星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ゲーム

任天堂とDeNAの提携理由は?マリオがスマホと新型ゲーム機NXに?

投稿日

3月17日、ゲーム業界に衝撃の走るある発表がなされました。

任天堂とDeNAが行った共同会見、その場で発表したのは、長らくありえないであろうと思われていた任天堂のスマートデバイス分野への進出。

なんと任天堂がDeNAと資本提携を結び、任天堂IPを使ったスマートデバイス向けゲームコンテンツを開発していくというものでした。

これにはゲームファンもかなり驚いたのではないでしょうか?

これまで頑なにスマートデバイス分野への接触を避けていた任天堂が参入を表明したわけですから、一体何があったのかと思いますよね。

今回の発表で語られた内容はどういったものなのか?

当記事では、任天堂とDeNAの資本提携によって、両社は何をゲーム業界へもたらすのかを探っていきたいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

任天堂とDeNAの提携!その理由とは?

マリオ2

今回の発表で一番驚きの多かった点は、やはり任天堂がスマートデバイス分野に進出することを決めたというところだと思います。

ゲームファンの間では、任天堂はスマートデバイス分野を嫌っている面があり、進出することは決してないだろうと考えられていたからです。

しかし、実は任天堂はスマートデバイス分野でのゲーム開発を嫌っていたわけではありません。

あくまでも任天堂がスマートデバイス分野において否定的な印象を持っていたのは課金を煽るようなガチャシステムです。

任天堂に、ヒット作が短期で移り変わっていくスマートデバイス市場に対応できるようなノウハウがあれば、もっと前に参入していたことは十分に考えられます。

ただ、そのノウハウがなかった故に参入に消極的だったのだと思います。

そこで、今回DeNAと提携するに至ったのではないでしょうか。

元々、任天堂には様々な企業からスマートデバイス分野での提携を持ちかけられていたそうです。

その中でもDeNAを選んだ理由は、スマートデバイス分野でトップクラスのノウハウを持っていたから、何度も任天堂に話を持ちかけてきたその情熱にあると岩田社長は語っていました。

任天堂はどういったゲームがスマートデバイス向けとして好まれるのか、また手早くリリースするための技術が不足しています。

一方でDeNAは任天堂が持っていないこれらのノウハウを持ち合わせています。

スマートデバイス分野に対して強いアドバンテージのあるDeNAと提携することでスマートデバイス分野に参入しようと考えたのでしょう。

近年ではWiiUの不振などで業績が悪化しており、新たなユーザー層の開拓が急務となっているだけに、"渡りに船"というタイミングだったのでしょう。

筆者としては、参入はもう少し早くに決断するべきだったと思いますが、過去を振り返っても仕方ありませんね。

ゲーム開発は任天堂が担当し、サーバ管理や、ゲームの運営はDeNAが行う形が主流となっていくだろうと思います。

 

新型ゲーム機「NX」発表!さらには新会員向けサービス!

任天堂オールスター

今回、任天堂は新型ゲーム機である「NX(コードネーム)」を発表しました。

DeNAとの業務・資本提携についての会見なので、ゲーム機の名前発表のみに留まりましたが、「NX」と関係のない場で、この発表をしたということは、任天堂が完全にスマートデバイスに舵を切るのではなく、ゲーム専用機にも強い想いを持っている証拠だと思います。

詳細は2016年に発表する、と語っていたのでどのようなものになるのかは、現時点では全くわかりません。

ちなみに、新型ゲーム機と言いましたが、細かい事を言えば、「NX」はプラットフォームなのでゲーム機の名前ではありません。

とりあえずは来年まで待ってください、ということですね。

さて、問題は次の発表内容です。

筆者的に会見の一番重要なポイントだったのではないかと感じたのは、クラブニンテンドーに変わる新会員制サービスを任天堂とDeNAが共同で運営するという内容です。

会員向けサービスを2社で運営するというのは、異例の事態なのではないでしょうか。

この新会員制サービスは、スマートデバイスとゲーム専用機を繋ぐサービスとして紹介され、サービスの対象には先ほど述べた「NX」も含まれるようです。

長らく続いてきたクラブニンテンドーに代わるサービスをDeNAと共同で開発するということは、DeNAとは長期的な関係を築いていくということにもなりますね。

では一体この新会員制サービスの何が重要なのか?と気になる方も多いのではないでしょうか。

この会員制サービスは、スマートデバイス向けゲーム開発とは、より重要案件であり、このサービスこそが任天堂とDeNAの提携の真の狙いといっても過言ではないと思っています。

会員制サービスを共同で運営する理由、それはスマートデバイス向けゲームのプラットフォームを立ち上げることではないでしょうか。

現在、スマートデバイス向けゲームのプラットフォームはアップルのAppStoreとグーグルのGooglePlayが独占している状況です。

実際に『パズドラ』や『モンスト』などのアプリゲームは上記の配信サービスから購入していますよね。

もっと言えば、ゲームだけでなくアプリ全体がそうです。

つまり、アップルとグーグルは、スマートデバイスにおけるアプリの流通と金融決済を牛耳っている状態なのです。

岩田社長は、

「提携は短期のプロジェクトではなく中長期視点で大きな事業にする」

と会見で語りました。

おそらくは、この大きな事業というのがアップル・グーグルとは別の第3のプラットフォームを立ち上げるということではないでしょうか。

アップルやグーグルに対抗して、日本での強力なプラットフォームを作る。

現在アプリゲームは、ゲームの課金率や方向性などの全てのルールを流通を握っているアップルやグーグルが定めています。

仮に任天堂が、アプリをきっかけにコンシューマ機への送客を成功させる仕組みを作ることができた場合、アップルやグーグルとしてはタダ乗りされているように感じるでしょう。

そのため、アップルやグーグルが自らに不利益になると判断した場合、新たにルールを作ってこうしたシステムを禁止してしまうかもしれません。

任天堂とDeNAは独自の配信サービスを整備することで、自らの戦略通りに事業を進めようとしているのではないでしょうか?

 

まとめ

今回行われた会見では、あの任天堂がDeNAと提携するという業界を揺るがすような内容でした。

この提携によって、ついにスマートデバイスを使ったゲームにもマリオやゼルダといった任天堂ブランドが登場することになるのでしょうか。

ただ、任天堂はマリオなどをそのままアプリゲームとして出すわけではなく、あくまでもスマートデバイス向けのゲームを作ると、言っていたので、コンシューマ機で発売しているようなスタイルのゲームとは、また違ったゲームとなるのではないでしょうか。

筆者的には、スマートデバイスの利点を活かしたゲームということであれば、「メイドインワリオ」や「マリオパーティ」のようなミニゲームがたくさんあるゲームを期待します。

間違っても、ガチャや課金を煽るようなスタミナ制のゲームだけは作らないでほしいです。

今回の事業提携がスマートデバイスゲーム界にどのような影響をもたらすのか、2社のこれからに注目していこうと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-ゲーム