台湾をディープに感じるなら夜市に決定!台北市の夜市7選

イベント グルメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


日本各地から直行便が運行していて、東京から約5時間弱で到着する台湾。親日の人も多く、日本人からとっても人気のある海外旅行先のうちの一つに挙げられる国ですよね。

そんな台湾で必ず訪れたいのが「夜市」。

この記事では台湾で訪れるべき夜市についてご紹介していきます。

台湾の夜市ってなに?

夜市(よいち)とは夕方から真夜中にかけて営業している屋台、露店のこと。

夜市は主に東南アジアや中華圏などの暑い地域で営業しています。

@sallllllyyyy_)さんの投稿

暑い地域では人々が昼間の暑さを避け、夜に行動するため、夜市文化が発展しているのです。

台湾は沖縄より南に位置していて、日本の東京よりも平均気温が高め。そのため台湾では夜市が発展していて、観光名所にまでなっているのですね。

夜市でしか味わえない様なグルメやお安めの雑貨、洋服なども目白押し!もちろんお土産も購入できてしまいますよ。

台湾のおすすめ夜市

夜市文化が発展している台湾では、数多くの夜市が存在しています。

その中でもお勧めの夜市7選はこちら!

①台湾の夜市で一番大きい士林夜市

台湾の夜市と言ったら外せないのが、士林夜市(しーりんよいち)

この士林夜市は台湾の夜市の中で一番大きい夜市なんですよ。

@thaiairways)さんの投稿

そんな士林夜市は「この夜市で揃わないものはない」と言われるほど、何でも揃います。

何でも揃う士林夜市ですが、特によく見かけるのが B級グルメ、洋服屋、アクセサリーショップ、香水屋など。

得にB級グルメは数多くの店が軒を連ねていて、どのお店を選んだら良いのか分からないほどです。

そんな時は、行列のできているお店に足を運んでみてくださいね!

きっと最上級のB級グルメに出会えるでしょう。

  • 名称:士林夜市
  • 住所:台北市士林区
  • 営業時間:17:00頃~深夜1:00頃
  • 休業日:店舗によって異なるが旧正月辺り

②グルメな人にお勧めなのが寧夏路夜市

数多くある台湾の夜市の中でも、特に美味しい飲食店が多いと評判なのがこの寧夏路夜市

他の夜市と比べて、面積は狭目なので効率よく回ることができます。

@chinaairlines.usa)さんの投稿

そんな寧夏路夜市で特に美味しいと有名なのが、「方家」の“鶏肉飯”。

鶏肉がジューシーでご飯と良く合うんだとか!

寧夏路夜市に訪れたらぜひ召し上がってみてくださいね。

  • 名称:寧夏路夜市
  • 住所:台北市大同区寧夏路
  • 営業時間:18:00頃~深夜3:00頃
  • 休業日:なし

③台湾の二台夜市のうちの一つ饒河街観光夜市

士林夜市と饒河街夜市は台湾の二台夜市と呼ばれています。

この夜市の特徴はお祭りの様な雰囲気が漂っていること。

訪れた観光客からも「活気がある夜市」と評価され、人気を得ています。

@sushisushisoshi)さんの投稿

そんな饒河街夜市ではB級グルメから洋服、生活雑貨などが取り揃えられていますよ!

饒河街夜市でお勧めのグルメは「福州世祖胡椒餅」!

こちらの胡麻餅は観光ガイドでもよく紹介されていて、行列の絶えない人気店です。

フランスパンの様にパリパリな生地に、黒ごまがきいた豚のあんがマッチしてとてもジューシー!

一度食べたら病みつきになってしまいます。

作り方も独特で、底の深い釜に胡麻餅をペタペタと貼り付けていく様子を目の前で見ることができます。

待ち時間でさえ楽しめる「福州世祖胡椒餅」お勧めです!

  • 名称:饒河街夜市
  • 住所:台湾台北市松山区饒河街
  • 営業時間:17:00〜深夜1:00頃
  • 休業日:なし

④台湾人の若者に人気の師大夜市

師大夜市は近場に大学があるため、台湾人の学生がよく足を運ぶ夜市

面積は他の夜市と比べて小さめですが、コンパクトながらも最先端のファッションが揃います。

女性は特に、この師大夜市で洋服を見てみてくださいね。

日本にはないような凝ったデザインの洋服が見つかるでしょう。

飲食店も他の夜市とは違い、クレープ屋さんやパン屋さんが軒を連ねているんだとか。

@ben_benson)さんの投稿

そのため他の夜市とはまた違った熱気や雰囲気を味わうことができます。

靴やおもしろ雑貨、スマートフォンアクセサリーなどまで揃うのでぜひ足を運んでみてくださいね。

  • 名称:師大夜市
  • 住所:台北市大安区龍泉街付近
  • 営業時間:18:00頃~深夜1:00頃
  • 休業日:なし

⑤有名観光地からすぐ!臨江街観光夜市

台北101の近くに位置するのが臨江街観光夜市

オフィスも多くある地域にあるため、仕事帰りの台湾人も足を運びます

@withmiasorella)さんの投稿

現地の台湾人は仕事帰りにこの臨江街観光夜市で、お腹を満たす人が多いんだとか。

グルメ以外にも洋服屋や雑貨屋などもあり、様々な年代の人が楽しめるような夜市です。

そんな臨江街観光夜市でもっとも行列が絶えないのが焼き小籠包の「上海生煎包」。

観光客のみならず地元の台湾人も、モチモチの上海生煎包を絶賛しています。

  • 名称:臨江街観光夜市
  • 住所:台北市大安区臨江街
  • 営業時間:18:00頃~深夜1:00頃
  • 休業日:なし

⑥シーフードを楽しむなら遼寧街夜市

どちらかというと小規模なのが遼寧街夜市

観光客にはあまり有名ではありませんが、地元の台湾人で賑わいをみせています

@joshchi)さんの投稿

この遼寧街夜市には「シーフードが美味しい!」と評判の「鵝肉城活海鮮」があります。

水槽に入ったシーフードから好きなものだけを選んで、調理してもらうことができるので、観光客にもおすすめ!

お値段も日本でシーフードを食べるよりも、お安いのでお得感がありますよ。

  • 名称:遼寧街夜
  • 住所:台北市大安区遼寧街
  • 営業時間:17:00頃~深夜1:00頃
  • 営業時間:なし

⑦ゲテモノ料理を楽しむなら華西街観光夜市

この華西街観光夜市には、日本でなかなか味わえないような蛇などのいわゆるゲテモノ料理を楽しむことができます。

この華西街観光夜市はを歩いていると、ガラスケースに蛇が入れられているお店があったり、蛇専門の飲食店があったりと異国の雰囲気を感じずにはいられません。

@asancyu04)さんの投稿

蛇料理を食べるのは勇気がいるという方は散策だけでもおすすめです!

きっと台湾の食文化をディープに感じられることでしょう。

  • 名称:華西街観光夜市
  • 住所:台北市萬華区華西街
  • 営業時間:16:00〜o:oo
  • 休業日:なし

まとめ

台湾の夜市の魅力お分りいただけましたか?

夜市と一口に言っても、グルメで有名な夜市、最先端のファッションアイテムが揃う夜市、台湾人の若者が集まる夜市、ゲテモノ料理に挑戦できる夜市など、それぞれ特色がありますよね。

台湾に行ったら、夜市に訪れてみてくださいね!

ページトップへ