星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

中学校での友達作りは挨拶と部活動!作り方や方法などのコツを紹介

更新日 投稿日2015年03月30日

今年から中学生になる皆さん、ご入学おめでとうございます!

小学校を卒業し、次の中学校の入学式が待ち遠しくて、楽しみでしかたがないという方も、中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

これまでに通っていた小学校とは違い、中学校になると、一段と難しくなった本格的な勉強や、小学校のクラブ活動よりも数段ハードな"部活動"が始まります。

また同時に、中学校時代と言うものは、小学校時代よりもさらに自身の行動範囲が広がり、これまでに無かった楽しいイベントも一気に増えることでしょう。

そうなると、やはり一緒に楽しめる友達がたくさん欲しくなりますよね?

「でも私、人見知りだし……」

「友達なんてどうやって作ればいいの?」

と、不安に思っている新入生の方も多いかもしれませんね。

今回は、そんな友達作りに不安を抱いている方のために、友達作りの秘訣をお伝えします。

友達をたくさん作って、良い思い出となる中学校時代を過ごしましょう!

スポンサーリンク

アドセンス

【友達作り】基本は「挨拶」から!

友達

どんな友達であっても、最初に出会う時はお互い初対面なのですから、最も基本的なコミュニケーションは「挨拶」となります。

学校にくれば「おはよう!」、帰るときは「バイバイ!」といった具合の「挨拶」ですね。

小学校では、「挨拶」がなくても、6年間一緒に過ごす中で自然と仲良くなり、「挨拶」も仲良くなってから何気なくするようになる、という事が多かったのではないでしょうか?

一方で、地域や進路にもよりますが、中学校に入学すると、ほぼ全員が初対面ですから、何よりも「挨拶」を一番初めにする必要が有るのです。

とは言え、こちらから「挨拶」をするのは、慣れるまで少し恥ずかしいかもしれません。

しかし、「挨拶」が必要なのは中学校だけではなく、中学校を卒業して、大人になってからでも、初対面の人に「挨拶」しなければならない場面は、数えきれないほど有ります。

ですから、中学校での友達作りの機会に、自然と「挨拶」ができる人になっておけば、今後の人間関係も良い方向に向かうことは間違いありません。

少し勇気を出して、まずは「挨拶」にチャレンジしてみましょう。「挨拶」ができるようになれば、自然と雑談などもできるようになりますよ!

 

【友達作り】まずはまわりの席の子に「挨拶」しよう!

友達

もし、クラスメイト全員に「あいさつ」するのが難しければ、最初は隣の席やまわりの席の子に「挨拶」をするのがおすすめです。

朝学校に着いた時、ホームルームの時、掃除やお昼休みなど、席が近い子は必然的に顔を合わせる機会も多いですから、「挨拶」をするタイミングも掴みやすいのです。

いずれは、班活動などでまわりの席の子と話さなければならない機会も増えますから、まわりの席の子から仲良くなることで、クラスの活動にもスムーズに馴染めるでしょう。

また、クラスメイト全員に「おはよう!」と「挨拶」をしている、とても明るい子も居るかもしれません。

そういった子に「挨拶」をしてもらえたら、こちらも元気よく「おはよう!」と「挨拶」を返すようにしましょう。(逆に挨拶を返せないと人間関係もギクシャクしてしまうかも)

自分が少しシャイであっても、相手が積極的に関わってきてくれる子であれば、きっと仲良くなれます。ここは思い切りが大切なので、飛び込んでいきましょう!

そして、「挨拶」をした後の会話としては、

・学校の授業の事

・どこに住んでいるのか?

・部活動には何に入るのか?

などなど、中学校入学当初は自分自身も勝手がわからないことだらけですよね。それを相手に質問して会話にしてしまいましょう。

この時に、自分自身のことをある程度話すことで、相手の方も自身の事を話易くなるので、まずは自分の事を積極的に話してしまうのも一つの手です。

例えば、「部活動はテニス部かサッカー部に入ろうと思うんだけど、君はどこに入るか決めた?」などです。

 

【友達作り】部活動もおすすめ!

サッカー

クラス外で友達の輪を広げるには、部活動に入部するのがおすすめです。

とくに、自分の趣味や好きなことをできるかどうか、楽しめそうな雰囲気であるか、性格の悪い先輩が居ないか、などを事前にきちんと調べて、自分にぴったりの部活を見つけましょう。

最近では、仮入部なんて制度のある中学校もありますから、それを利用して自分の趣味や感性にあう部活動を選んでみましょう!

普段なんとなく一緒にいるクラスメイトとは異なり、部活動は自分と趣味や好みが合う人たちが集まっているはずですから、必然的に共通の話題も多くなるはずです。

先ほど述べたような「挨拶」はもちろん、一歩踏み込んで、積極的に話しかけるように心掛けると、クラスメイトよりも気の合う友達が見つかるかもしれません。

よく言われる"親友"と呼べるレベルの友達は、同じ趣味や感性である友達から生まれてくることが多いですね。親友探しに部活動というのも大いにアリです!

 

【友達作り】友達の友達とも仲良く!

友達募集

近い席の子や部活動が同じ子と仲良くなってくる頃、そういった自分の友達にも、他に仲の良い友達が増えてくるはずです。

当然、学校で友達と一緒に話したり、放課後に遊んだりしていると、そういった「友達の友達」と接する機会も増えてくるでしょう。

最初は「友達の友達」と一緒に居るのは気まずいと感じるかもしれませんが、しばらく一緒に居るうちに、いわば小学校的なノリで自然と仲良くなることも多々あります。

そういった「友達の友達」と仲良くしてみることも、新しい友達を見つける方法の一つと言えますね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、中学校での友達の作り方やコツとして、初対面の子への「挨拶」が大切であること、部活動への参加がおすすめであることを挙げました。

新しい環境になり、

「友達あんまり出来なかったらどうしよう……」

と不安に思っている人も居ることでしょう。

しかし、必ずしも"友達は多ければ多いほど良い"というわけではないのです。

それよりも大切なのは、自分が心から信頼できる「親友」と出会えるかどうか、ということ。

「挨拶」や「部活動」なども、自分のペースで、自分なりに進めていき、心を許せる友達作りを心がけましょう!

友達作りの記事はコチラも良く読まれています!

友達の作り方!大学入学後の4つのポイントとは?ぼっちを防ぐ方法

友達の作り方!高校入学後に使える!おすすめの4つの方法を紹介!

友達の作り方!新入社員・社会人におすすめな4つ方法とは?

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-時事