星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ゲーム

アイレムソフト(ゲーム)のエイプリルフールネタがヤバすぎた!

更新日:

突然ですが、皆さんは『エイプリルフールの覇者』と呼ばれるゲーム会社が存在することを知っていますか?

そのゲーム会社の名は、

アイレムソフトウェアエンジニアリング

通称はアイレムです。

アイレムと言うと、ちょっとの段差ですぐに倒れてしまう主人公が洞窟を冒険するゲーム『スペランカー』が有名ですよね。

それ以外にもアイレムは、公式ホームページでのエイプリルフールネタ企画を、他企業に先駆けておこなっており、1998年から毎年エイプリルフールネタを披露していました。

そこで今回は、アイレムがこれまでに世へ送り出したエイプリルフールネタの中でも、非常に評判の高かったネタを紹介します!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アイレムのエイプリルフールネタを紹介!

皆さんは、アイレムという企業を知っていますか?

現カプコンのCEOである辻本憲三さんが創業。

かつては『スペランカー』や、『絶体絶命都市』シリーズ、『R-TYPE』シリーズを販売していたパチンコソフト開発、ゲーム版権管理会社です。

2011年に主要スタッフが抜け、その後2013年を最後にアイレム製ソフトは発売されなくなってしまったため、事実上のゲーム事業撤退と見ていいでしょう。

その後、九条一馬さんらアイレム時代の主要スタッフにより、グランゼーラが立ち上げられ、『絶体絶命都市』シリーズの版権も、グランゼーラに移りました。

そんなアイレムですが、その昔は、『エイプリルフールの覇者』とも呼ばれ、円谷プロダクションと同じように、エイプリルフールを率先して盛り上げた企業の1つ。

しかし、2011年の主要スタッフの退社などによって、ゲーム事業は収縮。

2012年を最後にエイプリルフールネタも行われなくなったため、事実上、ゲーム会社としてのアイレムは消滅してしまいました。

では、アイレムは一体どんなエイプリルフールネタをおこなってきたのでしょう?

そのいくつかを紹介していきますね。

2001年『どきどきすいこでん』

どきどきすいこでん

2001年4月1日に、アイレムは新作恋愛シミュレーションゲーム『どきどきすいこでん』を発表!

というエイプリルフールネタ。

ちなみに、『水滸伝』とは中国で明代に書かれた奇書(おとぎ話)であり、『西遊記』『三国志演義』と並ぶ、中国四大奇書の1つです。

「宋江率いる軍勢が山東省で反乱を起こした」

という史実をベースに、108人の好漢(英雄)が国のために活躍する、といった内容となっています。

この『水滸伝』を元ネタにした『どきどきすいこでん』には、

『水滸伝』と同じ108人ものヒロインが登場し、しかも全キャラがフルボイス

という盛りだくさんの内容である、とのことでした。

さらに、初回限定盤(49,800円)は、

  • オリジナルポストカード(全108種類)
  • 「どきどき」カレンダー(21世紀100年分)
  • 全ヒロインが描かれた特大ポスター(10m×2m)

など、全部で11点のグッズが付属している超豪華版。

もちろん、これらはあくまでもネタだったのですが…

その後の東京ゲームショウで、実際にキャラクターグッズが発売されたり、アイレム公式サイト内の4コマ漫画に『どきどきすいこでん』のキャラクターが登場したり…。

といった具合に、エイプリルフール後もアイレムはこのネタを引っ張ります。

また、アイレムファンの中にも根強い『どきどきすいこでん』ファンが存在し、ゲームが発売されていないにも関わらず、同人誌や架空のオープニングムービーが製作されるなどの盛り上がりを見せていました。

同時に、こういった『どきどきすいこでん』ファンからは、

「『どきどきすいこでん』を実際にゲーム化して発売してほしい」

という要望も少なくありませんでした。

そしてついに、このエイプリルフールから10年後の2011年5月12日、PSP向けのアドベンチャーゲームとして、『どきどきすいこでん』が発売されることになったのです!

ただ、内容はアイレムのゲームにしては、かなり出来が酷く、アマゾンなどでも星2の低評価。

  • 2話と3話の収録順が逆
  • シナリオはひどい
  • 喋っていることがテキストと違う
  • 誤字がある

かなりお粗末なゲームでした。

2002年 絶体絶命都市ロゴ入りバール

2002年のエイプリルフールネタで登場したのは、『絶体絶命都市ロゴ入りバール』。

実際にゲームに登場したバールが、

  • 特製バール(¥19,800)
  • 結婚式用バール(¥24,800)
  • 葬祭用バール(¥23,800)
  • 金・銀・バールセット(¥60,480)
  • 徳用12色バールセット(¥200,000)

で登場したというものです。

2003年 R-9発売

この年のアイレムのエイプリルフールネタは、『R-TYPE』に登場したR-9型戦闘機が実際に販売される、というネタでした。

2004年 アイレムバーガー

2004年のアイレムは、ついに新分野に進出!

『アイレムバーガー』として、ハンバーガー事業へ乗り出したのでした。

『R-TYPE』に登場する敵勢力・バイドをバンズで挟んだバイドバーガーなどを販売する…。

というネタを披露しました。

バイドが挟まれているバーガーなんて、想像もしたくないですね。

実際、バンズから、かなりはみ出ていましたよ(笑

2005年 新ハード・EXIDNA発表

2005年のアイレムは、新ハードである『EXIDNA』を発表!

