持って付き人を追いかける様子や、ビンタをする様子がマスコミに流出しました。

どうやら、付き人や向井莉奈さんが、楽しんごさんと遊んでいるときに遊びで撮影したものだというのです。

この楽しんごさんのネガティブイメージをばらまくという内容には、すぎはら美里さんも関わっていたとのこと。

付き人と向井莉奈さんは、「ラブ注入」をパクられたことで因縁を持っているすぎはら美里さんに近づいたのでしょうか。

これにより、楽しんごさんはかなり厳しい状況になってしまいます。

ここまで陥れるとは、元相方がするにはひどすぎるのではないでしょうか。

事件が起こったことと、このイメージ低下とで、所属事務所から活動休止の処罰をうけてしまいました。

向井莉奈さんは、楽しんごさんからメールを受け取っていて

「これ以上脅されたら、死にたい」

という文面の者を受け取っていたようですが、向井莉奈さんはメールの「死にたい」の部分だけをマスコミに流したそうです。

それで、マスコミは事件を起こしてしまったことを悲観しているのではないかという内容の記事を掲載することとなりました。

楽しんごさんを陥れるために、ここまでするのかという感じがしますね。

とんでもなく恐ろしいことになってしまっています。

楽しんごさんが恐喝で告訴した後には、向井莉奈さんがあらためて楽しんごさんを呼び出し、

「恐喝された事実はないと言え」

とさらに楽しんごさんを脅したようです。

楽しんごさんは、恐喝はなかったとして、

「恐喝はでっちあげだった」

と報道されることとなりました。

マスコミはこれらの情報で楽しんごさんが悪いように報道することとなってしまったのですが、警察はそうはいきません。

しっかりと捜査を行い、向井莉奈さんと付き人を恐喝罪で告訴することとなるようです。

楽しんごさんが付き人を殴ってしまったのは事実ですが、そのあとの展開は楽しんごさんを陥れる作戦だったようですね。

なんとも恐ろしい裏側でした…。

楽しんごと元相方すぎはら美里の因縁まとめ

暴力事件をおこしてしまった楽しんごさんでしたが、裏側がこんなことになっていたなんて…

簡単に事件の流れをまとめると、

  • 楽しんごさんが付き人を殴ってしまう
  • 付き人は楽しんごさんに殴られたという事で被害届を出す
  • 付き人と向井莉奈さんが楽しんごさんを脅し慰謝料110万円を受け取る
  • 楽しんごさんが恐喝で訴える
  • すぎはら美里さんの協力もあり楽しんごさんの悪評を広める
  • さらに楽しんごさんを脅し、恐喝はなかったと言わせる

このような内容の事件となっていたようです。

付き人を殴って怪我をさせてしまったしまった楽しんごさんも悪いのは間違いないのですがその後の内容が怖すぎますよね。

怖すぎる事件にかかわっているとなっては、楽しんごさんとすぎはら美里さんの関係は修復不可能でしょう。

ページトップへ