ベトナムコーヒーとは?入れ方や器具、お土産、豆、G7を紹介

グルメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


最近日本でもフォー専門店ができたり、ベトナム料理店が増えたりと、ファンの多いベトナム料理。

そんなベトナムではコーヒーが有名なことをご存知でしたか?

日本のカフェでもよく、ベトナムコーヒーのメニューを見かけることができます。

そんなベトナムコーヒーですが、一体普通のコーヒーと何が違うのでしょうか?

本記事では、ベトナムコーヒーとは何なのか?味の特徴や入れ方、豆、種類、お土産などについて探っていきます。

ベトナムコーヒーとは何?

最近日本のカフェやコーヒー専門店でもよく見かけるベトナムコーヒーという文字。

ベトナムコーヒーとは、一体普通のコーヒーと何が違うのでしょうか?

@jofrazia)さんの投稿

『ベトナムコーヒー』と国名まで付けられた名前のコーヒー。

きっとそこには何か秘密があるハズ。

真相を探っていきましょう。

@jofrazia)さんの投稿

ベトナムコーヒーとは、ベトナムの伝統的なコーヒーの飲み方に基づいて、飲まれているコーヒーのこと。

つまり、ベトナムコーヒーとは、

コーヒーの入れ方も独自のやり方があるコーヒーということ。

なんと、コンデンスミルク(練乳)が使われているのです。

そのため、ベトナムコーヒーはブラックで飲んでも甘い味がします。甘党の人には嬉しいですよね。

ベトナムコーヒーが誕生した背景にコーヒー豆の種類が関係している!?

かつて、フランスから植民地支配を受けていたベトナム。

世界で一番コーヒー豆の生産量が多いのはブラジル。

実は世界で二番目にコーヒー豆の生産量が盛んなのは、ベトナムです。

ベトナムでのコーヒー豆の生産は、フランス植民地時代に、本格的に始まりました。

@marocaman)さんの投稿

世の中に流通しているコーヒー豆の種類は大きく分けて、アラビカ種とロブスタ種の二種類。

一般的にアラビカ種は先進国で愛されています。

日本で飲まれているのもこのアラビカ種。

つまり、アラビカ種は高級なコーヒー豆として、先進国で親しまれているということ。

アラビカ種が先進国で愛飲されている一方、ロブスタ種は味の癖がつよいため、生産が簡単であるにも関わらず、先進国で愛飲されることはあまりありません。

ベトナムで生産されているコーヒー豆は、ロブスタ種。

そのため、味に癖があるロブスタ種を美味しく飲めるように、コンデンスミルクを入れたのが、ベトナムコーヒーの始まりです。

また、コーヒーを焙煎後にバニラやバターを混ぜて、味を決めることもあるのだとか。

まとめると、ベトナムコーヒーが誕生した背景には、ベトナムで生産されるコーヒー豆の種類が関係していたのですね。

焙煎後に味を決めるベトナムコーヒー

先ほど、ベトナムコーヒーは焙煎後に味を決めるということをお伝えしました。

ベトナムコーヒーの焙煎後の工程を詳しく探っていきます。

味に癖の強いロブスタ種が使われているベトナムコーヒー。

この独特な癖が出ないよう、ベトナムコーヒーは焙煎後に味を決める調整が行われるのです。

@vietnamcoffee.hqさんの投稿

コーヒー豆の味を決めるレシピは、お店によって様々。

しかし、バターを入れるレシピが一般的なようです。

お店によっては、魚醤を入れるところもあるのだとか…。

魚醤といえば、ベトナムの定番土産で、ベトナム人から愛されている国民的調味料ですが、日本人からしたらコーヒーに魚醤?と感じてしまいますよね…。

どのような味のコーヒーが出来上がるのか気になるところです。

ベトナムコーヒー美味しいの入れ方

続いては美味しいベトナムコーヒーの入れ方を見ていきましょう。

@easternkopitmさんの投稿

ベトナムコーヒーを入れるために必要な器具

美味しいベトナムコーヒーを入れるために、

  • ベトナム式コーヒー用フィルター
  • 細口ドリップポット
  • グラス
  • コンデンスミルク(練乳)
  • 深煎りのコーヒー豆
  • お湯

を用意しましょう。

ベトナム式コーヒー用フィルターは小さい鍋、細口ドリップポットは、お湯を注げるもので代用が可能です。

ベトナムコーヒを入れる分量

ベトナムコーヒー一杯分の目安をお伝えしていきます。

  • コーヒー粉 15g
  • お湯 120ccほど
  • コンデンスミルク(練乳) 25gほど

コンデンスミルクを使うベトナムコーヒー。

コンデンスミルクの味が濃い目なので、コーヒー豆は深煎りしたものを使うようにしましょう。

ベトナムコーヒーの入れ方

ベトナムコーヒーを入れるために、必要な器具や分量がわかったところで、ベトナムコーヒーの入れ方を見ていきましょう。

@rocknroll_jypsy)さんの投稿

①フィルターのコーヒーをセット

ベトナム式コーヒー用フィルターの中蓋を開ける、もしくは小さめの鍋にコーヒーを入れていきます。

②ベトナム式コーヒー用フィルターの中蓋を閉める

蓋の締め加減でコーヒーの濃さが変わってきます。

きつく締めればしめるほど、濃い目のコーヒーに。

③お湯を注いで蒸らす

グラスにコンデンスミルクを注ぎます。

そのグラスの上に、コーヒーフィルターを置き、少量のお湯を注ぎ、コーヒーを蒸らします。

④抽出

20秒ほど、コーヒーを蒸らします。

その後残りのお湯を注ぎましょう。

⑤フィルターを外し、完成

フィルターを外したらベトナムコーヒーの完成です。

この時、コンデンスミルクとコーヒーが二層になっているので、よく混ぜましょう。

アイスでベトナムコーヒーを楽しみたい時

コンデンスミルクを入れたグラスとは別のグラスに、氷を入れて置きましょう。

抽出が完了したら、コンデンスミルクとコーヒーを混ぜて、氷の入ったグラスに移せばアイスでベトナムコーヒーの完成!

ベトナムコーヒーチュングエン G7がお土産にも人気

ここまでご紹介してきたベトナムコーヒー。

自分で入れるのもいいけど、もっと手軽にベトナムコーヒーを楽しみたい!という人におすすめなコーヒーがあります。

@ylanggi)さんの投稿

それは、ベトナムコーヒーのお土産としても人気のある『チュングエン G7』というインスタントベトナムコーヒー!

このチュングエン G7は、パッケージに堂々とThe No.1 Coffeeと謳ってしまうほど、ど定番のベトナムコーヒーのお土産。

日本からも通販で購入することができるので、ぜひ試してみてくださいね!

まとめ

ベトナムコーヒー最大の特徴は、コンデンスミルクを入れるところにあるということがわかりました。

ブラックコーヒーと言っても、甘いのがベトナムコーヒー。

焙煎後に味を決めていきますが、お店によってバターを入れたり魚醤を入れたりと、こだわりは様々。

日本からも『チュングエン G7』を通販で購入することができるので、ぜひ試してみてくださいね!

ページトップへ