ホーチミンの治安情報。日本人が巻き込まれやすい犯罪とは

時事 雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


日本各地から直行便が運行していて、東京から約6時間前後で到着することもあり、人気な海外旅行先ベトナム。

南北に長く、世界中から観光客の集まる観光地が多いベトナムですが、ベトナムの経済を牽引していると言われている都市がホーチミンです。

ホーチミンには1859年から始まったフランス統治時代の面影を残した建物が多数残っていて「東洋のパリ」と呼ばれることも。

日本人観光客も多いホーチミンですが、観光の際に気をつけなければならないことがあります。

それはホーチミンの治安

世界の中でも上位に入る治安の良さを誇る日本に住んでいると、具体的にどんな危険が潜んでいるのか想像しにくいですよね。

そこで本記事では、日本人がベトナム・ホーチミンの治安で気をつけるべきことをご紹介していきます。

ホーチミンの治安ってどうなの?

ベトナム最大の商業都市であり、経済を牽引しているホーチミン。

日本と比べるともちろん治安が良いとは言えませんが、世界的に見ると「夜間に女性が一人歩きできる程度」という統計もあるようで、治安が良い部類に入ります。

@__di_ana___)さんの投稿

しかし、実際にホーチミンで日本人が犯罪に巻き込まれる案件が多発しているのです。

日本人にも人気の高いホーチミン旅行。果たしてどんなことに気をつければよいのでしょうか?

特に気をつけるべきことを4つご紹介していきます。

ホーチミンで日本人が巻き込まれやすい犯罪①ひったくりとスリ

日本人がホーチミンでもっとも巻き込まれている事件がひったくりとスリ。

庶民の足がバイクであるホーチミンは老若男女問わず皆、バイクに乗っています。

人通りがある道だろうと、人通りがない道だろうとひったくりが頻発していて、特に日本人は狙われやすいよう。

実際、一通りが多くベトナム人も外国人も周囲にたくさんいたのに、ひったくられたという事件も相次いでいます。

@ssendoda)さんの投稿

一方スリに関しては、人混みの中で起きやすいと言えます。

市場やクラブ街など特に注意したい所です。

先ほど、世界的に見ると「夜間に女性が一人歩きできる程度」という統計もあると説明しましたが、やはりおすすめはできません。

そういった統計があるのは事実ですが、必ずタクシーを使うようにしましょう。

ひったくりやスリにあわないための対策として、ひったくりに関しては、バッグは肩紐を斜めがけした上で、両手で抱えて持つようにしましょう。

貴重品を裸で持ち歩いたり、ポケットに入れないことも肝心です。

スリに関しては、必ずファスナーの閉まるバッグを使うようにして、両手で抱えるように持ちましょう。

また、荷物を自分の視界が外れる位置で持たないことも非常に重要です。

ホーチミンで日本人が巻き込まれやすい犯罪②賭博

日本ではあまり聞きなれない言葉ですが、ホーチミンでは外国人を狙った賭博が頻発しています。

その誘い方とは「絶対に勝てるトランプゲームがある」、「一緒に組めば絶対に負けないトランプゲームがある」など。

“トランプ”という言葉が出てきたら100%賭博であるとみて間違いないでしょう。

@fortyn9ne_ford)さんの投稿

最初の数回は本当に勝てますが、最後には絶対負ける仕組みになっています。

持参した現金だけでなく、キャッシュカードで全額お金を引き落とすまで解放してもらえず、中には暴行を受けた人もいるよう。

絶対に甘い誘惑には裏があります。

着いて行ってしまたらそれが最後。少しでもおかしいと感じたらその場を去るようにしましょう。

ホーチミンで日本人が巻き込まれやすい犯罪③売春

東南アジア全般で言えることですが、外国人を狙った売春が横行しています。

売春婦との出会いは、バー、クラブなど至る所に溢れているのが実情。

ホテルに到着してシャワーを浴びている間に貴重品を全て盗まれてしまう案件が多発しています。

また、警察に見つかると罰金を取られた挙句、強制送還されてしまうことも…。

日本ではなかなか売春に被害にあうことはありませんが、ホーチミンでは多発しています。

気をつけるようにしましょう。

また、あまりにも安い宿の場合、売春宿となっていることがあります。

ホテル予約サイトで口コミを事前に確認し、売春宿でないことを確認してからホテルを予約した方が無難です。

ホーチミンで日本人が巻き込まれやすい犯罪④iPhone狙いのひったくりやスリ

近年スマートフォンの中でもiPhoneを狙ったひったくりやスリが多発しています。

iPhoneは世界中どこに行っても誰でも知っている価値の高いスマートフォンです。

@_dslrarnold)さんの投稿

必ずバッグの中にしまって持ち歩きましょう。

シークレットバッグを使うのも一つの手ですよ。

日本人が注意するべきホーチミンで治安が悪い場所

これまでホーチミンで日本人が巻き込まれやすい犯罪を紹介してきましたが、ここからはホーチミンの中でも危険な場所トップ3について説明していきます。

ホーチミンで治安が悪い場所①市場

ホーチミンには数々の市場があり、観光地となっています。

そんな市場は、人が多いためスリに気をつけるようにしましょう。

@anouskaparr)さんの投稿

絶対に大金は持ち歩かず、何箇所かに分けてしまうと良いでしょう。

シークレットバッグの中にスマートフォンを収納するのも手ですよ。

また、しつこい客引きにも気をつけましょう

買う気がない場合は、お店の人に話かけない、話しかけられても無視するのが懸命です。

ホーチミンで治安が悪い場所②中華街

ホーチミンには「チョロン」という華僑の人々が生活するエリアがあります。

@janet910324)さんの投稿

地元のベトナム人も足を運ばないようなエリアで、恐喝や風俗、スリなどが頻発しています。

強面の人が近づいてくるなんてことも多発しているのだとか…。

ホーチミンで治安が悪い場所③ファングーラオ(バックパッカー街)

安宿が集まっていて世界中からバックパッカーが集まっている通りです。

どこの国でも多国籍の人が集まるバックパッカー街は治安が悪くなりがち。

@beautiful_vn_lifeさんの投稿

外国人目当てのひったくりやスリ、賭博、売春なども横行しています。

繁華街にあり、安宿が集まっているため、予算を抑えて旅を続けたいバックパッカーには魅力的な通りではありますが、特に女性の一人歩きは避けるようにしましょう。

まとめ

ホーチミンの治安についてお伝えしてきました。

世界的に見ると治安が良いとされるホーチミンでも、日本では考えられないような事件が頻発しています。

特に外国人を狙ったひったくりやスリは毎日と言っても全く過言ではないくらいホーチミン市内の様々な場所で起きています。

バックは必ず自分の前で両手で抱えて持つなど、常に狙われていると意識して過ごすようにしましょう。

ページトップへ