インドネシアの楽園ギリ島まとめ!アクセス方法から文化まで

未分類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


インドネシアの最後の楽園ともいわれている「ギリ島」。初めてこの名前を聞く方がほとんどなのではないでしょうか?

日本ではまだあまり知名度がありませんが、欧米人の間では近年話題になっている島なんです。

この記事では近年欧米からの観光客を中心に賑わいをみせるギリ島の魅力に迫ります。

インドネシアの最後の楽園ギリ島とは?

欧米人を中心にパーティー好きの間で数年前から話題になっているギリ島

海外旅ブロガーのブログでは「東南アジアのベストアイランドランキングベスト10」によくランクインしています。

@thegiliway)さんの投稿

そんなギリ島はどこにあって、どうやってアクセスするのでしょうか?

透き通る青い海がクセになる!ギリ島ってどこにあるの?

ギリ島はインドネシアに属し、世界的にも有名な観光地・バリ島の隣に位置する小さな島。

よくギリ島と呼ばれますが、実はギリ・トラワンガン、ギリ・メノ、ギリ・アイルと3島から成り立っています。

@nyonyokecilさんの投稿

そのため、ギリ島と呼ぶ人もいれば、ギリ3島と呼ぶ人もいます

それぞれの島は自転車で1時間30分ほどあれば一周できてしまうほどの大きさ。ギリ島に訪れたらぜひ自転車をレンタルしてサイクリングしてみてください!

きっとあなただけのお気に入りのお店が見つかるかも?

ギリ島へのアクセス方法は4つ

ギリ島へのアクセスは主に4つ。

  1. バリ島のパダンバイ、サヌールもしくはアメッドまで行き、港からスピードボートでギリ島に行く方法
  2. バリ島のパダンバイまで行き、フェリーでロンボク島までアクセスし、その後スピードボートでギリ島に行く方法
  3. バリ島からロンボク島まで飛行機で行き、ロンボク島からスピードボートでギリ島に行く方法
  4. ロンボク島からスピードボートでギリ島に行く方法

バリ島からギリ島へ訪れる際は、①の方法が乗り換え等なく簡単で安心です。

尚、スピードボートのチケット代にはホテルへの送迎が付いていることがほとんど。

ただし、宿泊場所によってはホテルへの送迎が有料になることがあるので、ボート会社のホームページで確認してみてくださいね。

ギリ3島それぞれの魅力

旅行って誰と一緒に行くかによって過ごし方が変わってきますよね。

ギリ3島での滞在はどんな過ごし方をしたいかによって島を選ぶのがベター。

パーティー好きにはギリ・トラワンガン

ギリ・トラワンガンはギリ島でもっとも有名な島。

この島には欧米人を中心に世界中からパーティー好きが集まります

@pandawagilitrawanganさんの投稿

実はギリ・トラワンガンは別名“パーティーアイランド”と呼ばれているんですよ!夜になると島の至る所でパーティーが始まり、その賑わいは朝方まで続きます。

ギリ・トラワンガンならではのビーチパーティーは必見そのもの!もちろんギリ・トラワンガンの魅力はパーティーだけではありません。

雑貨や洋服だって購入でき、ショッピングだって楽しめちゃいます。おしゃれなカフェやレストランも数多くあり、ビーチサイドで食べるシーフードは絶品そのもの!

ロブスターや貝類など、量り売りされていてその場で調理してもらって食べることができます。新鮮なうちに食べることができると観光客の間でも話題なんだとか。

ハネムーンアイランドと呼ばれるギリ・メノ

ギリ島地元住民の間で“ハネムーンアイランド”と呼ばれ、親しまれているのがギリ・メノ

なぜ“ハネムーンアイランド”と呼ばれるようになったのかギリ島の地元住民に聞いてみると、「な〜んにもない島だからゆったりと時間を過ごせて最高なんだ。だからハネムーンで訪れる人が多いんだよ!」とのこと。

ギリ・メノでは毎日時間を忘れて、非日常の空間を満喫することができそうですね。

観光したいけどゆっくりしたいならギリ・アイル

ギリ・アイルはギリ・トラワンガンよりも比較的人が少なめで、落ち着いた雰囲気です。

@micheledorian)さんの投稿

長期で旅をしているバックパッカーはギリ・アイルの居心地がよくて、一度訪れるとはまってしまう人が多いのだとか。

内装に凝っているカフェやレストランが多いのもギリ・アイルの特徴です。

ギリ島の宿情報

なるべくお金を使わずに長期で旅をするスタイルのバックパッカーから、ハネムーンまで多種多様の目的で世界中から観光客が集まるギリ島。

ギリ島の宿は、ゲストハウスのような安宿であっても朝食が宿泊費用の中に入っていることがほとんど!

