星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ゲーム

大逆転裁判のストーリー結末ネタバレと脚本の評判・評価をチェック

更新日:

『法廷バトルアドベンチャー』という新ジャンルを切り開いた逆転裁判シリーズ。

これまで数々のシリーズ作品が発売され、アニメ化もされてきましたよね。

そして、逆転裁判シリーズのスピンオフ的作品として、主人公・成歩堂龍一の祖父・成歩堂龍ノ介を主人公とし、明治時代を舞台とした作品となっている任天堂3DSのゲームソフト『大逆転裁判』

シリーズ作品としては、この記事時点で既に逆転裁判6が発売されているので、最新作ではありませんが、それでも明治を舞台とした逆転裁判シリーズはこの1本しかありませんので、今も根強い人気となっているようです。

そこで、本記事で改めて、この『大逆転裁判』のストーリーと結末、脚本の評判などをまとめていきたいと思います!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

大逆転裁判のストーリーの舞台と登場キャラクター

大逆転裁判

冒頭でもお話したとおり、明治時代を舞台として、逆転裁判シリーズのスピンオフ作品『大逆転裁判』。

当然、逆転裁判シリーズの主人公である成歩堂龍一は生まれていませんので、『大逆転裁判』の主人公は、

成歩堂龍一の祖父である成歩堂龍ノ介

が主人公となっています。

しかも、明治時代といっても舞台は日本ではなく、

倫敦(ロンドン)

このロンドンを舞台に、成歩堂龍ノ介だけでなく、シャーロック・ホームズや助手ワトソンも登場するというのですから、ミステリーファンにはたまらない作品と言えるでしょう。

ゲームの内容としては、基本的には、逆転裁判シリーズ同様、法廷バトルであることに変わりありません。

今回は、主人公である成歩堂龍ノ介が倫敦に旅立った際に事件が起き、たまたまその蒸気船に居合わせた成歩堂が容疑者とされてしまったところから、ストーリーが展開されていきます。

弁護士である成歩堂、検事、被告、裁判官が法廷に陣取り、真実を明らかにしていくという今までのスタイルと少し変わり、成歩堂自らが被告(容疑者)です。

さらに成歩堂が弁護側に立ちながら、法廷闘争しなければいけないというところでは、シビアなゲーム展開と言っても良いのかもしれませんね。

ただし、成歩堂はたった一人で事件の捜査をするわけではありません。

親友であり弁護士の亜双義、倫敦で名探偵と言われているシャーロック・ホームズ、そして、助手のワトソン。

ある事情で成歩堂の助手的立場となった御琴羽寿沙都など、大きな味方がバックにいるのは心強いところでしょう。

時に間違った方向に推理が進むこともありますが、はたして彼らの助力を借りながら真実を解き明かすことができるのか。

そして、自らに掛けられた容疑を晴らすことができるのか。

という部分が、この『大逆転裁判』というゲームの最大の目的となっています。

『大逆転裁判』は、大きく5つの章に話が分かれています。

ただの推理ゲームとしてではなく、平成・明治と時空を超えた広大な広がりも見られ、さらにあの文豪ともゲームの中とはいえ、出会えます。

その上、この作品は完全なるスピンオフ作品なので、これまでの逆転裁判シリーズを経験していなくても十分も楽しめるようになっていることは、これから大逆転裁判をプレイする方には大きいでしょう。

既に『大逆転裁判』のシリーズ2作目の制作も発表されているので、次回作の発売を前に、まずは一度、『大逆転裁判』の世界を体験してみると良いかと思いますよ。

果たして、真犯人は誰なのか?

無事に成歩堂龍ノ介は、容疑を晴らすことが出来るのか?

その真相は、是非皆さんの目で確認してみてください。

さて、『大逆転裁判』のストーリーの大まかな流れをお話したところで、今回の登場人物をご紹介していきましょう。

成歩堂 龍ノ介(なるほどう りゅうのすけ)

成歩堂龍之介

『大逆転裁判』での主人公は、逆転裁判シリーズの主人公と言える成歩堂龍一の祖父・成歩堂龍ノ介が務めます。

流石に時代が明治ですから、成歩堂龍一を主人公にすることができないのは仕方のない話です。

それよりもシャーロック・ホームズの世界観、大英帝国と言われた当時の倫敦(ロンドン)と、逆転裁判をコラボさせたかったということでしょう。

さて、この成歩堂龍ノ介ですが、実は、ゲームに登場する設定としては、

大日本帝国の帝都有盟大学

という学校の学生で、

弁護士ではありません。

彼自身、ある事件をきっかけに弁護士を目指すことになり、当時の大日本帝国では、弁護士という職種が存在していないことから、倫敦にその司法制度を学ぶために訪れます。

それにしても、弁護士になろうとして倫敦に訪れたのに、いきなり容疑者にされてしまうとは…

成歩堂龍一の祖父と言うだけあって、どこか抜けている印象のある、ちょっと頼りなさげな風貌のキャラですよね。

でも、中身はしっかりしていて、逆境にも強い!

