星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

斎藤佑樹(日ハム)の現在は?成績不振で引退の可能性とポルシェ疑獄

更新日

高校時代、甲子園をきっかけに、

『ハンカチ王子』

と呼ばれ、一躍世間を虜にした斎藤佑樹投手。

大学卒業後は、日本ハムに入団し、名実ともに一流の選手になるかと、周囲から大いに期待されていました。

しかし、プロ入り後は怪我の影響もあってか、全く活躍できず、今ではチームメイトである二刀流・大谷翔平選手に完全に話題をさらわれてしまいました。

夏場には、なんとポルシェをねだったという疑惑も生まれ、

「ついに引退か!?」

と囁かれてしまうように…。

当記事では、そんな斎藤佑樹投手の現在についてまとめてみます。

スポンサーリンク

アドセンス

2016年の斎藤佑樹の成績をチェック!

斎藤佑樹

怪我をして以降、全くいい成績を残せておらず、野球ファンからは半ばネタキャラ扱いされてしまっている斎藤佑樹投手。

2016年の成績はというと、

11試合0勝1敗

防御率4.56

という散々な成績でした。

6月頃に先発した際は、5回持たず2失点という成績で降板、その後、登録抹消されました。

夏場に再び一軍に再登録され、主に中継ぎやセットアッパーとして数試合、それなりのピッチングをしていたのですが、オリックス戦で吉田正尚選手にホームランを打たれた試合をもって、またも登録抹消。

そのまま目立った活躍をすることなく、斎藤佑樹投手の2016年は終わってしまい、2017年でプロ7年目を迎えようとしています。

ここまでくると、そろそろ斎藤佑樹投手にも戦力外や、引退の文字がチラついてくるかとは思いますが…。

かつての甲子園での雄姿を見ていると、随分と悲しくなりますが、これもプロの世界。

まだ知名度などはあるため、日ハムの客寄せパンダとしては重宝されているみたいですが、斎藤佑樹投手にその価値さえもなくなってしまったら、クビになる未来しかないでしょうね…。

どうやら下半身がうまく使えていないので、コントロールが安定していませんし、ストレートもある程度の球速は出ているものの、ノビがありません。

変化球では、斎藤佑樹投手のフォークはよく落ち、1つの武器であると言ってもいいのですが、落ちるタイミングが早いのが難点。

もう1つは、キレのある変化球を増やしたいところですね。

と、このように、現在の斎藤佑樹投手はストレート、変化球、コントロールと、あらゆる面でプロとして一流になるには実力不足なのです。

このうち、せめて1つだけでも改善されれば、中継ぎとして1シーズンを過ごすことくらいはできそうなものなのですが…。

2016年の斎藤佑樹投手といえば、

『相変わらずの成績で終わった…』

という地味な部分だけではないのです

夏場にある疑惑までかけられ、一気にネット上で拡散し、大盛り上がりしてしまったのです。

 

日ハム・斎藤佑樹のポルシェおねだり事件とは?

%e3%83%9d%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%82%a7%e3%83%bb%e3%83%9e%e3%82%ab%e3%83%b3

その情報が『週刊文春』からスクープされたのは、夏場のこと。

なんと、斎藤佑樹投手は某野球雑誌出版社の社長に、

「鎌ケ谷の二軍練習場に通うための車が欲しい」

とおねだりをして、

会社名義でリースしたポルシェを提供されていた

というのです。

さらに、この社長から斎藤佑樹投手は財布やバッグなどをプレゼントされていたり、マンションの無償提供も受けていたとのこと。

2015年ごろから、ポルシェ・マカンで通勤する姿が目撃されていた斎藤佑樹投手ですが、どうやらこのマカンは社長から提供された、しかもそれが『車庫飛ばし』に該当するかもしれないという、もしかしたら法律に触れるおそれのある行為をしていたのです。

