星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

プロ野球

小林誠司(巨人)の打撃や守備評価を考察!キャッチャー失格か?

更新日

WBC日本代表の捕手に、まさかの小林誠司選手が選出!

これには、他球団ファンである筆者も驚いたのですが、どうやら巨人ファンからも非常に驚かれているのだとか…。

というのも、小林誠司選手は、巨人ファンの中からも、

「正捕手としてはちょっと…」

と、実力不足を指摘されているからです。

現在の巨人は、相川亮二選手は完全に代打ポジション、阿部慎之助選手はファーストへ完全コンバート。

現状、1軍キャッチャーを務められるのは、小林誠司選手と実松一成選手くらいではないかと思います。

巨人・高橋監督としては、2017年のシーズンは、23歳の若手・宇佐見真吾選手を鍛えていきたいと考えているそうですが…。

察するに小林誠司選手は、ファンからだけでなく、巨人の首脳陣からも、それほど信頼を得られていないということなのでしょうか?

そこで当記事では、巨人の小林誠司選手の評価について、調べてみようと思います。

スポンサーリンク

アドセンス

小林誠司がWBC日本代表に!

2017年3月に、第4回WBC(ワールドベースボールクラシック)が開催されますね。

その日本代表メンバーの中に、巨人の小林誠司選手が選ばれたことがわかりました。

これには、巨人ファンを含む、プロ野球ファンの多くが驚いたそうですよ。

もちろん、筆者も驚きましたし、同時に

『小久保監督は一体何を考えているのだろうか?』

と、彼の考えを疑ってしまったほどです。

小林誠司選手というと、多くのプロ野球ファンは、

「守備面には定評があるが、打撃は全くダメな選手」

というイメージがあるかと思います。

いわゆる、

控え捕手タイプ

の選手ですね。

基本的には、多くの人から、控えレベルの選手という評価を受けているのが、小林誠司選手なのです。

しかしながら、骨折によって一時期離脱したことはあったものの、2016年のシーズンの小林誠司選手は、

12球団で捕手としては唯一、規定打席に到達

しました。

(とはいえ、規定打席に到達した選手の中では最低打率の.204なのは、やはりどうかと思いますが)

一時期の離脱というのも、デッドボールによる骨折なので、小林誠司選手本人の調整不足というわけではないはず…。

これらのことを考えれば、小林誠司選手は、ほぼ巨人の正捕手と言っていい存在のはずですよね?

しかし実は、小林誠司選手は、肝心の巨人ファンや巨人の首脳陣から、

まだ正捕手として認められていない

のだそうです。

一体なぜ、小林誠司選手は、正捕手として認められていないのでしょうか?

続いては、その理由について紹介していきます。

それにしても、2016年は12球団で規定打席に到達した捕手が小林誠司選手しかいなかったのですね…。

『日本プロ野球全体で正捕手不足に陥っている…』

とみるべきでしょうね。

同時に、WBC日本代表の捕手に小林誠司選手が選ばれたのも、なんとなく納得できるような気がしました。

 

小林誠司の評価をチェック!

実際のところ、小林誠司選手は、巨人においてはどのような評価をされているのでしょうか?

調べてみると、巨人の首脳陣からはレギュラー確約をされておらず、

正捕手には程遠い存在

ということがわかりました。

また、高橋監督は秋季キャンプで2017年の捕手のレギュラー白紙を宣言していました。

そして、この秋季キャンプには、小林誠司選手も参加しています。

この秋季キャンプでは、1軍を目指す選手たちが多く参加していたということを踏まえると、やはり小林誠司選手の実力は、まだまだといったところなのでしょう。

実際、高橋監督も、

「普通でしょ。体力が1年もったところ以外はどうなの?」

「小林がそんなにレベルが高いとは思わないけれどね。今、ここにいる選手たちも課題はあるけれど、少しでも改善すればチャンスはある」

と、厳しいコメントを残しています。

筆者のイメージでは、高橋監督は、原前監督のように、リップサービスをするような人ではないような気がするので、おそらくは本気でそう思っていそうです。

村田ヘッドコーチも、

「俺はどうかと思うで」

と、小林誠司選手のWBC日本代表入りに疑問を抱きつつ、

「今年はチームのために、監督が小林を我慢して使っただけやないか。まだ一人前のレギュラーじゃないやろ」

と、規定打席に到達したとはいえ、それは高橋監督の我慢があったからこそだとの見解を示しています。

確かに小林誠司選手を見ると、まだ正捕手とは言い難いとは感じています。

さらに、巨人ファンからも、小林誠司選手については、

「消去法でレギュラーになっただけだから、正捕手とは言えないよなぁ」

「頼むから誰かいい若手が育ってくれ…」

と、小林誠司選手の今後の成長に期待するよりは、高卒・大卒などの若手が育ってくれることを期待している人が多いように見えました。

つまり、小林誠司選手は、巨人ファンからも、巨人の首脳陣からも、

正捕手と言うには厳しい実力

であり、見限られつつある状況かもしれません。

 

小林誠司はキャッチングがひどい!?

