【2018年春夏】知っておきたいサンダルトレンドTOP5

未分類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


寒い季節が続いていたかと思えば、あっという間に暖かくなって、サンダルが必需品となって来ました。

さぁ2018年はどんなサンダルを履きましょうか?知っておきたいサンダルトレンドTOP5をご紹介します。

2018サンダルトレンド①Stella McCartney

大人気シリーズとなったStella McCartney・エリスシリーズから2017年はサンダルタイプが発売されていましたが、2018年はさらにバージョンアップ。

新作が続々と登場しています。

去年はシルバーに星の形がついたものなど、ポップだったりメタリック系だったりしましたが、今年のラインナップはシンプルです。

@stellamccartney)さんの投稿

エリスシリーズのいいところは、程よくヒールがあるので、背が高く見える・足が長く見える・スタイルが良く見えるところですが、もう一つ外せないのが「めちゃくちゃ歩きやすいこと」なんです。

↑の画像のブラック×ホワイトのトレンドは、良く見るとソールの部分が編んであるような素材で、シンプルながらも高級感は抜群、どこに履いて行ってもおかしくない一足です。

@stellamccartney)さんの投稿

2018年はなんとエリスシリーズにデニムバージョンがトレンドとして登場しました。

エリス×オクスフォードタイプの時は、デニムなんてなかったので、これはレアな1足です。

デニムの色は、濃いタイプではなく、鮮やかな青がとっても綺麗、サイドについた星のデザインにはボーダー柄が入っています。

@yoshirisaa)さんの投稿

芸能人の中では、歌手の大塚愛や女優&モデルの長谷川京子なども愛用のエリスシリーズ。

2018年もたくさんの芸能人がこのトレンドシューズを購入することは間違いありません。

1足は10万円程度とかなりお高いのですが、何年も履く…長い目で見れば、ここで奮発するのもありかもしれません。

@stellamccartney)さんの投稿

Stella McCartney2018年トレンドサンダルには、エリスシリーズだけでなく、↑のような全く新しいデザインのサンダルも登場しました。

外に出掛ける時、もしくはビーチでのんびりする時、サッと履けるタイプのサンダルが好きな方にはこちらがオススメです。

さすがStella McCartneyだけあって、デザインはやはり流石の一言。ありそうで他とかぶらないオシャレさ+高級感+履き心地は抜群です。

@stellamccartney)さんの投稿

2018年Stella McCartneyのサンダルは、豊作の年なのか…新作がたくさん登場しています。

↑のサンダルタイプが今年の最も注目すべきトレンドなのかもしれません。

今までのエリスタイプとは全く違う、NewTypeがラインナップしました。

エリスタイプが万人受けするとしたら、こちらは好みが分かれるかもしれません。自分が似合うのかどうか、自身はありませんが…やっぱりそこはStella McCartney、一度くらいは履いてみたいものです。

【厳選】タイのおすすめコスメブランド5選!美容大国発祥コスメの実力とは?に関する記事はコチラ

2018サンダルトレンド②Christian Louboutin

靴の女王様といえばChristian Louboutinですが、2018年はそんなルブタンから、ローヒールのトレンドサンダルが発売されています。

サンダル”Pyraclou”は今年1番の注目株で、デニム生地が使われたことで大人気に。あまりの人気で国内では既になかなか手に入らなくなっています。

@theshoesavant)さんの投稿

細かいデザインはどんな感じになっているのかな?と調べてみたところ、↑の画像の通り、カラフルな装飾は品があってめちゃくちゃ綺麗です!!やっぱりルブタンらしさは残されていましたね。