この斎藤佑樹投手を巡るスクープにネット上では大盛り上がり。

「マカン鎌ヶ谷にグレードダウンか」

「念願のポルシェに乗れてよかったな」

と、カイエン青山というあだ名から、マカン鎌ヶ谷というあだ名になってしまったのです。

ちなみに、カイエン青山とマカン鎌ヶ谷というのは、ネット上における斎藤佑樹投手のあだ名(ネットスラング)。

昔、斎藤佑樹投手が、

「カイエン乗りてぇ」

「青山に土地買うってやばいっすか?」

などの痛い迷言を残してしまったことから、『カイエン』と『青山』をセットにしてネット上で定着。

そして今回、実は鎌ヶ谷にある日本ハムの2軍施設に通勤していたこと、車は同じポルシェでもマカンだったことがネタとなり、

『マカン鎌ヶ谷』

というあだ名が新たに誕生したというわけです。

ちなみに、斎藤佑樹投手が語ったカイエンというのは、ポルシェ・カイエンで、2,000万円程する超高級車であり、一方のマカンは800万円程度。

文字通りグレードダウンだったことが、ネット上では非常にウケがよかったみたいですね。

本来ならば批判されても仕方のないことですが、元がネタキャラ化していたために、ネット上でもネタにされるだけで終わっているあたり、これも斎藤佑樹投手の人徳?なのかもしれません。

 

斎藤佑樹の不調の原因は怪我?手術をしない理由とは?

斎藤佑樹

プロ入り1年目から、6勝を挙げるなど、ある程度の成績を残していた斎藤佑樹投手ですが、なぜ現在のような状態に陥ってしまったのでしょうか?

その原因のひとつと思われるのが、肩の怪我です。

この怪我は、

右肩関節唇損傷

と呼ばれ、野球生命に関わるような大きな怪我となっています。

斎藤佑樹投手は一度は手術も検討したようですが、投球フォームの見直しなどの対策を取ることにして手術を回避。

その投球フォームの見直しの結果、現在の成績の低迷を招いてしまったというわけです。

ここで多くの方は、

「なぜ斎藤佑樹は手術をしないのか?」

と思うことでしょう。

斎藤佑樹投手が、手術を回避した理由、それは、これまでに同じ怪我、症状で手術を行った選手の、

その後の活躍の有無が影響している

と思われます。

肩の関節唇損傷の怪我で、手術を受けたプロ野球選手は多いのですが、その大半が復活することが叶わず、

引退

という結果に終わっているのです。

有名なところでは、西武でセットアッパーを務めていた森慎二さんや、ソフトバンクの絶対的エースだった斉藤和己さん、阪神のJFKの一角を務めたジェフ・ウィリアムスさんなどが該当します。

彼らは手術後も思うように自分の投球ができず打ち込まれたり、中には登板することさえ叶わなかったのです。

近年で実績を残している投手の中で、手術後に唯一復活した例といえば、元ソフトバンク、オリックスの馬原孝浩投手くらいではないかと思います。

ただ、斎藤佑樹投手が、手術回避を決断した時は、馬原孝浩投手もまだリハビリ中でした。

一流選手でも手術後に復活ができない人が多い、そういう点を踏まえての手術回避だと思っています。

とはいえ、肩を庇い、投球フォームが手投げになってしまっては、結果的には手術後に復活ができなかったのと大差ありません。

元々、斎藤佑樹投手の球速自体は特に速いというわけではなく、コントロールの良さを前面に出す投球スタイルだったので、まずはコントロールの改善が急務でしょう。

せっかく”特別な選手”として栗山監督から贔屓にしてもらっているのですから、試行錯誤を繰り返し、何としても這い上がってほしいところです。

まぁ正直なところ、筆者としてはもう活躍は無理だろうなと思ってはいますが…。

 

まとめ

斎藤佑樹投手は2016年も、思ったような成績を残せず、

0勝1敗

というふがいない結果に終わりました。

さらには、夏場にポルシェおねだり事件までスクープされてしまい、もしかしたら捕まっていたかもしれないのです。

そんな斎藤佑樹投手ですが、ネット上でも

「さいてょ」

「カイエン青山」

などの、ネットスラングともいうべき、あだ名でネタ的に親しまれています。

まだ客寄せパンダとしてはまだ重宝されているのか、プロ野球選手として戦力外・引退という気配は全く見えないようです。

筆者としては、せめて最後に一花咲かせてほしいとは思っているのですが…。

斎藤佑樹投手の2017年での再起に期待しましょう。

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-プロ野球