【まとめ】育児漫画家・キュン妻がTwitterで炎上!脅迫・自演・エア家族の疑い…

文化人・著名人 漫画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


育児漫画というジャンルも確立されて、多くの主婦たちが自分の経験をもとにそれぞれの悩みや喜びを描いています。

そんな中でも、何度も旧2chをはじめネットを炎上させている育児漫画家が、『日刊ヤンデレ夫婦漫画』で有名になった“キュン妻”さんです。

キュン妻さんにはこれまでに、トレパクエア家族、そしてなんと未成年への脅迫の疑いまで!

何年も炎上し続けている育児漫画家・キュン妻さんの、これまでの過程をまとめました。

 

育児漫画家・キュン妻とは

キュン妻さんとは、2015年から「実話漫画」として夫である“けながいたち”さんと2人の息子との生活をブログで描き、2016年には単行本も発売した育児漫画家。

かつてはアメブロの公式トップブロガーで、長い間第1位を独走していました。

現在はライブドアブログに移転し、こちらで公式ブロガーとして活動しています。

その他、Twitterや育児サイトなどでも同様の漫画を発表。

キュン妻という名前の由来は、「ドSなヤンデレ夫にキュンキュンするドMな妻」で、育児ブログでありながら個性的な夫婦のエピソードにあこがれる人の方がたくさんいました。

一時はそれほどの人気を博したキュン妻さんですが、数々の問題行動などにより現在ではファンよりアンチの方が圧倒的に多いという状態です。

これまでも何度も炎上してきたキュン妻さんの問題行動について、解説していきます。

 

キュン妻問題行動まとめ①読者への脅迫DM

これはキュン妻さんへの不信感を最も高めた最初の炎上事件で、2chでも祭りとなりました。

当時キュン妻さんはイラスト投稿サイト「pixiv」でも作品を発表していて、そのコメント欄にコメントを書き込んだ人たちに、キュン妻さんからの脅迫めいたメール(DM)が届いたというのです。

そのDMのスクリーンショット画面をSNSにアップした人も現れ、ファンや読者は騒然。

アップされたDMには悪意あるコメントは削除し、運営に通報したうえ、名誉棄損で訴える方針である」ことが書かれていました。

しかし不思議なのは、DMを受け取った人たちは悪意あるコメントなどしておらず、むしろ好意的なファンコールを送っただけだというのです。

さらに「夫の顧問弁護士に確認済み」であるとし、警察への通報もほのめかす内容のDMを受け取った人もいました。

そのDMを受け取った人は、キュン妻さんの夫のけながいたちさんにTwitterで顧問弁護士の登録番号などを尋ねました。

訴訟や警察沙汰をほのめかされたのですから、当然ですよね。

しかし質問したとたん、「名誉棄損などの手続きはしていない」「DMは単なる注意喚起」というコメントをキュン妻さんが発表し、うやむやに脅迫DMの件を終わらせようとしたのです。

しかもこの件をあくまで、「自分には悪いところはなかったが相手が勝手に誤解しただけ」とし、謝罪にならない謝罪文を発表したことで、さらに読者のキュン妻への不信感が高まることになりました。

それ以降いまだに脅迫DM事件についてはまったく触れず、炎上したまま今に至ります。

 

キュン妻の問題行動まとめ②トレパク・エピソードの盗用

脅迫DMの一件からキュン妻さんや彼女の作品に対する批判的な見方が加速し、様々な粗が指摘されるようになりました。

その流れで炎上したのが、トレパクエピソードの盗用疑惑です。

もともとアニメや漫画のようなスペックの夫婦の恋愛エピソードで、人生経験の浅い10代の少女を中心にファンを獲得していたキュン妻さん。

しかし脅迫DMの件で本来のファン層以外の人たちからも注目されたため、まともな大人なら首をひねるような漫画の内容を検証する人が増えました。

その結果、多くの作品でトレースと思われる絵が見つかり、漫画やブログの育児エピソードも他サイトなどからの転用・盗用ではないかと疑われるようになったのです。

この転用疑惑は現在に至るまで尽きることなく、最近では

こちらのエピソードも、「出産 早い」の検索結果にある体験談と似ていることが指摘されています。

また、

こちらで描かれた幼稚園の制服も、「幼稚園 制服 ブレザー」で画像検索した際によく似た画像が出てきます。

かつこれらをはじめとするキュン妻さんの育児エピソードには、実際の経験者なら不思議に思う点があまりにも多く、そのことからまた別の疑惑が持ち上がっているのです……。

 

キュン妻の問題行動まとめ③エア家族疑惑

キュン妻とけながいたちのスペックと言動の矛盾

ここまで読んですでに気づいた方もいるかもしれませんが、キュン妻さんに関しては作品の粗がどうこう言うより、

そもそもどれも実録ではないのでは?