『アヤトーリ』というゲームも発売予定らしく、

ソフト同梱版が7,800円、紐のみが5円での発売

となっていました。

紐のみって……。

これでは『アヤトーリ』ではなく、あやとりしか楽しめませんね。

2006年 白山湖のハクサンシー

2006年のアイレムのエイプリルフールネタは、全く違った方向性へと転換。

『白山湖およびその周辺における巨大水生生物生存の可能性に関する調査報告書』

というページに変わっていて、UMA・ハクサンシーの捜索を始める…。

そんなネタとなっていました。

2007年 愛礼夢学園

2007年のアイレムは、なんと教育業界へ進出!

中高大と存在する『愛礼夢学園』を設立し、校風やカリキュラム、教師の紹介ページなどかなり凝った内容のネタを披露しました。

校長からの挨拶は、リアルタイムで更新されていて、こちらもまた、本気すぎるネタで好評となっていましたよ。

2008年 あいれむどうぶつえん

2008年のアイレムは、何と動物園を設立!

『あいれむどうぶつえん』という施設名で、実に不思議な生き物たちがいるのだといいます。

たとえば、落ち武者カブトムシや、ダックスクビナガハナジカ。

実に奇妙な生き物ですが、このダックスクビナガハナジカは、後の『セミファイナリストファンタジア』でも登場することとなります。

2009年 秘密結社ブラックアイレム団

2009年4月1日、アイレム公式サイトに突然次のような犯行声明文が現れました。

「我々、秘密結社ブラックアイレム団は、全国を制覇する足掛かりとして、ここアイレムを占拠した」

何が何だかよくわかりませんが、さらに画面をスクロールすると、謎の男の台詞が現れます。

「この場所を知られてしまったからにはただで帰すわけにはいかん!ひっとらえろ!」

どうやら、アイレム公式サイトが『秘密結社ブラックアイレム団』のアジトとなっており、たまたまこれを見つけてしまったユーザーは、この秘密結社に捕獲されてしまうようです。

その後、謎の博士が出てきて主人公を魔改造してしまい…。

と、物語が進行していきます。

つまり、2009年のエイプリルフールは、アイレム公式サイト自体がアドベンチャーゲームと化していたのです!

そのボリュームは、下手するとエイプリルフールの日だけでは終わらないくらいの内容量であり、非常にプレイし応えのあるネタとなっていました。

一日限定のイベントであるにもかかわらず、ここまで手の込んだネタが用意されていたことに、エイプリルフールに対するアイレムの熱意を、改めて感じさせられた一日となりましたね。

2010年 Semifinalist Fantasia ~暗黒女王の嘘泣き伝説~

2010年のアイレムは、かつてPSNを通じて提供されていた、PS3専用のオンラインコミュニティに進出!

アイレムラウンジが、『Semifinalist Fantasia ~暗黒女王の嘘泣き伝説~』というMMORPG風ゲームになっていたのです。

 全世界108億人が待ち焦がれていた、超大作ファンタジーMMMMUSORPGらしいのですが…。

かなり内容は凝っていて、質問に答えると、プレイヤーがさまざまな種族のアバターに変化。

実際に会話をしたり、アイテムを集めたり、シナリオ分岐したり、バトルをしたりとかなり本格的なMMORPG仕立てになっていました。

これが1日限りというにはもったいない!

それくらいの高クオリティのネタでしたね。

 

なお、2011年のエイプリルフールネタは、東日本大震災の影響で自粛。

2012年は、

『思ったクオリティのものが作れなかった』

としてエイプリルフールネタはありませんでした。

2013年 世界各地に正体不明の飛行物体と大量の機械人出現

2013年は、アイレムではなく、アイレムの主要スタッフが移ったグランゼーラからエイプリルフールネタが登場。

Youtubeに、CNNニュース風の、GNNニュースなる番組が投稿され、世界各地が謎の飛行物体に襲われるところを中継していました。

その動画はこちらから見ることができます。

2014年 恐竜ザウルス帝国襲撃!

2014年もグランゼーラから。

『恐竜ザウルス帝国襲撃!』として、再びGNNニュースが登場します。

なんと、名古屋と東京に恐竜が出現したらしく、その様子が中継されていました。

名古屋はこちら。

そして東京はこちら。

どちらも普通に通行人が歩いているというのがシュールで面白いですね。

 

なお、グランゼーラは2015年のエイプリルフールネタは中止。

わざわざ中止を公式サイトでアナウンスするほど、

エイプリルフールネタ = アイレム(グランゼーラ)

という印象が根付いていたわけですね。

ちなみに、そのエイプリルフールネタで使う予定だった動画が、一部公開されています。

また、2016年もグランゼーラはエイプリルフールネタを中止。

九条一馬さんによれば、

『4月1日のエイプリルフールイベントの継続的な実施』を創業目的の一つとして掲げており、毎年一日限定のエンターテインメントのご提供を使命として考えており、昨年実施できなかったコンテンツを練り直し準備を進めて参りましたが、従来の枠組みを超えるものには及ばず、皆さんに驚きと十分なわくわく感を提供するに至らないと判断いたしました。

とのことでした。

その後、

「一年がかりで準備を進める」

と言っていたものの、2017年、ついには何の告知もなくエイプリルフールイベントはおこなわれず…。

もうこのまま、グランゼーラのエイプリルフールネタは途切れてしまうのかもしれませんね。

 

まとめ

『エイプリルフールの覇者』とも言われていたアイレムのエイプリルフールネタを振り返っていきました。

現在は、グランゼーラがエイプリルフールネタを受け継いでいますが、やはり規模が縮小…。

それどころか、3年連続でエイプリルフールネタがおこなわれなくなるなど、ついに『エイプリルフールの覇者』の終焉を迎えてしまったように思います。

2000年代のアイレムのような高クオリティのエイプリルフールネタを見ることは、もうできないのでしょうか?

いましばらくは、2018年のグランゼーラに注目ですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ゲーム

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.