そんなギリ島の気になる宿情報をご紹介します。

①バックパッカー御用達の激安ゲストハウス

エメラルドブルーに輝く海とスローライフが魅力的なギリ島には、長期で旅を続けているバックパッカーがたくさん。

そんなバックパッカー御用達の宿がゲストハウスです。

ゲストハウスとは、大部屋に泊まるスタイルの宿のこと。

一般的には共同でキッチンやバス・トイレを使うことがほとんど。

宿泊者同士の交流が生まれやすく、フレンドリーなスタッフが多いのもゲストハウスの魅力です。

ギリ島には激安のゲストハウスが数多く存在していて、1,000円以下のゲストハウスがほとんど!

②南国気分を満喫できるヴィラ

ギリ島で南国を満喫したい人におすすめなのが、ヴィラタイプの宿

ヴィラとは一般的に、一棟建てで別荘のようにゆったりとくつろげるような宿のことをいいます。

@giliasahanecolodgeさんの投稿

ギリ島の魅力は激安のヴィラが数多く存在すること。安めのヴィラから高級ヴィラまでその種類は様々です。

安めのヴィラだと1部屋1,000円ほど!

島に到着すると、港には宿の呼び込みをする人がいるので部屋を見学させてもらってから決めるのも良いでしょう!

③個室にプールが付いているヴィラ

ギリ島には個室にプールが付いているヴィラもたくさんあります。プールを独り占めできるなんて夢のようですよね!

日本でプール付きのヴィラに宿泊するには莫大な費用がかかりますが、ギリ島では10,000円もあればプール付きのヴィラを選び放題。

こんな贅沢な体験がギリ島ではできてしまいます。

④高級ホテル

ギリ島は1時間30分ほどあれば自転車で島を1周できてしまうような小さな島ですが、高級ホテルだってあります。

高級ホテルといっても宿泊費は1泊20,000円以下であることがほとんどのよう。

日本と比べて物価の安いギリ島だからこそできる贅沢かもしれませんね。

ギリ島での交通手段

ギリ島には車やバイクなど、ガソリンで動く乗り物が存在しませんなんだか遥か昔にタイムスリップしたみたいですよね!

そんなギリ島での交通手段とは?

①ギリ島名物!フォトジェニックな馬車

公共の乗り物といえば、チドモと呼ばれる馬車

@anton.linstromさんの投稿

ギリ島名物のチドモは、島内に物資を運ぶためになくてはならない存在なんだとか。

気になる運賃は10分前後の乗車で約500円。運賃は交渉できるので、ぜひ挑戦してみてくださいね!

馬はそれぞれ違う装飾が施されていて、見ているだけでも楽しい気分になれますよ。ギリ島名物のチドモに乗ったらきっと一生の思い出になること間違いなし!

②ギリ島ではみんな自転車をレンタルする!

自分で好きに観光したい場合は、島の至る所で見かけるレンタルサイクルを利用しましょう。

ギリ島は砂利道が多いため、タイヤが太めの自転車を選ぶのがベター。

タイヤが細めの自転車だと、砂利に埋もれてなかなか前に進めないなんてことになりかねません!

ちょっと高く付いてもタイヤが太めの自転車を選びましょう。

ギリ島の驚きの文化!

車もバイクも走っていないギリ島には、きっとこの島にしか存在しないような驚きの文化が存在します!

イスラム教の島・ギリ島

ギリ島の左隣に位置するバリ島は、バリ・ヒンドゥー教を信仰している住民がほとんどですが、ギリ島はイスラム教を信仰している住民がほとんど。

そのため島を観光していると、モスクを見かけることができます。

@gpbachtiarさんの投稿

また、早朝になるとイスラム教徒のお祈りが島内放送で放送されます。

ギリ島の地元住民は熱心にイスラム教を信仰しているよう!

