星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

歓送迎会の幹事は乾杯の挨拶や席の順番を決めよう!事例を紹介!

更新日

春の訪れと、満開の桜の中、新年度がスタートしました。

会社では、新しく迎えるメンバーや、異動、退職などで、去りゆくメンバーの方々の歓送迎会もあちらこちらで始まっていますね。

去年は、新たに迎えられた新入社員などの立場でありながら、今年は先輩から幹事をお願いされてしまった、なんていう方も多いのではないでしょうか?

「幹事?一体何をすればいいのだろう?」

と思いながらも、お店を決めて、出欠を聞いてと、漠然とこの2つはイメージできますよね。

出席者が決まったところで、次に座る順番や挨拶、乾杯は、どの順番で誰にお願いしたらいいのだろう?と細かいところに疑問が出てくるでしょう。

今回は、そんな幹事さんに向けて、

・歓送迎会での座る順番

・歓送迎会での挨拶

・歓送迎会で乾杯をする順番

について、お話していきましょう。

スポンサーリンク

アドセンス

【歓送迎会】席には誰がどこに座るのがベスト?

ビール

幹事は、歓送迎会の場所が決まったら、事前にお店に出向き、打合せを行いましょう。

そこで会場を見せてもらい、会場の一番の上座がどこになるかは、必ず確認するようにしましょう。

お店の方でも、上座がどこかを知らない場合もあるので、ここでも簡単に説明していきます。

 【歓送迎会】会場のテーブルが円卓の場合

☆入口から一番遠い席が、一番の上座となります。

☆次に偉い人が、上座に向かって左側となります

☆一番地位の低い人は入口に近い席に座ります。

上記以外の順番は下図のようになります。

円卓の並び順

【歓送迎会】座敷などの四角のテーブルの場合

☆座敷などの和室の場合は、床の間の前が、一番の上座になります。

☆1番偉い人の前に、次に偉い人が座ります。

床の間がない座敷などの場合は、入口から一番遠い席が、上座となります。

上記以外の順番については、下図のように考えてください。

四角のテーブル


 

円卓や、座敷などのように、部屋の形状や、テーブルの形などでも変わってきます。

また、庭が見える座敷などになりますと、庭が見える席で入口から一番遠い席が上座となることも覚えておきましょう。

誰がどこの席かが決まったら、当日までに席に置く名札を作っておいておくのもいいですね!

 

【歓送迎会】挨拶は誰に頼むの?

花束

席次を決めるのと同時に、挨拶と乾杯をしてもらう人も決めなければなりません。

歓送迎会ような場での挨拶としては、

・最初の挨拶

・乾杯の挨拶

・最後の挨拶

があります。

では、どの挨拶を誰にお願いすればいいのでしょうか?

それでは説明していきましょう。

挨拶の事例についてはコチラの記事を参考にしてください。

歓送迎会の幹事の準備と当日の流れを紹介!段取りと挨拶が重要!

【歓送迎会】最初の挨拶

幹事の司会の挨拶の後に、歓送迎会出席者の中で、1番地位の高い方に一言ご挨拶をお願いしましょう。

【歓送迎会】乾杯の挨拶

乾杯の挨拶では、歓送迎会出席者の中での、長老的存在の方、又は主任クラスの方にお願いしましょう。

ここでの挨拶は、固い挨拶と言うよりは、最初の挨拶の後のちょっと緩めの、リラックスできるといいですね。

【歓送迎会】最後(締め)の挨拶

最後の挨拶は、ここからの新たなスタート、門出の挨拶でもあります。

去りゆく人への感謝の気持ち、新しいメンバーとの新しい一年のスタートになりますので、歓送迎会出席者の中で、2番目に地位の高い方にお願いしましょう。


 

このように主な挨拶は、今説明した方々にお願いするのがベストです。

その他に、新たに迎える方、退職、異動などで去りゆく方にも、幹事が紹介をした後に、挨拶をお願いしておきましょう。

順番としては、新たに迎える方から紹介していきます。紹介をする順番としては、敬意を表する人を後に紹介していきます。

そうなると最後に紹介するのは、退職される人で一番敬意を表する人を紹介することになります。

また、紹介する方に深くかかわっていた方などがいれば、その方からのコメントを貰ってから、最後の挨拶を頂いてもいいですね!

 

まとめ

歓送迎会での、席次、挨拶の順番についてお話してきましたが、いかがでしたか?

一般論としてお話をしてきましたので、幹事を任された方は、今回紹介した例を踏まえつつも、それぞれの部署での慣例などもあります。

上座に座られる方の横には、「この人!」などの、暗黙の取り決めなどがある時もあります。

先輩などに抑えておくべき事を確認してから、様々な事を取り決めていきましょう。

勇み足で事を進めてしますと、最後の最後でやり直し、なんていう事にもなりかねません。

事前のヒアリングや慣例をしっかりと踏まえて、迎える人、送る人にとって素敵な歓送迎会を開いてあげてください。

歓送迎会の記事はコチラも良く読まれています!

歓送迎会の幹事必見のおすすめゲームで飲み会を盛り上げる!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-時事