という疑惑が最も強いです。

元々、キュン妻さんのスペックが

  • 親に虐待され中学ではいじめられたがどM
  • 髪の色がピンクゴールド(最近ではピンクでないとの発言も)
  • 異常な色白でFカップの160cm47kg
  • 専門学校を卒業し、医療関係の国家資格持ち
  • 接客のバイトでも派遣事務でも異例の出世を経験
  • ストイックな努力家で家事も家計管理も完璧

というほぼ現実ではありえないか、見かけたら確実に特定できるもの。

それに最近アップしたキュン妻さんのコスプレ画像

こちらを見るに、どう考えてもそんなにスレンダーではありませんよね……。

さらに夫のけながさんは

  • ヤンデレどSで要潤似の190cm
  • 年中毎日ユニクロの黒のタートルネックを着用
  • ゲーム会社勤務で人の3倍仕事ができる有能プログラマー
  • 副業でライターもしていて、ちょっとした文字でも詳しく調べる習慣あり

のはずが、Twitterやブログなどで日本語の間違いが異常に多く社会人かどうかも疑わしいほどの無知

中でも有名なのは、けながさんのエッセイにおける

光悦を浮かべる君の顔

出典:『日刊ヤンデレ夫婦 365日愛を囁くヤンデレ夫の<キュン妻>観察日誌』

という表現です。

光悦(こうえつ)とは、日本では主に江戸時代の書家・芸術家の本阿弥光悦(ほんあみ こうえつ)のことで、辞書などにはそれ以外の記載はありません。

おそらく

恍惚(こうこつ)の表情

と書きたかったのでしょうが、そのことをSNSで読者からツッコまれたけながさんは、

と意味不明な説明をしたうえで、途中で自分の間違いに気づいてコメントを中止しました。

これらから判断すると、少なくとも有能なプログラマー兼ライターのけながいたちという人物はいないようです。

間違った育児情報?そもそも夫も子供もいない?

またここ数年のうちに、キュン妻さんは立て続けに間違った育児情報を育児情報サイトに掲載してしまいました。

竹書房の育児漫画サイト「すくパラ」において、公園遊びにポンチョを着ることをすすめる記事を描いたキュン妻さん。

しかし消費者庁からは、子供のポンチョが滑り台に引っかかったことによる死亡事故を例に、危険とされていました。

 

「すくパラ」は生地の改変・謝罪などの対応を行いましたが、これ以降もキュン妻さんの記事には間違った情報が含まれるものがあり、しかも謝罪が中途半端だったことから、多くの人々の反感を買いました。

このこと自体も問題ですが、はたして2人の子供を育てている母親が、こんなに間違った情報を広めるようなことをするでしょうか

この記事以外でもキュン妻さんの育児エピソードにはリアリティがなく、盗用と疑われるものも多いです。

そのため、本当は息子などいないのではないかという読者の追及に対し、キュン妻さんが証拠として家族写真をTwitterにアップしました。

写真……?

キュン妻さんは身バレしないための加工だといいますが、ここまで黒塗りされていては、人かどうかも怪しいですよね。

実際これまでも長男の写真として人形にしか見えないものをアップしたり、幼児のはずの次男の手の写真がどう見ても大人の手だったりという前例があります。

キュン妻が決して子持ちでないことを認めないわけ

周りからすれば、どう考えてもキュン妻さんは子持ちではないのですが、キュン妻さん本人は絶対にそれを認めようとしません。

その理由は色々と考察されていますが、おそらく「実録」の「育児漫画」ジャンルてブログをアップし続けないと、ブログ収入が激減するからではないでしょうか。

キュン妻さんのファンはまるで二次元のようなハイスペック夫婦が現実にいることをうらやんでいるので、実録でなくてはファンは離れます。

また、育児ジャンルでないとブログのランキングは下がってしまうでしょう。

そうすると、ブログ収入は激減すること間違いなしです。

キュン妻さんのこれまでのブログやTwitterでの言動を見るに、社会に出てまともに収入を得られそうには思えません。

おそらく彼女にとっては、ブログ収入が唯一の生きる糧なのではないでしょうか。

だからこそどんなにたたかれても炎上しても、生きるために毎日ブログを行使芯ているのでしょう。

ただ、それがいつまで持つかはわかりませんが……。

 

キュン妻の炎上についてのまとめ

キュン妻さんの炎上が終わらない理由は、このまとめを読んだだけでもわかっていただけたと思います。

しかしここには主なものをまとめただけで、細々としたネタはまだまだ数え切れないほどあるのです。

といっても、ここまでキュン妻さんが炎上したのは、決して自分の非を認めず、あいまいな謝罪(にもならない)文でごまかしてきたせいが大きいでしょう。

実際のところ、キュン妻さんが「実録ではありません!」「脅迫しました。すみません!」と認めて謝れば、今からでも炎上は収まると思います。

しかしこれも彼女の炎上商法かもしれませんし、それであればアンチはTwitterへのリプライなどもしない方がいいと思うのですが、いかがでしょうか。

ページトップへ