星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

新入社員の挨拶や自己紹介!名前と出身地と他に何を話せばよいの?

更新日 投稿日2015年03月31日

新入社員

桜の開花が始まり、4月から新たに社会人としてスタートされる方々は、新しい生活に期待もあり、不安も一杯ですよね。

新入社員として、避けて通れない最初の試練でもある会社での「挨拶」

就職活動の中での自己紹介とも異なり、今から悩まれている方も多いですね。

「挨拶」の場としては、配属先の部署での「挨拶」や、新入社員歓迎会での「挨拶」など数多くの場面が想定されます。

歓迎会での「挨拶」は、先輩や上司の方に注目され嫌でも緊張する場面です。

これは自己紹介を兼ねた「挨拶」ですので、ぜひ良い印象を残しておきたいですね。

このような、いくつかのシチュエーションの中で、初めて経験する「挨拶」を、上手に乗り切るためのポイントをいくつか紹介していきましょう!

スポンサーリンク

アドセンス

【新入社員の挨拶】話す時間は?

砂時計

社員数の多い大会社であれば、新入社員が自分一人ということは、ほとんどないと思います。

新入社員数名が交互に挨拶するわけですから、長々話すと聞いている側も飽きて、印象に残らないことも考えられます。

皆さんも、学生時代の校長先生などの挨拶で、話が長いと途中から内容が入ってこなくなった経験をお持ちではないでしょうか?

自己紹介などの挨拶も同じで、むやみに長くなってしまうと、上司や先輩から「話の長い人」「空気の読めない人」という印象しか残りません。

挨拶自己紹介基本として「簡潔明瞭」「短時間」を念頭に置いて話す事を決めておきましょう。

時間的には、3分以内に終わらせるのがベストですね。

 

【新入社員の挨拶】姿勢・目線・表情は?

新入社員の仕草

姿勢・目線・表情は、これから皆さんが仕事をしていくうえでも、非常に重要になってきます。

ポイントを押さえておけば、今後にも役立てることができますね。

新入社員の挨拶の姿勢

緊張からか、挨拶をする時に「猫背」「前かがみ」の姿勢のまま挨拶する人も多いですね。

「猫背」「前かがみ」で話すと声がはっきり出ません、見た目も「暗い」印象になりますから、これは、避けましょう。

すべてのシーンで、「背筋を伸ばして、目線をあげて」話すように心がけましょう。取引先の人との名刺交換挨拶のときも同様です。

手は、前にして利き手を下にして組むと良いですね。ぶらぶらさせていると「だらしない」イメージになりますので注意しましょう。

新入社員の挨拶の目線

姿勢の所で少し触れましたが、目線は落とさずに、正面をみて話しましょう。

目線を落とすと、姿勢も悪くなります。

沢山の人がいて、目線が定まらないときは、前の人から順番に、一人一人の方の顔を見ながら話してもいいですね。

そうすることによって、視線が定まらないことを防げると共に、目線が泳がなくなります。

新入社員の挨拶の表情

大手ファーストフード店のメニューに昔は載っていた「スマイル0円」

この、スマイルとは「お客様へのありがとう」という気持ちの表れだと思いますが、スマイルにより相手と自分の緊張がほぐれて、なごやかな雰囲気になりますよね。

挨拶の時も同じで、スマイルで自分の緊張がほぐれ、聞く側の相手にも「好印象」を与えることになります。

その場を「明るく、和やかな雰囲気」に変えてくれるスマイル。高評価にもつながります。


 

姿勢・目線・表情を少し変えたり、気を付けることによって、自分と相手の間に『ゴールデンモーメント』(直訳すると黄金の瞬間)が起こるでしょう!

 

挨拶に盛り込む内容

挨拶の内容

ここからが本題の、挨拶に盛り込む内容を考えていきましょう。

先輩や上司の方々は、型にはまった挨拶自己紹介は望んでいないでしょう。

盛り込む内容として、基本的な自己紹介の項目は忘れないようにしましょう。あとは、それに少しアレンジするだけです。

・自己紹介の基本項目 (名前、誕生日、年齢など)

・趣味や特技、最近ハマっていることなどを簡潔に

・入社・歓迎会への感謝

・仕事へ対しての意気込みと、先輩への指導のお願い

以上のことを盛り込みながら、自分の言葉で話しましょう。

新入社員の方で、先輩や上司に仕事の解らないことなどを「なかなか聞けない!」という意見を聞きますが、こういう挨拶の場を利用して、

「解らないことは、どんどん聞きますので、迷惑かけますが、よろしくお願いします」

などと、先手を打って、先に言ってしまうのも良い作戦ですね。

自分の苦手なことなどについて、先手をとって言っておくと、後で話が持ち出し易くなるというわけです。

オチにインパクトのある一言をさり気なく入れておけば十分ではないでしょうか。

名前、趣味、一言、これぐらいで3分ですね。趣味は先輩で同じ趣味の人がいれば、そこから人間関係が広がるかもしれません。

一言は、相手への印象をつける為のものですので、「キラーメッセージ」を入れるといいですね。

それ以外は、仕事の中などで、徐々にお知らせしていけば良いのではないでしょうか。

 

まとめ

新入社員の「挨拶」について、ポイントをいくつか紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

話す内容も大事かもしれませんが、最初の第一印象は、好印象を与えるものにしたいところです。

顔を合わせる回数を重ねるごとに、見た目よりも話の内容へと重点をおいていくようにもっていければ、良いのではないでしょうか?

難しく考えずに、「スマイル」「背筋」を伸ばして自信を持って挨拶してみてください。

きっと素敵な『ゴールデンモーメント』が生まれますよ。

新入社員の記事はコチラも良く読まれています!

新入社員が新人研修で学ぶ理由は早期退職の防止!その内容とは?

新入社員にありがちな失敗とは?先輩も経験した4つ失敗談を紹介!

新入社員の名刺入れ!男性に色や素材で人気のおすすめブランドとは

新入社員・新社会人の必須アイテムを紹介!名刺入れは準備した?

新入社員はスーツをいくつ必要?色や柄など選び方のポイントを紹介

新入社員のスーツの価格はいくら?お得でおすすめのお店を紹介!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-時事