明石家さんまの若い頃が超絶イケメン!壮絶な生い立ちとは

テレビ 文化人・著名人 未分類 芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


お笑い界のレジェンドであり、テレビで見かけない日はないほど、子供からお年寄りまで大人気な明石家さんま

明石家さんまの特徴的な笑い方は視聴者の心を明るくさせてくれますよね。

また後輩芸人からも好かれていて、様々なタレントとの親交が深いことでも有名です。

そんな日本を代表するお笑い芸人・明石家さんまをネットで検索すると、「明石家さんま 若い頃」と気になるワードが!

このワードの真相に迫っていきます。

明石家さんまの若い頃の姿がイケメン!

お笑い、司会、タレント、ラジオパーソナリティーと幅広く活躍している明石家さんま

“さんまさん”の愛称で親しまれ、視聴者を楽しませることに全力を注いでいる明石家さんまですが、若い頃は“アイドル並みにイケメン!”と容姿を絶賛する声が多かったそうです。

以前結婚していた大竹しのぶとさんまさんが写っていますが、確かにイケメンですね。

目鼻立ちがはっきりしていて、女性ファンが多いのも納得させてくれるような一枚…。

ビールの広告塔だったときの一枚。日焼けした肌がとても爽やかです。今とあまり変わりませんね!

明石家さんまの愛車へのこだわり!驚異的な維持費や金額も公開…

明石家さんまの若い頃が壮絶!お笑い芸人を目指したきっかけが…

常に明るく、視聴者を楽しませてくれるさんまさん。

今の活躍の裏には壮絶なエピソードがありました…。

継母との埋まらない溝

いつも笑顔を絶やさず、視聴者を楽しませてくれるさんまさんですが、今の明るいさんまさんからは想像できないほど壮絶な生い立ちだったようです。

和歌山県で生まれ、兄と母、父の4人で暮らしていましたが、さんまさんが3歳の時に母親が病気のため他界

そしてさんまさんが小学高高学年のときに、父親が再婚しました。

父親の再婚相手には連れ子がいて「年の離れた弟ができた」と、兄しかいなかったさんまさんは大喜び

実の弟のように可愛がっていたさんまさんですが、父親の再婚相手である継母との溝は埋まらなかったそうです。

継母はさんまさんに対して遠慮がちで、実の子供のことばかり可愛がっていたんだとか。

@1tenchan0)さんの投稿

そんな継母との溝を埋めるためにさんまさんは毎日面白いことを考えては、継母を笑わせる努力をしていました。

しかしそんなさんまさんの努力も虚しく、継母がお酒に酔い「うちの子はこの子(連れ子)だけや。」と言っているのを聞いてしまったさんまさん。

この一件がトラウマになり、さんまさんはお酒もお酒を飲む女性も苦手になってしまったんだとか。

しかし、継母を笑わせることを必死に考えていたことがきっかけになり、お笑い芸人を目指すようになりました。

明石家さんまが可愛がっていた弟の死

その事故が起きたのはさんまさんが無事にお笑い芸人として波に乗っていた頃。

可愛がっていた弟が19歳のときに火事が原因で亡くなるという不慮の事故が起きました。

この出来事が原因で、さんまさんはショック状態に陥り芸人を辞めようかと思い詰めることもあったそうです。

しかし、そんなさんまさんを近くで見ていた同期の芸人・オール巨人が舞台上で弟の死をネタにし、いじるという事態に。

他の人なら激怒してもおかしくない状況ですが、さんまさんはオール巨人が「自分を励ましてくれてるのだ!」と感じ、つっこみで返しました。

@kentarou_n)さんの投稿

この一件がきっかけで徐々に弟の死を乗り越え、芸人として生きていくことに迷いがなくなりました

今のさんまさんの活躍の裏にはこんな壮絶なエピソードがあったのですね。

普通の人だったら立ち直れないほどの出来事でも、活力に変えていくさんまさんはやはりすごい…。

明石家さんまの弟の死…。不可解な謎が多すぎた事件の真相は?

明石家さんまの若い頃のキャリア

今でこそ大人気のさんまさんですが、若い頃のキャリアはどうだったのでしょうか?

明石家さんまは若い頃落語家だった!?お笑い芸人に転身したきっかけ

実はさんまさんは、落語家の笑福亭松之助に弟子入りし、「笑福亭さんま」として、活動していました。

しかし当時のマネージャーが、本来人見知りのさんまさんが人と関わることで別人のように輝く姿を見て、お笑い芸人に転進させることに。

そこから目立つために、赤いスーツを着てお笑い芸人としてのキャリアをスタートさせたさんまさん。

ちなみに「明石家さんま」という芸名の由来は、落語家時代の師匠である笑福亭松之助の本名である松之助の苗字から取りました。

明石家さんまと元妻・大竹しのぶの離婚原因は性格の相性が最悪

明石家さんまの名前が世に浸透したきっかけは?

アイドル並みの容姿で関西中心に女性ファンが多かったさんまさんですが、関東でも知名度をあげるきっかけになったのが、当時絶大な人気を誇っていたお笑い番組「俺たちひょうきん族」と「笑っていいとも!」。

@sanma_santaku)さんの投稿

この2つの番組に出演したことがきっかけで、全国的に知名度をあげることに成功しました。

ビートたけしやタモリさんとのやりとりが絶妙だったんだとか。

そして、数々の人気番組に出演し、冠番組を持つようになるなど、一気にスター街道を駆け上がっていったさんまさん。

こうして今のさんまさんが出来上がったんですね。

壮絶な幼少期をの思い出をバネに、ここまで駆け上がっていったさんまさんを尊敬してしまいます。

明石家さんまの超絶豪華な自宅事情!5億円かけた大豪邸がこちら

まとめ

テレビで見かけるといつも笑っていて、どんな時でも視聴者を楽しませてくれる明石家さんま。

若い頃の壮絶なエピソードを笑いを変えてしまうなんて、並大抵の人にはできないことです。

後輩芸人や、数多くの芸能人からさんまさんが愛される理由がわかった気がします。

さんまさんには今後も視聴者を笑わせ続けていってほしいですね。

ページトップへ