星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

時事

友達の作り方!大学入学後の4つのポイントとは?ぼっちを防ぐ方法

投稿日

4月に入り、いよいよ大学の入学式が近づいてきましたね。

大学生になると、自分の生まれ故郷から遠く離れた大学に通うため、異郷で新生活を始める方も多いのではないでしょうか?

もちろん、それまで仲が良かった地元の友達とは別に、新しい友人も一から作り直さないといけません。

「まぁ、これまでと同じように接してれば、自然とできるでしょ?」

と考えている方、油断は禁物ですよ。

高校や中学校と違い、大学ではこれまで以上に積極的にコミュニケーションをとらないと、気が付いたら「ぼっち」と呼ばれる孤独な大学生活を送ることに……

なんてこともあり得るのです。

そこで今回は、大学入学後に楽しく充実した大学生活を送れるよう、大学での友達作りのはじめ方について、おすすめの4つのポイント・方法をご紹介します!

スポンサーリンク

アドセンス

【友達の作り方1】とにかく大学では早めに動く!

東京大学

大学で友達を作るためには、入学式後に授業が始まると同時に、とにかく早めに多くの学生と出会うことが重要です。

具体的には、大学が始まってから6月に入るまでの、2か月が勝負どころでしょう。

というのも、この2か月間というのは、

・サークルや部活の新入生歓迎イベント

・同じ学科の学生全員が集まる外国語などの授業

といった、新しい人と接する事のできる機会が、一番多く存在する時期でもあるのです。

ちなみに、大学での友達作りの場は、大きく分けて「サークル」と「自分が所属している学科」の2つが有ります。

とくにサークルは、所属後にサークル内で友達作りをするという手もありますが、実は入学後すぐの新歓イベントこそ、友達作りをおこなう最大のチャンスなのです!

 

【友達の作り方2】大学のサークルの新歓期間を活用!

アヒルちゃんが集合

新入生が入学した後の4月~6月には、学内のほとんどのサークルが「新入生歓迎期間」を設けています。

新入生はこの新歓期間に、色々なサークルが開催する新歓イベントに参加し、サークルの活動内容や雰囲気を見て、どのサークルに所属するか決定するわけですね。

こういった新歓イベントは、自分と合うサークルを探すのが主な目的であるのはもちろんですが、新歓イベントに参加することで、もう一つの副産物も得られます。

それは、他学科の新入生と、新歓イベントを通して仲良くなれることです。

実際、結局は別のサークルに所属することになっても、あるサークルの新歓イベントで知り合って、そのあと連絡を取り合ううちに仲良くなる、といったケースは少なくありません。

上手くいけば、新歓イベントで知り合った二人がカップルに!ということもあるようです。

ですから、どこか一つのサークルの新歓イベントのみに参加するのではなく、色々なサークルの新歓イベントに参加して、様々な学生と出会うことをおすすめします。

そうすることで、学科外であっても、友達作りの第一歩を踏み出せるはずです!

 

【友達の作り方3】学科では日ごろの会話を心がけて!

勉強

一方で、サークルなどの課外活動だけで友達作りを進めるのではなく、同じ学科の人とも友達になるように努力しましょう。

同じ学科に所属する友達が居る場合と居ない場合とでは、その後の学校生活の快適さに雲泥の差があります。

というのも、気軽に話せる友達が学科に居れば、

・どの授業が簡単 or 難しいか、といった講義の評判

・次の講義の教室変更や休講の情報

・レポートの相談や、参考資料の共有

・中間テストや期末テストなどの、過去に出された問題の共有

などの、学業を進めるうえで非常に有利となる情報を得ることができるからです。

しかしながら、同じ学科であっても、履修する科目や単位を取る方針が人によって異なるため、サークルのように全員が一同に顔を合わせる機会は、なかなか無いかもしれません。

しかし、入学してしばらくは、学科全員が必修となることが多い「外国語」などの授業で、週一くらいのペースで同じ学科の人全員と顔を合わせることになります。

この貴重な機会を逃さず、まずは座席の近い人と仲良くしてみるのが、学科の中で友達作りを始める足掛かりとなるのです。

声を掛ける内容としては、

「どの授業取ってる?」

「今回のレポート、少し難しそうだよね」

といった具合に、授業に関する話題を振るのが効果的です。

往々にして、大学生は授業などを「面倒」と考える人が多いため、そういった授業の感想で共通点が出来れば、一気に仲良くなれますからね!

 

【友達の作り方4】SNSを活用しよう!

SNSをフル活用する男性

以上のような、実際に大学で顔を合わせる交流にくわえて、SNSへの参加も怠らないようにしましょう。

Twitter、LINE、Facebookなど、近年は様々なSNSが充実しており、低年齢化が進んではいるものの、未だにこれらのSNSは大学生になってから始める人が多いのです。

とくに、サークル関係の仲間であれば、サークルの活動が無い時であっても、LINEで連絡を取り合っていたりTwitter上で雑談していたり、といったことも少なくありません。

また、学科の場合でも、テストの日程やレポートの問題など、学業に関する連絡や相談はLINEなどSNSで行われることも多いでしょう。

大学生活になじむためには、こういったSNSの準備を早めから進めておくのも大切です。

大学入学後は連絡先の交換ができるチャンスの訪れる機会が多いので、抜かりなく準備しておきましょう!

 

まとめ

いかがでしたか?

今回の記事をまとめると、大学での友達作りに向けた準備として、

・入学後の約2ヶ月が大チャンス!できるだけ早めに動こう

・色々なサークルの新歓イベントに参加して、たくさんの学生と出会う

・学科の人とは顔を合わせる機会には必ず話しかけてみる

・いつでも参加できるようにSNSは準備しておく

といった4点を心がけるようにしましょう、ということでした。

いずれにしても、大学生は瞬く間にグループを作ってしまいますから、それに乗り遅れてしまうと、なかなか友達作りは難しくなります。

全てが初めての環境では気恥ずかしくなりがちですが、少し勇気を出して、積極的にいろんな人とコミュニケーションをとるようにして、今後の学生生活にかけがえのない友達作りをしましょう!

友達の作り方の記事はコチラもよく読まれています!

友達の作り方!新入社員・社会人におすすめな4つ方法とは?

友達の作り方!高校入学後に使える!おすすめの4つの方法を紹介!

中学校での友達作りは挨拶と部活動!作り方や方法などのコツを紹介

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-時事