いろんな意味で逆転裁判シリーズの主人公の設定を踏襲したキャラクターと言えるでしょう。

御琴羽 寿沙都(みことば すさと)

御琴羽寿沙都

ある事情によって、法務助士として成歩堂をバックアップするヒロイン的キャラクター。

これまでの逆転裁判で言うところの綾里千尋・綾里真宵、成歩堂みぬきなどに相当されるキャラクターと言って良いでしょう。

海外の探偵小説を愛読しているという先進的な大和撫子です。

とくに弁護士でも何でもない彼女ですが、何故か、成歩堂と共に渡英することになるのですが…

それにしても、明治という時代設定の影響なのでしょうか。

何故か彼女を見ると、サクラ大戦のヒロイン・真宮寺さくらに似通った印象を受けるのですが、それは筆者の気のせい?…

いずれにしてもゲームのキーパーソンの一人であることに間違いありません。

シャーロック・ホームズ

シャーロック・ホームズ

推理作家:コナン・ドイルが生んだ倫敦の名探偵・シャーロック・ホームズ。

みなさんが御存知の通り、推理小説、映画、アニメ、ゲームと様々な媒体で登場しています。

今回は、倫敦の紳士として、鹿撃ち帽にインバネスコート、パイプが似合う英国紳士そのものを形にしたような名探偵での登場です。

ミステリーを知らない人でも、一度は聞いたことがある程の超有名人と言っていいでしょう。

鋭い洞察力・推理力を働かせ、捜査を進めていきますが、時折違う方向に暴走してしまうこともあり

『倫敦の大暴れ』

とも言われ、良くも悪くも法廷をかき乱し、大逆転をもたらす存在。

普段のイメージともギャップがあり、なかなかおもしろい探偵キャラクターと言えるでしょうね。

アイリス・ワトソン

アイリス・ワトソン

シャーロック・ホームズの助手といえば、軍医を経て、開業医となった医師・ジョン・H・ワトスン(通称:ワトソン)を誰もが思い浮かべるでしょう。

彼も紳士であり、心優しき人物で、ホームズと共に事件を解いていくのですが、彼自身に推理力はなく、シャーロック・ホームズの助手でしかありません。

ただ、今回の『大逆転裁判』で登場するワトソンは、コナン・ドイルが描いたワトソンとは大きく異なります。

8歳の女性キャラ

でありながらも実は

医学博士号

を持っている医学に長けた人物。

その上、倫敦で大人気小説『シャーロック・ホームズの冒険』を連載する作家でもあるキャラクターなのです。

その上、ホームズと同居している少女でもあり、いろんな側面を持つ女性キャラクターと言えるでしょう。

天才キャラが助手にいることで、紳士で推理力のずば抜けた見た目完璧なホームズに、少し抜け感を与えられるキャラクターとなっているのではないかと思います。

亜双義 一真(あそうぎ かずま)

成歩堂龍ノ介の親友であり、帝都有盟大学の学生でありながら弁護士としての資格を持つ天才。

当時、司法制度で立場の低い弁護士という職種を確立させるために、司法制度を学びに倫敦に留学を志す青年キャラクターです。

左腰には真剣(刀)を身に着け、頭にはバンダナを巻き、どこか新撰組のような出で立ちも想像させるような男気のキャラクター。

このキャラクターの助けがあって、成歩堂龍ノ介は容疑をかけられながらも事件の捜査ができるわけで、ある種、支えとなる重要なキャラクターと言えるでしょう。

バロック・バンジークス

かつて『しに神』とも呼ばれたことのある凄腕検事。

たとえ無罪であっても、彼が有罪と睨んだ相手は全て有罪に導かれてしまい、対象となった人の人生を破綻されてしまうという、とんでもないキャラクター。

そんなキワモノ検事が、5年ぶりに登場とあって、成歩堂たちも緊張が走るわけですが…

果たして、この検事の暴走を止めて、成歩堂たちは事件の真相を解き明かすことが出来るでしょうか。

以上が、主な『大逆転裁判』の登場人物です。

もちろん他にも細かいところで、出てくる登場キャラはたくさんいるので、この続きは、実際に『大逆転裁判』をプレイしてみて皆さんの目で確認してみてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

大逆転裁判のストーリー結末ネタバレ!

