四季ごとに解説!台湾旅行の服装、台湾ファッションの聖地もご紹介

未分類 雑学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


日本人に人気な海外旅行先の一つに挙げられる国・台湾。

台湾といえば親日国としても知られていて、年配の人は日本語を話せる人も多いんです。

台湾は沖縄から近いため、一年中暑いのかと思いきや台湾にも四季が存在するということをご存知ですか?

一年を通して温暖な台湾ですが、短い春・秋・冬が存在するのです。

そんな台湾に訪れる際に適した服装や、現地で浮かないファッションとは?

本記事では季節に合った台湾旅行の服装やファッションをご紹介していきます。

季節毎の台湾旅行に適した服装やファッションとは?

日本の沖縄より南に位置する台湾。

日本よりも年間を通して温暖な台湾の首都・台北市内の気温は下記の通り。

果たして台湾旅行に最適な季節毎の服装やファッションとは?

台湾の春に合った服装やファッション

台湾では3月から5月が春にあたります。

この時期は、日本の春のように降水量が少なく、気温が安定して過ごしやすいのが特徴です。

日本の3月とあまり変わらない気温のため、アウターが1枚あると便利でしょう。

@n82071)さんの投稿

4月になると、室内では冷房が聞いていることもある台北市内。

外を歩く分には、半袖でも問題ありませんが室内用にパーカーなど羽織るものがあると安心でしょう。

5月となると最高気温が28℃まで上がる台北市内。

ほぼほぼ夏とも言えるため、半袖半ズボンで全く問題ありません。

台湾の夏に合った服装やファッション

台湾では6月から9月が夏にあたります。

沖縄より南に位置する台湾の夏は、沖縄以上に暑く蒸し暑いのが特徴。

@enni__11)さんの投稿

台湾の6月から9月は日本の夏と変わらない半袖やタンクトップ、半ズボンといった服装で全く問題ありません。

日本以上に蒸し暑いため、汗を吸い取ってくれるような服装で行くと良いでしょう。

日本で流行っているロングスカートを台湾の夏に履くのは、かなりきついです。

外は蒸し暑い台湾の夏ですが、室内は冷房がかなり冷えているため、羽織るものを持ち歩くようにしましょう。

台湾の秋に合った服装やファッション

台湾では10月から11月が秋にあたります。

この時期は、台湾観光のベストシーズンとなるため、世界中から観光客が訪れます。

日本の秋よりかなり暖かい日が続く台湾の秋。

外を歩くときは、長袖長ズボンが適しているでしょう。

@_huccさんの投稿

雨が降ると気温が下がるため、羽織れるものを持ちあるくと快適に過ごせます。

また、明け方や夜は気温が下がるため、パジャマは長袖長ズボンのものを持って行くようにしましょう。

台湾の冬に合った服装やファッション

台湾では12月から2月が冬にあたります。

冬といっても日本よりは暖かいですが、温かめのアウターは必要です。

夜に夜市などに出かける際は、日本の冬のようにダウンやムートンブーツを履いていても違和感はないでしょう。

@ishiiyuri22)さんの投稿

基本的にアウターがあればヒートテックなどは不要なように感じられますが、心配な人は持参した方が無難です。

台湾旅行に適した服装やファッションを季節ごとにまとめると…

せっかくの台湾旅行。

季節に適した服装で快適に過ごしてくださいね!

3月から5月 6月から9月 10月から11月 12月から2月
半袖で問題ないが羽織るものが1枚必要 日本の夏と同じ服装

汗を吸ってくれる素材だと◎

長袖長ズボン 日本の冬と同様だが、ヒートテックは基本的に不要

基本的に何か忘れてしまった場合は現地調達も可能です。

季節に適した台湾旅行の際の服装やファッションがわかったところで、現地で服を調達できる場所をご紹介していきます。

台湾のファッションの聖地

台湾には日本のユニクロや無印良品が進出しているため、何か忘れたら現地調達することも可能ですが、本記事ではあえて台湾のファッションの聖地をご紹介していきます。

ぜひ台湾の最先端ファッションに触れてみてくださいね。

台湾のファッションを満喫するなら西門町 ( Ximending)

西門町とは、日本で例えるなら東京の原宿のようにファッションやカルチャー、グルメなど流行の最先端を行く街。

最先端のものが揃っていながら、定価格で購入できるため若者から特に人気があります。

@poojaagill)さんの投稿

夜も明るく、今もっとも台湾の若者が注目している街といっても過言ではないでしょう。

「西門赤楼」という歴史が刻まれた建物が観光スポットとなっているため、ぜひ訪れてみてくださいね。

住所:台北市万華区西門町 ( Ximending, Wanhua District, Taipei City, Taiwan 108)

台湾のファッションを満喫するなら台北101ショッピングモール

台湾を訪れた観光客が必ず目にするといっても過言ではないほど、有名な台北101の中は地下から6Fまで服屋のテナントが入っています。

@killian0211)さんの投稿

台北101のショッピングモールの中には、高級ブランドから台湾のお土産、化粧品ブランドなど様々なお店が軒を連ねています。

また、地下には台湾のガイドブックでも度々紹介されている小籠包が有名な鼎泰豊(ディンタイフォン)が入っているので、ぜひ訪れてみてくださいね。

住所:台北市信義路五段7号 (No.7, Section 5, Xinyi Rd, Xinyi District, Taipei City, Taiwan 110)

電話番号:02-81018800

営業時間:日から木11:00~21:30、金・土・祝前日11:00~22:00

台湾のファッションを満喫するなら五分埔服飾広場

現地に住む台湾の人々も利用する五分埔服飾広場(Wufenpu Shopping)。

流行の最先端を行くアイテムが揃う上に、価格が安いため多くの人で賑わっています。

@tantragirls_lio)さんの投稿

そのため、台湾で最先端のファッションに触れたい人は、この広場がおすすめ。

あまりにも多くの服やが軒を連ねているため、迷子にならないように気をつけてくださいね。

価格交渉もできるため、旅の思い出になること間違いなしです。

住所:台北市信義区五分埔 (No. 27, Alley 7, Lane 491, Yongji Rd, Xinyi District, Taipei City, Taiwan 110)

まとめ

季節に適した台湾旅行に行く際の服装やファッションについてご紹介してきました。

外は暖かくても室内に入ると冷房が、かなりきいていることが多いので、どの季節でもアウターを必ず持ち歩くようにしましょう。

また、台湾のファッショに触れたい人は西門町や五分埔服飾広場といった現地の台湾の人々が服を買う場所に訪れてみてくださいね。

きっとお気に入りの台湾の最先端ファッションが見つかるでしょう。

ページトップへ