世界のサーフィン好きが集まるバリ島!お勧めのポイントは?

スポーツ 未分類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


東京から約7時間の直行便で到着するインドネシアの楽園・バリ島

手付かずの自然や、世界遺産を誇るバリ島は世界中から多くの観光客が訪れます。そんなバリ島で人気のアクティビティがサーフィン

実は世界中からサーファーたちが波を求めバリ島に集うんですよ。バリ島情報と共に、有名なサーフポイントをご紹介します。

世界中から観光客が訪れるバリ島とは?

インドネシアにあり、州都はデンパサール。

バリ島周辺には大小様々な島が浮かんでいます。

@kanomayasa)さんの投稿

言語は島民間ではバリ語が使用され、公共の場では公用語であるインドネシア語が使用されます。

世界有数の観光地であるため、観光地やホテル、レストランなどでは英語が通じることがほとんど

また、日本人が多く訪れる場所では簡単な日本語が通じることが多いです。

ヒンドゥー教や仏教が融合し、バリ・ヒンドゥーが主な宗教ですが、最近はムスリムを信仰する島民も増えています。

サーファーたちの憧れ!バリ島のサーフポイント

自然が豊かなバリ島には初心者から上級者まで楽しめるようなサーフポイントが数多く存在するんですよ!

バリ島の気候は乾季(4月から10月)と雨季(11月から3月)に大きく別れます。

どちらの時期に行ってもサーフィンを楽しめますが、それぞれの時期で良いサーフポイントが変わって来ます。

@roman_gutikovさんの投稿

乾季:レギャンやクタ、ウルワツなどの西部がお勧め

雨季:ヌサドゥアやサヌールなどの東部がお勧め

特に世界中から多くの観光客が集まる夏は大混雑が予想されますが、その時期を避ければ比較的ゆっくりと楽しむことができるでしょう。

バリ島のサーフィン初心者向けサーフポイント

①クタビーチ

初めてサーフィンにトライする、興味はあるけどできるか心配!という方にお勧めのサーフポイントはクタ!

クタビーチはデンパサール国際空港からタクシーで約20分程で訪れることができ、アクセスの良さでも人気を集めています。

サンセットスポットとしても有名で、ビーチはいつも多くの人で賑い、バリ島でもっとも活気のあるビーチと言ってもよいでしょう!

@surfinginkuta)さんの投稿

 

サーフィン初心者は、波が穏やかで人の多いポイントを選ぶことが重要です。

クタビーチは、潮の満ち引きによって遠浅になり、海底が砂なので比較的安全性が高く、初心者でも楽しみやすいサーフポイント!

初心者向けのサーフィン教室も数多く存在しているので、お気に入りの先生を見つけてレッスンを受けると上達が早いですよ。

②スミニャックビーチ

クタビーチと比べると比較的サーファーが少ないのがスミニャックビーチ。

潮が引いている時間帯が初心者にお勧めです。

@hannahboom)さんの投稿

また、スミニャックビーチ周辺はお洒落スポットとしても人気!

ビーチ沿いにはたくさんのバーやレストランが立ち並びリゾート気分を満喫することだって可能です。

サーフィンに疲れたらビーチで乾杯!なんて贅沢な時間を過ごすことができますよ!

バリ島のサーフィン上級者向けサーフポイント

①ウルワツ

夕日が綺麗に見える寺院として有名なウルワツ寺院があるこのエリア。

周辺には高級ホテルが立ち並び、バリ島の中でも人気のリゾートエリアとして栄えています。

@surfinginkuta)さんの投稿

ウルワツのサーフポイントは難易度が高く、世界プロサーフィン・ツアーの大会がこの地で開催されました。

世界中のサーファーにとってウルワツの波は憧れのようで、この辺りに長期滞在するサーファーがとても多いのだとか。

②ヌサドゥア

政府によって開発されたヌサドゥアエリアは、専用のセキュリティゲートから出入りする必要があり、治安が保たれています

ビッグウェーブが起こるとコアなサーフファンから支持を集めているヌサドゥア。

@mermaidzita)さんの投稿

このエリアは陸からサーフポイントまで離れているので、船に乗ってポイントまで移動します。

大波に乗りたい上級者には、きっと忘れられない体験になるでしょう!

③スランガン

サヌールとブノア岬の間に位置する島で、本島と比べるとあまり開発が進んでいないため、のんびりとした雰囲気を味わえます。

スランガンには雨季に訪れることがお勧め!

@pannochka_vin)さんの投稿

穴場スポットとして人気のスランガンではレギュラーやグーフィーなど様々な種類の波を楽しめます

④マルタサリ

スランガンと同じく穴場スポットなのが、マルタサリ。

近年はサーフスクールができたため、サーファーの数が増えてきました。

マルタサリではカレントが発生して沖に流されるリスクがあるので、初心者がトライする際は必ず上級者と一緒に海に入るようにしましょう。

⑤バトゥボロン

ロングボーダーに人気なのがバトゥボロン。

@yuzen0411さんの投稿

潮が引いている時間帯だと岩が海面から出てきて危ないため、潮の満ちている時間帯を狙って行きましょう!

⑥トロトロ

デンパサール国際空港の滑走路の横に位置するのがトロトロと呼ばれるサーフポイント。

このエリアはカレントが起きる可能性が高いので、初心者だけで入るのは危険です。

しかし上級者には、ロングライドができると、人気を集めているスポットとなっています。

空港から近いのも嬉しいポイントですね。

バリ島でのサーフィン用具のレンタル

初心者がバリ島で少しサーフィンを楽しむために、日本から用具を購入して持っていくのは、色々と手間がかかりますよね。

初心者向けのサーフポイントのあるビーチでは用具をレンタルできることがほとんどです。

そこでレンタルするべき用具をご紹介します。

・サーフボード

波に乗るには必ずサーフボードが必要です。

ロングボード、ショートボード、ファンボードと3種類のボードがあるので、現地でレンタルショップの店員と相談して決めましょう。

・ウェットスーツやサーフパンツ

一年中温暖な気候が続くバリ島ではラッシュガードとサーフパンツを着用してサーフィンを楽しむサーファーがほとんど。

万が一の怪我や日焼けが心配という方はウェットスーツを着用すると良いでしょう。

・ワックス

ワックスとはサーフボードに安定して立つために必要な滑り止めのことをいいます。

@_fista)さんの投稿

特に初心者は安全のためにも、必ず使用するようにしましょう。

・リーシュコード

サーフボードとサーファーの足を繋ぐコード。

サーフボードが流されたり、サーファーが溺れることを防ぐために使われます。

まとめ

初心者向けのサーフィン教室も数多く存在するバリ島で安全に、サーフィンを楽しみたいものですね!

きっと忘れられない旅になるでしょう。

ページトップへ