さて、本来はここでお話すべきではないかと思いますが…

どうしても、プレイ前に『大逆転裁判』のストーリーやネタバレ・結末を知りたいという方もいるかと思いますので、ここで簡単なストーリーあらすじとネタバレをしていきます。

『楽しみはとっておきたい』

『ネタバレ・結末を知りたくない』

という方は、ここは読まずにすっ飛ばしていただけたらと思います。

では『大逆転裁判』のストーリーから見ていきましょう。

『大逆転裁判』第1話:大いなる旅立ちの冒險

司法制度を学ぶために、御琴羽寿沙都と共に、大英帝国(倫敦)に訪れた帝都有盟大学の学生・成歩堂龍ノ介。

しかし、たまたま立ち寄った西洋レストラン『ラ・クワントス』で事件が起きてしまいます。

偶然、現場に居合わせたためか、複数の証人から、成歩堂が犯人であるような証言をされてしまい、事件の容疑者とされてしまうのです。

いきなり絶体絶命に追いやられてしまった成歩堂でしたが、親友で弁護士資格を持つ亜双義のちからを借り、少しずつ真相に近づこうとするのですが…

『大逆転裁判』第2話:友とまだらの紐の冒險

大英帝国に向かう蒸気船で、またもや人の命が奪われる現場に遭遇する成歩堂と御琴羽寿沙都。

しかも、ここでも容疑者にされてしまう成歩堂でしたが、そんなピンチの中、シャーロック・ホームズと出会い、彼の力を借りながら真相に近づいていくのです。

ただし、ホームズの推理は道中で大きくそれてしまうこともあり、いつ大逆転されかねない(その逆もありき…)常にハラハラさせられる推理力…

結末が良ければいいのかもしれませんが、成歩堂は、そんなホームズの暴走を食い止め、共同推理として、事件を解き明かしていくことになるのですが…

『大逆転裁判』第3話:疾走する密室の冒險

大英帝国に着いた成歩堂の下に、弁護依頼が訪れます。

その依頼者には弁護士が不在で、このまま閉廷してしまったら間違いなく負けてしまう…

裁判そのものは決して難しいものではないので、成歩堂に受けてほしいと。

その話を主席判事・ヴォルテックスから受けて、中央刑事裁判所・オールドベイリーに向かうのですが…

裁判所に辿り着いたは良いものの、成歩堂に待ち受けていたのは、決して安易に勝てる法廷闘争ではなく、大波乱必至のかなり厳しい法廷劇だったのです。

『大逆転裁判』第4話:吾輩と霧の夜の冒險

ヴォルテックスが持ち込んできた法廷闘争劇から1日が経過し、またしても別口の依頼がヴォルテックスから持ち込まれてきました。

何とその事件の容疑者は、倫敦に留学中の、あの夏目漱石!

路上で女性が刺され、当初現場には二人しかおらず、そのことは漱石自身も証言しているため、真っ先に容疑者として疑われてしまっているのですが…

果たして、成歩堂は、事件の真相を解き明かし、漱石を救うことが出来るのか…

『大逆転裁判』第5話:語られない物語の冒險

ホームズと、顔なじみの質屋の命が奪われる事件が勃発!

