明石家さんまの愛車へのこだわり!驚異的な維持費や金額も公開…

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


明石家さんまさんの愛車がこだわりすぎててすごいと話題になっています。

明石家さんまさんはお笑いBIG3に数えられるほどの、日本でもトップクラスに君臨するお笑い芸人ですから収入もかなりのものとなっています。

そしてその収入に見合うだけのすごい車を乗っているのではないでしょうか。

年収が10億円近いとうわさされている明石家さんまさんですから、車にもかなりのお金をかけられるのではないかと思います。

そんな明石家さんまさんの愛車についてまとめていきたいと思います。

明石家さんまが現在乗っている車

現在、明石家さんまさんが乗っている車は『プリムス・バラクーダ』という車です。

かなりレトロな感じがする車ですね。

木村拓哉さんと出演した番組の中で登場して紹介されている車です。

この車はアメリカのクライスラーという車会社のプリムスというブランドで製造された車となっています。

1964年から1974年までの期間で製造された車という事で、40年以上前の車という頃になりますね。

2ドアの車で見た目のかっこよさから映画などでもよく登場する車です。

古いアメリカの車というだけあって燃費がかなり悪く、1Lで3~5kmほどしか走れないそうです。

しかし古い車ですが、運転のしやすさはとてもいいようで、走りやすく角なども曲がりやすいとても良い車とのこと。

かなり古い車というだけあって、中古でもほとんど見かけることがない車となっています。

中古で検索してみましたが、お値段は1000万円前後のようです。

アメリカでも人気の車のようなので、値段が高騰しているようですね。

さらに修理などもしないと乗ることが難しいと思うので、初期費用はもっと掛かるのではないでしょうか。

明石家さんまさんは、『プリムス・バラクーダ』を芸能界一の車好きと呼ばれる所ジョージさんから譲り受けた物とのことです。

維持費については、燃費も悪いですし、古い車なので修理などの費用もかさむのではないかと思います。

年間でもかなりの金額がかかっていることでしょう。

明石家さんまの弟の死…。不可解な謎が多すぎた事件の真相は?

明石家さんまが他に乗っている車

さすが芸能人というだけあって、車を複数台もっているようです。

もう1つ持っている車というのが、『シボレー・エルカミーノ』という車とのこと。

アメリカのゼネラルモーターズという車会社のシボレーブランドで製造している車です。

エルカミーノというのはスペイン語で道を意味するとのこと。

この車は1959年から1987年の期間に製造していた車となっていて、この車もレトロな車となっていますね。

明石家さんまさんが持っているのは1978年から1987年の期間で製造されていたモデルとのことです。

この車は映画『ボディガード』でケビン・コスナーさんが乗っていたものと同じモデルとのこと。

明石家さんまさんは、それにあわせて塗装も同じものにしたというのですから、こだわりもなかなかのものですね。

映画好きの明石家さんまさんらしいこだわり方だと思います。

この車も中古でもほとんど見つからない珍しい車で、安いものでも500万円で高いものだと1000万円もするとのことです。

ビンテージカーということで、アメリカでも人気があるとのことなので、これだけの値段になっている様子。

2ドアのピックアップトラックという形式の車で、後ろに二台がついているのが特徴の車です。

アメリカでは荷物をたくさん載せることができる車が人気とのことで、家族に一人はこの形式の車を持っていることが多くなっています。

この車も燃費がかなり悪く、1Lで3~5km程度とのこと。

「普通貨物自動車」という扱いになるので自動車税は安いようですが、燃費の悪さと修理費がかなりかさばる物のようです。

明石家さんまの年収を超暴露!10憶超え説を検証してみた結果

明石家さんまの過去の車

現在のっている車がかなりの名車ということがわかりましたね。

明石家さんまさんは過去に乗っていた車もかなり良い車という事がわかっているのです。

明石家さんまさんの過去の愛車を紹介していきたいと思います。

明石家さんまと元妻・大竹しのぶの離婚原因は性格の相性が最悪

過去の愛車『ベンツGクラス』

過去の愛車として有名なのが『ベンツGクラス』という車です。

ドイツの自動車会社メルセデス・ベンツで制作されている車で、ベンツと言えば高級車というくらいに有名な車ですね。

Gクラスというのはドイツ語でオフローダーを意味する「ゲレンデヴァーゲン」という意味だそうです。

つまり、ベンツのオフローダーの車という事ですね。

元々軍用車として開発されていた車の為、オフロード性能の良さがすごい高い車となっています。

ベンツというだけあって中古でもかなりの値段の車で1000万円近い金額の高級車です。

かなりごっつい見た目の車で、見た目通りの頑丈さと、性能の良さからかなりの人気車となっています。

芸能界でも大人気で、ベンツの高級感と性能の高さとSUVブームが相まってお金持ちの中で大ブームが来ているとのこと。

これまでの車とは違い燃費も良い方で1Lで6kmほど走れるようです。

車体自体が重たいので、どうしても燃費は悪くなってしまうのは仕方がない事ですね。

ちなみにこの車は2008年に放送された「FNS27時間テレビ」でビートたけしさんにペンキまみれにされてしまったのです。

明石家さんまさんの車は定期的にビートたけしさんにぼこぼこにされる運命なのですね…

明石家さんまさんの転んでもただでは起きないところはすごいですよね。

明石家さんまの神対応が凄い?本当の性格は悪い噂の真相とは

過去の愛車『ランドローバー・レンジローバー』

こちらも明石家さんまさんの車という事で有名な車となっています。

イギリスのランドローバーという自動車会社が製造している車で、かなりの高級車となっています。

ランドローバーの中の高級車という扱いになっていてトップクラスの高級車です。

こちらも大きめの車で、このころの明石家さんまさんは大きめの車が好きだったようですね。

この頃から、ビートたけしさんに車を破壊されるというのが恒例行事になっていて、毎年のようにボコボコにされていたのがこの車です。

中古車でも1000万円以上する高級車なのに、お笑いのために高級車を差し出せるというのはすごいですよね。

毎年破壊されていましたが、そのたびに修理していたとするとかなりの出費になってしまうのではないでしょうか…

ちなみに燃費はハイオク1Lで5kmほどと、大きな車だけあって燃費も悪い車となっています。

高級車だけあって修理費用もかなり高額な物となっていて、パーツの費用がかなりの高額となってしまうようです。

明石家さんまが裏でフジテレビに超激怒した理由や原因をチェック

明石家さんまの愛車まとめ

今のっている車はレトロなアメリカ車という事で燃費の悪さがすごいですね。

燃費もそうなのですが、古い車なのでメンテナンス費用もかなりの高額となってしまうのではないかと思われます。

故障した場所にもよるかとは思いますが、年間で100万円以上はパーツ交換の費用が掛かってしまうのではないでしょうか。

過去に乗っていた車はレトロではありませんでしたが、高級外車に乗っていてそちらもかなり高額な車でした。

大きな車なのでレトロ車よりは良いものの燃費も悪い車となっています。

さらに高級外車というだけあってこちらもメンテナンス費用がすごいかかってくるようです。

状況によっては今のレトロ車よりもお金がかかっていたのではないでしょうか?

どれだけお金がかかっても好きな車に乗るというのが車好きの証というところですね!

明石家さんまの超絶豪華な自宅事情!5億円かけた大豪邸がこちら

ページトップへ