ルブタンといえば9㎝ヒールがシンボルですが、私はルブタンにここまで低いサンダルがあるなんて知りませんでした。

これなら今まで「ルブタンが欲しいけれどハイヒールはちょっと…」だった人にも、めちゃくちゃ履きやすそうな1足となりそうです。

@calzyshoes)さんの投稿

「いやいや、やっぱりルブタンはハイヒールじゃないとね!」という人の為には、ちゃんとハイヒールタイプも用意されています。

↑の画像の通り、品があってビンテージ風のデザインはため息が出そうな程素敵な1足に。

パンツスタイルに合わせても、靴の装飾部分が隠れないよう、ソール下部分に装飾を持ってくるところ…さすがルブタン粋な演出です。

@awfullybranded)さんの投稿

ローヒールとなったルブタンのサンダルのソールはやっぱり赤いの?と気になったので調べたところ、やっぱりソール部分は赤で変更はありませんでした。

これは嬉しいサプライズです。

「ルブタンはもう何足も持っている」という方にオススメしたいのは、↓の画像のミニローズがちりばめらたスリッポンタイプのサンダルです。

@louboutinworld)さんの投稿

デザインはまるでお花畑か何かのガーデンの中を歩いているよう。

普段使いはできないけれど、バケーションや家での休日に履きたい1足になっています。

【沖縄】那覇周辺のおしゃれなインスタ映えスポット7選に関する記事はコチラ

2018サンダルトレンド③Chiara Ferragni

2018年は待望の長男が誕生したばかりのChiara Ferragni。

イタリア出身のブロガーだった彼女が立ち上げたブランド「Chiara Ferragni(キアラ・フェラーニ)」は、大きな目玉がついた奇抜過ぎるデザインで、

最初は「これが本当にこんな高い値段で売れるのか!?」と不思議でしたが、今やセレブを中心に定番ブランドとして定着しつつあるから驚きです。

@chiaraferragnicollection)さんの投稿

そんなChiara Ferragniの新作、トレンドサンダルは奮発してでも手に入れていたい、オシャレな1足に仕上がっています。

赤と白のチェック…ただそれだけなのに、なぜかChiara Ferragniらしさはちゃんと出ています。

いつもの目玉のモチーフは、珍しく控えめにつけてあるようです。今回のこの新作、海やプールでももちろんのこと、街でも履けるのが嬉しいところです。

@chiaraferragnicollection)さんの投稿

ちなみに↑のサンダルは2017年に発売されたChiara Ferragniのサンダルです。

こちらの方がChiara Ferragniらしい雰囲気といった感じで、贅沢にもルームシューズとして使いたい1足です。

シックなグレーのペディキュアとも相性ぴったり。来年もどんなサンダルが出てくるか楽しみなブランドです。

2019年のゴールデンウィークがマジで10連休ォォの理由!?に関する記事はコチラ

2018サンダルトレンド④mikomori

人気スタイリストの安西こずえがプロデュースする、リゾートウェアブランドのmikomori(ミコモリ)は芸能人から大人気のファッションブランドです。

東京では表参道ヒルズの中に店舗を構え、価格はかなり高めではあるものの、長年スタイリストをやってきた彼女ならではのデザインや素材の良さは、なんとかしてでも手に入れてみたいものばかりが揃っています。

@mikomori_officialさんの投稿

↑の写真の女性がスタイリストの安西こずえです。

エネルギッシュでチャーミングな彼女の魅力が詰まったmikomoriでは現在のところサンダルは↓の画像の通りビーチウエアのみ、インポートもののセレクトとして置いてあります。

mikomoriで作られたものではありませんが、人気スタイリストが海外へ行って「これいい!!」と思って買い付けて来たものです。

@mikomori_officialさんの投稿

きっと彼女の選ぶものならば履き心地も抜群なはずなので、是非一度試してみて下さい。

2018サンダルトレンド⑤ZARA

高すぎるものは欲しくないor高過ぎるものは欲しくても手が出ないという人にオススメなのは、数年前から急激にデザインが良くなったZARAのサンダルです。

色んなブランドの新作等を取り入れて、いくつものデザインから採用されたものが商品化されているのか、3000円~10000円くらいまでの価格帯の割には、履き心地も悪くないし、デザインも◎です。

@zara)さんの投稿

人気ブランドMaruniやStella McCartneyの良いところを取り入れたような↑のデザインは、シックな日本の街ときっとマッチするはずです。

派手過ぎないカラーなので、色んなファッションとも合わせやすいですし、どことなく着物の時代に女性が履いていた下駄を彷彿とさせるなんとも言えない素敵な印象です。

@zara)さんの投稿

2018年トレンドサンダルと一緒に発売されているが↑の画像の麦わらバックです。

今年はZARAの他に、表参道を拠点とするNEWブランド「elendeek」などでも同じようなストローバックが発売されています。

こちらのバックは色んなタイプの素敵なサンダルに合わせやすいのでオススメです。

できればいいものを長く大事に

お金があまっていて、捨てる程あるわけではないけれど、安くて壊れやすいサンダルばかりをいくつも買うよりは、奮発して本物を手に入れ、いいものを長く大事にすると、心までが満たされてくれることがあります。

無理して高いものを買う必要はありません。

でも、もし「これだけは欲しい」と思ったのであれば、10年間、いや5年間、大事に履くことにするのも悪くないかもしれません。今回2018年トレンドサンダルとしてご紹介したものは、どれも師玉の1足になるはずです。

たまには自分にご褒美を。

ページトップへ