パーティーアイランドなのに警察がいないギリ島

ギリ島でもっとも栄えているギリ・トラワンガンはパーティーアイランドなのにも関わらず、警察が存在しないんです。

もし犯罪を犯した場合は、犯した犯罪の内容が書かれたカードをぶら下げて島内を歩かされます

この処罰はギリ島住民でも観光客でも関係なく行われるのだそう。

さらに、犯罪を犯した人は公開処罰されるだけでなく、5年間ギリ島に上陸できなくなります

地元住民の郷土愛によって治安が保たれているのでしょうか。

パーティーアイランドであるにも関わらず、警察なしで治安が保たれているとは驚きです。

ギリ島での過ごし方やアクティビティ

小さい島ながら、独特の文化を大切にしているギリ島

そんなギリ島での過ごし方とは?

ギリ島のエメラルドブルーの海に心を奪われる!

ギリ島に訪れたらぜひシュノーケリングツアーに参加してみてくださいね。

半日ほどかかるこのツアーは、1,000円ほどでギリ3島それぞれのシュノーケルポイントを回ることができ、大変お得です。

@fathomlesslifeさんの投稿

それぞれのポイントで観られる熱帯魚の種類が違うのもこのツアーの面白いところ。

きっとあなたも、エメラルドブルーの海に心を奪われてしまうことでしょう!

ギリ島でウミガメに出会える

ギリ島で一番栄えている島、ギリ・トラワンガンにあるのが「Gili Trawangan Turtle Hatchery」というウミガメ保護施設

この施設では、孵化した赤ちゃんウミガメを保護し、無事に育ってから海に放流しています。

そんなギリ島ではシュノーケリングをしていると、ウミガメに遭遇できることがほとんど。

このウミガメ保護施設はギリ島の名物観光地のうちの一つでもあります!

ギリ・トラワンガンの入り口である港からすぐそばにある施設なので、ギリ・トラワンガンの訪れた際はぜひGili Trawangan Turtle Hatcheryまで足を伸ばしてみてくださいね!

ギリ島のサンセットポイント!

ギリ島地元住民に島でのおすすめの過ごし方を聞くと皆口を揃えて「ビーチでサンセットを眺めてみて!」と言います。

高い建物がないギリ島ではサンセットを綺麗に見ることができますよ

ビーチに座ってお酒を片手にゆっくりとサンセットを眺めることができるのもギリ島の魅力のうちの一つ!

フォトジェニックなブランコが大人気!

インスタグラムでギリ島と検索すると、たくさん出てくるのがビーチにあるブランコの写真

ギリ島地元住民によって造られたフォトジェニックなブランコが数多く存在します!

@nathalicampos)さんの投稿

島内の至るところで見かけるブランコですが、どのブランコも写真を撮るために並んでいる観光客でいっぱい。

1人用のブランコからカップルや友人と一緒に写真を取れる2人用のブランコまで。ブランコによって装飾も異なるので、ぜひ全部制覇してみてくださいね!

星空に心を奪われる

ギリ島に訪れたらぜひ見て欲しいのが星空!

ガソリンで動く乗り物が存在しないギリ島は空気が澄んでいるのか、星がとてもよく見えます

パーティーに疲れたら、ビーチで星空を眺めるなんて贅沢な時間の使い方ができるのもギリ島ならでは。

ギリ島の地元住民もこの星空が大好きで、夜になったらビーチで恋人や友人と語り合いながら星空を眺めるんだとか。

ギリ島の地元住民が親切!

ここまでギリ島の魅力をたくさん挙げてきましたが、ギリ島の一番の魅力はなんといってもギリ島の地元住民。

ゆったりと時間が流れるギリ島では、価格競争が激しくない印象を受けました。

そのためか、地元住民もとてもゆったりしていて、金銭が絡まなくても親切にしてくれる人が多いです。

美しい景色や美味しいご飯ももちろん旅の思い出になりますが、地元住民との交流も旅の醍醐味になるのではないでしょうか。

まとめ

インドネシアの最後の楽園ともいわれているギリ島。

ギリ・トラワンガン、ギリ・メノ、ギリ・アイルとそれぞれの特色を持つ3島で心の赴くままにゆったりと過ごしてみては?

地元住民はとてもフレンドリーで親切な人が多いため気持ちよく滞在することができ、日頃の疲れや悩みが吹き飛んでしまうこと間違いなし!

ページトップへ