容疑者は、何とヴォルテックスが最初に成歩堂に持ちかけてきた事件の証人として、出廷したスリの少女・ジーナだったのです。

さらに、法廷闘争中に、寿沙都の父親が病気で倒れたと知らされ、急遽、寿沙都のみ日本に帰国することになるのですが…

以上が、『大逆転裁判』の大まかな各話のストーリーあらすじ紹介となっています。

いつも通り?事件の容疑者になったり、容疑者を救う弁護士として活躍していく成歩堂です。

その中で、一つの大きな事件としてそれぞれに繋がりも見えてきて、黒幕の存在も出てくるのでは?と思える伏線もどこかに見えています。

果たしてどのように『大逆転裁判』を大団円へと導いていくのか。

この後も『大逆転裁判』のストーリー結末ネタバレをしていきますが、細かい部分は是非、実際にプレイしてみてくださいね。

結末・ネタバレ

正直、この『大逆転裁判』というゲームは、伏線が幾重にも張り巡らしながらも、その一部がそのままおざなりとなってしまった感があります。

それだけに、どこか消化不良と言った感じがありますが、少なくとも5話の事件が繋がっているという伏線は、結末である程度、明らかにされていきます。

全てをここで明らかにしてしまうと、『大逆転裁判』のゲームを解く面白さがなくなってしまうので、本当に結末のネタバレだけをお話していきますが、事件の黒幕は、

クログレイ

という電信技士で国家の機密情報の傍受できる人物だったのです。

クログレイは超貧乏人で、国家機密を売買して儲けようとするのですが、そこに一枚かんでいたメグンダルたちを振り払うために命を奪うのです。

とざっくり言いましたが、全ての伏線が回収されておらず、ここまでは話が込み入ってわかりづらいです。

ただ、それが結末であり、最大のネタバレだとも言えるでしょう。

ミステリー好きには、シャーロック・ホームズたちも出てくるので、そう言う部分では魅力的ですが、話が見えておらず、謎が謎を生むゲームとなってしまっているのが非常に残念なところ。

それを批判されるユーザーも非常に多いでしょうね。

是非、その辺りに注意しながら、ゲームをされてみるのが良いかと思いますよ。

さて、この『大逆転裁判』の伏線が回収されなかったことには、ある理由があります。

実は、逆転裁判シリーズの脚本家が変更されてしまったという話があったのです。

この『大逆転裁判』の前に発売された『逆転裁判5』の脚本家と異なり、『逆転裁判3』以来となる

巧舟さん

が、『大逆転裁判』の脚本と監督を担当することになったんだそうです。

タクシュー

この脚本家が変わったことにより、一つの作品で『伏線が回収されない』という展開に向かってしまうのです。

まぁとりあえず、トリックと犯人(各話の)は用意したけど、真犯人・黒幕は分からずじまい。

『大逆転裁判』が国家ぐるみの壮大なストーリーなのか、ただの事件の羅列なのかすらもあまり見えてこないというのが実際のところのようですね。

それだけに、『大逆転裁判』の次回作に期待したいですね。

 

『大逆転裁判』の感想と評判は?

先程も少し触れましたが、『大逆転裁判』になり、脚本家が変更となる事態に発展したこともあってか、残念ながら、実際にプレイしたファンの反応としては、

かなり冷やかな印象

を持っているように見受けられます。

確かに、逆転裁判シリーズの産みの親とも言ってもいい、巧舟さんが脚本を担当するということで、ファンからも

「タクシューさん脚本なら買うしかない!」

「ゲーム概要だけでは不安があったけど、脚本:巧舟の欄を見ただけでチェックせざるを得ない作品だ」

などと、『大逆転裁判』の発売前は、かなり好意的な意見が多くみられました。

しかし、蓋を開けてみれば、伏線の投げっぱなしで、それを回収しようという動きが見られない…

一応、全体の繋がり的な回収のされ方はしています。

ただそれが、本当の意味で伏線の回収とは言えないというのがユーザーたちの素直な印象でした。

だからこそ、『大逆転裁判』第5章終了後も、

『まだもう1話あり、そこで全ての謎が明らかになっていくのでは?』

と、多くのファンが楽しみにしたくらいです。

これが完全なる裏切りとなり、『大逆転裁判』のエンドロールへとつながっていったことで、ファンは激怒を通り越して、かなりがっかりされたみたいですね。

この消化不良は、ぜひとも次回作の『大逆転裁判』ための伏線であると期待したいのですが、果たしてどのような内容となっていくのでしょうか…

そもそも、本当に納得できる作品が今後発売されていくのでしょうか?

現時点での『大逆転裁判』は、ただ、謎が謎を生んだゲームという側面を残してしまった残念なゲームという評価は避けられないでしょうね。

 

まとめ

『大逆転裁判』は、明治という時代で、しかもシャーロック・ホームズたちがいた倫敦(ロンドン)を舞台にしたゲームです。

それだけに、『大逆転裁判』がミステリーファンにはたまらない作品になると、多くのファンは期待していたゲームでした。

しかし、蓋を開けてみれば伏線の投げっぱなしで、何がなんだか分からずじまいの展開に終わり、ユーザーたちは消化不良を抱え、大批判となってしまっているようです。

本当の謎が明かされておらず、ただ謎が謎を呼んでいるだけなら、あまり意味が無いというのが正直な意見ではないでしょうか。

今後、『大逆転裁判』の第2弾が発売されるそうですが、今度こそしっかり伏線を回収し、消化不良が起きないようにしてほしいものですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ゲーム

Copyright© 星々の煌めき , 2017 All Rights Reserved.