星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

歓送迎会の乾杯・締めの挨拶と席の座る場所・順番事例を紹介

更新日:


新年度になると会社では、新しく迎えるメンバーや、異動・退職などで去りゆくメンバーの歓送迎会が行われます。

昨年は、新入社員などの立場でありながら、今年は先輩から幹事をお願いされてしまった、

そんな方も多いのではないでしょうか?

「幹事?一体何をすればいいのだろう?」

と思いながらも、お店を決めて、出欠を聞いてと、漠然とこの2つはイメージできるでしょう。

そして、出席者が決まったところで、次に

「座る順番や挨拶、乾杯など、誰にどの順番でお願いしたらいいのだろう?」

と細かいところに疑問が出てくると思います。

そこで今回は、そんな幹事さんに向けて、

  • 歓送迎会での座る順番
  • 歓送迎会での挨拶
  • 歓送迎会で乾杯をする順番

について、お話していきますね。

スポンサーリンク

歓送迎会の席には誰がどこに座るのがベスト?

ビール

幹事になった方は、歓送迎会の場所が決まったら、まず、事前にお店に出向き、打ち合わせを行いましょう。

そこで会場を見せてもらい、会場の一番の上座がどこになるかなど、把握しておく必要があります。

ビジネスマナーにおいて、席次とは大事なことの1つ。

ちなみに上座とは、

その部屋において最も良い席のこと

を指し、目上の人は、基本的に上座に着席します。

そして、目下の人やおもてなしをする側がつく席を下座といいます。

これらを間違えてしまうと、今後、会社での生活も大変になるかも…。

ぶっつけ本番では、お店のことをよく知らないせいで、いろいろとドタバタしてしまったり、会の進行が滞ってしまいます。

それだけに事前に把握しておきたいですよね。

また、お店でも、人によっては上座がどこかを知らない場合もあるので、簡単に解説していきましょう。

 歓送迎会の会場(呑み屋など)のテーブルが円卓の場合

  • 入口から一番遠い席が、一番の上座
  • 次に偉い人が、上座に向かって左側
  • 一番地位の低い人は入口に近い席

上記以外の順番は下図のようになります。


次のページへ >

-時事

Copyright© 星々の煌めき , 2018 All Rights Reserved.