海外にも梅雨ってあるの?世界の梅雨事情完全まとめ!

天体観測 未分類 雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


毎年春が終わりに近づき、夏を目前に控えた頃に気になるのが梅雨の情報

梅雨といえば雨の日が続き湿気でジメジメしますよね。

梅雨って日本だけの現象なのかな?と思ったり、梅雨のない場所に移住したいな、なんて思ったり…。

そこで海外にも梅雨があるのか調査してみました!

梅雨の由来

梅雨は漢字で「梅」の「雨」と書きますよね。

@kawasemi_zonosan)さんの投稿

梅という漢字が使われるようになったのは諸説ありますが、

  • 梅の実が熟す頃に降る雨」ということで中国では梅雨(ばいう)と呼んでいたという節。
  • 黴(カビ)が生えやすい時期に降る雨」ということで黴雨(ばいう)と呼んでいたが、カビでは語感が悪いため、同じ読みでつゆ時に熟す食べ物「梅」から漢字を取り「梅雨」になったという説。

主に上記の二節が「梅」という漢字を使うようになった理由として伝えられています。

昔から梅雨の時期は梅と深く関係していたことがわかりますね。

日本国内の梅雨

東西に長い日本列島では梅雨入りの時期が、沖縄県と東北では約1ケ月も異なります

沖縄県の場合梅雨入りの時期は5月初旬のGW明け頃からですが、東北では6月中旬頃から梅雨入りとなっています。

@mimu_mimuka)さんの投稿

おおよそ40日〜50日ほど続く梅雨。

梅雨入りする時期が異なることから梅雨明けする時期も地域によって様々です。

海外の梅雨事情!

梅雨がやってくる原因は毎年5月から7月にかけて日本列島を南から北上する梅雨前線のため

実はこの梅雨前線、日本の上空に限ったものではないのです!

中国や台湾、韓国、北朝鮮にまで伸びているため隣国にも梅雨があるんですよ。

・中国の梅雨

国土面積が広い中国では、全土で梅雨があるわけではなく、上海より南の地域のみ梅雨があるようです。

・台湾の梅雨

台湾の梅雨はその年によって多少時期に変動がありますが、一般的には5月中旬頃から6月中旬頃となります。

台湾の梅雨は日本の梅雨と同じで、湿度が高く、カビが生えるなど生活に師匠をきたすようです。

・韓国の梅雨

韓国の梅雨は一般的に6月下旬から7月下旬となります。

なんと年間降水量の約30%がこの時期に集中しているため、韓国での梅雨は貴重な水資源を貯める時期

@igoongging)さんの投稿

激しく雨が降ることがあるため、韓国の道は起伏が激しく、水害が起きないよう工夫されています。

 

梅雨前線の影響で隣国にも梅雨があることがわかりましたが、国によって梅雨がありがたい存在ということがわかりました。

特に韓国は坂道が多いため、日本とはまた違った梅雨を味わえるかもしれませんね。

海外で梅雨は珍しいが雨季がある!

梅雨がある国は日本の隣国に限られるようですが、様々な国で雨季が存在しています。

雨季とは一年のうちでもっとも降水量が多く、その状態が一ヶ月以上続く時期のことを指します。

@guamlovers671)さんの投稿

ちなみに雨季の反対の時期は乾季。

海外旅行を紹介している雑誌などでは一般的に乾季の時期に旅行することを推奨しています。

それでは、雨季のある国や地域を見ていきましょう!

・東南アジアの雨季

東南アジア全体で雨季は存在しますが、赤道を分岐点に雨季が訪れる時期が異なります

赤道に近い東南アジアの国々の雨季は平均的に10月頃から3月頃。

シンガポール、インドネシアなどがこれに当たります。

赤道から離れた東南アジアの国々の雨季は平均的に6月頃から10月頃。

タイ、ベトナム、カンボジア、マレーシア、フィリピン、ミャンマー、ラオスなどがこれに当たります。

・オーストラリアの雨季

オーストラリアは南半球に属しているため、日本とは気候が真逆になります。

オーストラリアの常夏のクリスマスは日本でも有名ですよね。

そんなオーストラリアの雨季は11月頃から4月頃の真夏に当たる時期。

期間がとても長いことに驚きますよね。

しかし、日本の梅雨のように一日中雨が降り続くのではなく、スコールのように突発的に降ってすぐに止むそうです。

・中東の雨季

中東の国々は雨があまり降らない国がほとんど

そんな中でも雨季があるのはイスラエルで11月から4月、シリアで1月から3月、イエメンで4月から5月、7月から9月となるようです。

・ヨーロッパの雨季

実はヨーロッパには雨季が存在しません

@sandracaspara)さんの投稿

というのも、ヨーロッパは一年中天気がはっきりしないような雨や曇りが多いんです。

・北アフリカ・東アフリカの雨季

ケニアやエジプトなどがこの地域に当たります。

雨季が二つに別れるのが特徴的で、3月から6月頃の大雨季と、10月から12月頃の小雨季があります。

それ以外の時期は全て乾季に当てはまります。

・西部アフリカの雨季

サハラ砂漠がある地域が西アフリカです。

@travelingpursuit…”さんの投稿

砂漠といえば雨が降らないイメージですが、この地域の雨季は6月頃から9月頃となることが多いようです。

・南部アフリカの雨季

南部アフリカに属するのは世界的に有名なヴィクトリアの滝があるジンバブエや南アフリカなど。

国によって大きく気候が異なるのがこの地域の特徴ですが、一般的に11月頃から3月頃が雨季となります。

・北米の雨季

この地域は雨季がはっきりしないようですが例年4月から6月頃までの間、雨が多く降るようです。

・中米の雨季

この地域に当たるのは、カリブ海に浮かぶプエルトリコ、ドミニカ共和国など。

@yuki.ddo)さんの投稿

雨季は5月から10月となり、特に8月から1o月はハリーケーンが到来するシーズンとなります。

・南米の雨季

この地域に当たるのは、世界的に有名なウユニ塩湖があるボリビアやマチュピチュのあるペルーなど。

11月から4月頃が雨季となります。

@etoile_hoshi…”さんの投稿

ウユニ塩湖は雨季の時期、「天空の鏡」と言われるほど美しい景色が広がります

 

まとめ

地域によって梅雨があったり雨季があったりと、バラバラなことがわかりました。

雨が降って面倒臭いと一般的に敬遠されがちな雨季ですが、場所によっては雨季にしか見えない景色が見えることも。

雨季を敬遠するだけではなく、その時期にしか味わえない景色を謳歌したいものですね。

ページトップへ