大橋未歩アナ(テレ東)の脳梗塞はピルの飲み過ぎが原因か?

芸能人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


元テレビ東京のアナウンサーで現在はフリーのアナウンサーでとして活躍をしている大橋未歩アナウンサーは少し前に脳梗塞で療養をしていました。

どうやら軽度の脳梗塞だったということと、その後の処置が素早かったこともあって後遺症もなく復帰しているようです。

スポーツやバラエティで活躍していて、人気のアナウンサーなので復帰してくれてうれしいですね。

療養することになってしまった脳梗塞の情報や原因はなにが原因だったのでしょうか。

今回は大橋未歩アナウンサー脳梗塞についてまとめていきたいと思います。

大橋未歩アナウンサーのプロフィール

まずは元テレビ東京のアナウンサーで現在はフリーで活躍している大橋未歩アナウンサーですが、簡単にどのような人物なのか紹介したいと思います。

1978年生まれで現在は39歳となっています。

2007年には元野球選手で現在は打撃コーチを務めている城石憲之さんと結婚しますが、2015年に離婚してしまいました。

そして翌年の2016年に、テレビ東京の社員の方と再婚しています。

2017年にはテレビ東京を退社してフリーのアナウンサーとなりアナウンサーとしてテレビ東京以外の番組にも出演するようになりました。

本も出版をしていて、

『行け!行け!テレビ東京・女性アナウンサー大橋未歩のミホちゃんねる!』

『逃げない力』

という2冊の本を出版しているのです。

さらに、テレビ東京のアナウンサーとしては前代未聞のセクシーグラビアに挑戦していたりとかなりマルチに活躍をしています。

テレビ東京としては初めてのアイドル系アナウンサーとしてテレビ東京の看板ともいえる人気っぷりでした。

それほどの人気のアナウンサーですが、女性アナウンサーらしからぬ下ネタ発言も多くあり、親しみやすいところもありそうです。

大橋未歩アナウンサーといえば薄着での出演が多くスタジオでも半袖だったりタンクトップの衣装が多くなっています。

野球の試合前インタビューでは

「試合前にモチベーションを揚げなくてはならないのに、薄着でこられると嫌な気はしないが集中力が下がってしまう」

と苦笑いする選手もいたそうです。

大橋未歩と元旦那の離婚の理由原因と現在の夫のプロフィール考察

大橋未歩アナウンサーが脳梗塞で療養

大人気のアナウンサーの大橋未歩さんですが、脳梗塞になってしまい長期間の療養をすることになってしまいました。

2013年1月に事件は起こりました。

仕事を終えて寝ようとした夜11時頃に顔を洗おうとして右手が左手に触れたのにしびれたような感覚がしたそうです。

深くは考えずに洗顔クリームを取り出したのですが、それが床に散乱してしまったとのこと。

洗顔クリームを持っていたはずなのになぜか落としてしまっていたのです。

床を拭き取ろうとするも力が入らず、倒れてしまったとのこと。

家族が慌てて救急車を呼んでくれたそうなのですが、ろれつが回らず大丈夫とうまく言えなかったそうです。

しびれたようになってしまう事と、言葉がうまくしゃべれなくなってしまうという脳梗塞の典型的な症状。

救急車の中で意識を取り戻したそうですが、脳が4か所死んでいるという驚愕の診察結果。

運よく致命的な部分を外していたそうで、後遺症もなく元に戻ることができたようです。

少しでもずれていれば後遺症が残ってもおかしくはなかったというかなり危ない状況だったとのこと。

脳梗塞の元になった部分というのが、首の右側にある大きな動脈の内側がはがれてしまい血がたまってしまうというもの。

その部分を治療しないとまた再発してもおかしくはないような状況だったようです。

最初の頃は血液をサラサラにする薬を使っていたとのことですが、再発の危険性はあったとのこと。

そんな危険な状態はイヤだったとのことで、血管を広げるための筒を入れるという手術をすることに。

この手術でほとんど完治したとのことで一安心ですね。

現在でも血管を広げるための筒が入っていて、大橋未歩さんは

「体の一部、人生のお守り」

とコメントをしていました。

7か月間も療養することになったのですが、入院はそのうち1か月間だけだったそうで、実家で療養していたとのこと。

脳梗塞の原因はピルの飲みすぎ?

大橋未歩さんが脳梗塞で倒れてしまった時に、

脳梗塞の原因はピルの飲みすぎではないか?

といううわさが流れていました。

美人なのに下ネタトークのあるところや、セクシーな衣装で登場するところもあり、男性人気が高い大橋未歩さん。

そんなところからやっかみがあり、このようなうわさが流れたのでしょうか。

また、脳梗塞というのは年を取ってからなる病気というイメージもあるので、若くして脳梗塞になったというのもあるかもしれません。

実際にピルを飲んでいる人と飲んでいない人では脳梗塞の原因となる血のかたまりのできやすさが違うそうです。

ピルを飲んでいない人は10万人あたり三~六人に対して飲んでいる人は九~十八人となるとのこと

発症率はピルを飲んでいると3倍程度に上がってしまうということですね。

ピルを飲むということが原因の一つであるようです。

実際に大橋未歩さんの脳梗塞の原因がピルの飲みすぎかどうかはわかりませんが…

大橋未歩さんは肉を食べるのが好きで、お酒も好きだそうですので、それも原因の一つかもしれません。

それに、かなりの人気アナウンサーですから、過酷なスケジュールも原因になっていそうですね。

具体的な原因については不明ですが、何はともあれ無事に完治してよかったです。

若年性脳梗塞の原因は?

大橋未歩さんは若くして脳梗塞になってしまいました。

脳梗塞はかなり恐ろしい病気ですから、どのようなことが原因になるのか知っておきたいところです。

ピルが原因の一つということはわかりましたが他にはどのような原因があるのか調べてみました。

  • タバコを一日15本以上吸う
  • アルコールを大量に飲む
  • 運動不足による肥満
  • 日々のストレスが多い

これらのものが主な原因となるようです。

さらに食生活も重要となっていて、高血圧に気を付ける必要があります。

減塩を心がけて目安は1日10グラム未満に抑えると良いそうです。

大橋未歩さんはかなり過酷なスケジュールでの仕事で、血圧が上がっていたのではないでしょうか。

さらに、脳梗塞で倒れた当日は1日デスクワークで水分もあまりとっていなかったとのことです。

座り仕事と水分不足によるもので一気に発症してしまったのかもしれませんね。

脳梗塞は本当に恐ろしい病気なので気を付けていきたいです。

大橋未歩アナウンサー脳梗塞まとめ

若くして脳梗塞で倒れてしまった大橋未歩さんですが無事に完治しているとのことで安心ですね。

少しでも脳へのダメージがずれていれば後遺症が残っていたかもしれないというのはかなり恐ろしいことです。

それに、倒れてからすぐに救急車で運ばれて処置されたというのも後遺症が残らなかった要因のようですね。

脳梗塞にならないようにするには、何はともあれ健康的な生活を送るというのが一番大事なようです。

もし脳梗塞になってしまった場合でも、少しでも違和感があれば病院に行くことが大切です。

手足がしびれる感覚があったり、ろれつが回らなくなったりしたらすぐに病院に行くとよいと思います。

大橋未歩さんはピルの飲みすぎで脳梗塞になってしまったといううわさが流れていました。

それも要因の一つかもしれませんが、健康的な生活を送っていけば、そこまで大きな要因にはならないと思います。

大橋未歩さんの脳梗塞の原因は過酷なスケジュールと、食生活が原因だったのではないでしょうか。

人気アナウンサーというのはとても大変な職業ですね。

ページトップへ