星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

雑学

歓送迎会が盛り上がるおすすめ鉄板ゲーム(余興)を2つ紹介!

更新日

新入社員にとっては、仕事を覚えることも大事ですが、歓送迎会などにも参加しなければなりません。

「飲み会苦手なのでお断りします」

とはっきり断る人も近年は増えてきているようですが、会社での立場を確立するために、仕方なく参加…

そんな人も多いかと思われます。

こうした気苦労がある一方で、次の新入社員の歓迎会を企画する幹事となってしまった方は、慣れない準備が大変でしょう。

そして、歓送迎会で、ただ飲んで食事するだけの数時間では、途中でダレてしまいがち。

そこで乾杯から歓談、そして最後の挨拶と流れていく中で、簡単なゲームを企画してみてはいかがでしょう?

簡単なゲームであれば、準備にもそんなに時間はかかりません。

ぜひ緊張の中、参加している新入社員さんの緊張をゲームでほぐしてあげましょう!

今回は、歓送迎会の余興として、おすすめのゲームについて紹介していきます!

スポンサーリンク

アドセンス

歓送迎会のゲームで大切なこと

歓送迎会の幹事として、

「会を盛り上げるためのゲームを企画しよう!」

と思い、いざゲームを考えようとすると、

「でも、一体どんなゲームにすればいいんだろう…」

いきなり行き詰まってしまうことがありますよね。

まず、歓送迎会のゲームを企画することにおいて、一番大事なのは、

  • 幅広い年齢層の全員が楽しめるようなゲーム
  • 積極的に新入社員に参加してもらえるような状況を作れるゲーム
  • コミュニケーションがとりやすいゲーム

これらの要素だと思います。

歓送迎会は、同窓会などとは異なり、同じ会社の人たちが集まるので、老若男女、さまざまな人たちが揃います。

若い世代だけで盛り上がれるゲーム、逆に年長者だけが盛り上がれるゲーム、と言ったように、楽しめる人に偏りが出てしまっては、歓送迎会のゲーム・余興としては大失敗です。

 

先ほども述べたように、会社にはさまざまな人たちがいます。

この全員の好みに合致するゲームを考えるのは、至難の業です。

さらにいえば、ゲーム自体に参加したくない人もいるわけですしね…。

ここで、どうしても歓送迎会の余興やゲームに行き詰まってしまった時のために、とっておきの案を紹介しましょう!

それは…

歓送迎会に出席する中で一番役職の高い人に、積極的に参加してもらえるゲームにする

ことです。

手段としては若干卑怯な気がしますが、歓送迎会の参加者の中で、一番役職の高い人が積極的になれば、多少無理にでも多くの参加者を巻き込んでくれることでしょう。

『ゲームの考案に困ってしまった場合は、偉い人を巻き込む!』

この方法を最終手段として、頭の中に入れておくのもいいと思いますよ。

 

しかし、これだけあらゆる手段を尽くしても、

「ダメだ、思い浮かばない…」

という人もいるでしょう。

続いては、そんな人たちのために、歓送迎会でよく行われる鉄板のゲーム、余興を紹介します!

 

歓送迎会でおすすめのゲーム・余興は名前ビンゴ!

名前でビンゴ

歓送迎会、とくに歓迎会では鉄板と言われるゲームが、この名前ビンゴです。

通常のビンゴゲームは、数字の書いてあるカードを使い、縦・横・斜めと、読み上げられた数字を揃えていくゲームです。

しかし名前ビンゴは、ビンゴカードに、

数字の代わりに社員の名前を使う

タイプのビンゴゲームです。

名前ビンゴで準備する物

・ビンゴカードを人数分

100均などで売っているビンゴカードや、パソコンなどで事前に作成して印刷しても良いです。

歓送迎会の幹事が、事前に出席者の人数分を用意しておきましょう。

名前ビンゴのゲーム方法

  1. 参加者全員に、空白のビンゴカードを配布。
  2. 乾杯後の歓談に入る前、ビンゴカードに自分以外の名前を歓談の時間中に書いてもらうよう、幹事が参加者にお願い。
  3. 名前ビンゴゲームの時間になった時に、事前に準備しておいた名前のカードを読み上げていきます。
  4. あとは通常のビンゴゲームと同じ流れ。

通常のビンゴと違うのは、

社員の名前を使う

ということです。

また、名前を呼ばれた人は、そこで簡単な自己紹介をする、というのもいいかもしれませんね!

この名前ビンゴの利点としては、ゲームを始める前にカードに名前を埋める際、相手の名前を聞くこともあり、さらに自分の名前も名乗るので、コミュニケーションをはかる事もでき、一石二鳥です。

とくに実力が必要なゲームというわけでもありません。

格差も生まれず、皆が楽しむことができるかと思います。

しかし、ただビンゴしても何もない…

というのは、結果的に楽しんでもらえないおそれもあります。

そこで、

何らかの景品を用意しておくといい

でしょう。

もしかすると、景品目当ての人が積極的に参加してくれるかもしれませんよ!

 

歓送迎会でのおすすめゲーム・余興に身内クイズ

 

歓送迎会に参加しているということは、すなわちその会社の社員であることを意味します。

つまり、

完全なる身内の場

ということになりますよね?

そこで、身内クイズを開いてみてはいかがでしょうか?

例えば、会社のルーツや豆知識など、社員しか知らないことをクイズにします。

これで新入社員にも会社のことを知ってもらえますし、社員の特技をクイズにして、

「○○さんは、△△を何回できるでしょうか!」

と、予め特技を披露してもらうことを連絡しておき、その場で特技を披露してもらう、という展開も盛り上がります。

また、社員のプロフィールの○×クイズというのも、お互いをよく知るためのコミュニケーションの場になりますし、面白いと思いますよ。

「正解数1位の人には景品です!」

と景品を用意しておくとよいですね。

最終目的は、社員同士のコミュニケーションを深めることです。

しかし、深く参加してもらうためには、景品の有無は大事な要素となりますよ。

 

まとめ

今回は歓送迎会の余興として、そして社員同士のコミュニケーションを深めるためのゲームを2つご紹介しました。

とくに新入社員からしてみれば、ほぼ相手全員が上司・先輩という場に参加しているわけですから、緊張しているのは当たり前。

そこで、新入社員が雰囲気に馴染んでリラックスするため、そして他の社員と仲良くなれるようにする、というのが、歓送迎会における余興・ゲームの一番の目的ではないでしょうか?

少しでも早く慣れて、仕事に取り組めるようにすることは、同じ部署のみなさんの為でもあり、ひいては会社のためにもなります。

歓送迎会を通じて、一緒に働く仲間の絆を深めていきましょう!

歓送迎会の記事はコチラも良く読まれています!

歓送迎会の幹事は乾杯の挨拶や席の順番を決めよう!事例を紹介!

歓送迎会の幹事の準備と当日の流れを紹介!段取りと挨拶が重要!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-雑学