小林誠司選手と言えば、イケメンであること(野球に関係のない部分!)、強肩の持ち主であることは評価されています。

一方で、

  • 打撃はからっきし
  • リードはまだ経験不足
  • キャッチングがひどい

と、巨人以外の他球団ファンが思うほど、守備面では評価を受けていないようです。

確かに、筆者も何試合か巨人戦を見たことはありますが、捕逸にならないものの、

『大きく落ちる球を捕球できない』

という場面を何度か見たことがあります。

小林誠司選手のキャッチング技術は、お世辞にも上手いとは言えません。

そもそも、プロ野球では捕逸自体が珍しく、大半が暴投として処理されてしまうことが多いのです。

ファンや投手としては、

「いや、それは捕ってくれないかなぁ…」

と感じる、暴投にならない程度のミスというのも、割と多いのですよ。

2016年の小林誠司選手は、例年以上に『キャッチング技術が不足している』と感じる場面が多かったですね。

というのも、小林誠司選手がキャッチング技術の甘さを露呈させて、とても目立ってしまっていたからです。

たとえば、

マイコラス投手がブチギレ状態になった日

のこと。

この原因も、小林誠司選手のキャッチングのあまりのひどさによるものでした。

そして、小林誠司選手のキャッチング技術不足が、さらに目立ってしまったのは、2016年11月に行われた、WBC日本代表の強化試合のことです。

この試合で小林誠司選手は、魔球とも言われる、ソフトバンク・千賀投手の大きく落ちるフォークを、

1イニングで3度も捕逸してしまった

のです。

強化試合とはいえ、日本代表の試合です。

さらに、この試合の解説をしていた名捕手として知られる古田敦也さんが、穏やかな口調でありながらも、呆れぎみに、

「あれはない」

「どうしてこうなるんですかね」

と、怒りを含むコメントをしていました。

テレビを見ていて、怒りの古田さんの印象が残った方は多いのではないでしょうか。

(一応、最初のケースは捕逸というよりは、ベース前、しかも大きく外れた場所でワンバウンドしたため、完全なるワイルドピッチと言えます)

まぁ、古田さんは、

「おそらく巨人にここまで落差の大きいフォークを投げる投手がいなかったから、想定と違ったのだろう」

と、フォローこそしていましたが…。

この時の小林誠司選手は、フォークに対し、上からミットを被せるように手を出して捕球しようとしていました。

さらに言えば、小林誠司選手は、2016年のシーズン中も、巨人ファンから、

「被せる取り方やめろよ」

という苦言が多く見られたのを、筆者は記憶しています。

非常に落差が大きく、ワンバウンドするような球であれば、ミットを下から出し、身体で止めるように心がけるのがセオリーです。

しかし、小林誠司選手はそれをしなかった。

きっと上からミットを被せるようにして捕球するのが、小林誠司選手の癖になってしまっているのでしょう。

そのため、身体で止めなければいけないところでも手で取ろうとしてしまい、捕逸に繋がる…

というわけです。

日本代表の強化試合での小林誠司選手のプレーは、悪い意味で非常に目立ってしまい、大舞台でこのやらかしをしてしまったことから、

「なんでこいつが日本代表なんだ?」

と、プロ野球ファンから批判されるようになってしまいました。

ただ、小林誠司選手のWBC日本代表強化試合でやらかしてしまった捕逸に関しては、一定のフォローの声もあります。

先ほどの、古田敦也さんの、

「巨人の投手にあんな魔球のような球を投げる人はいなかったのだろう」

というコメントもありますし、第1回WBC日本代表の正捕手だった、元ロッテの里崎智也さんも、

「プロなら、どんなボールでも捕れるだろうと思われているのかもしれませんが、普段受けていないピッチャーのボールの軌道はまったく違う」

と解説しています。

ただ、2人とも、

「事前に受けて、その軌道を把握しておく必要があった」

と、非常に大きな変化球を持っている投手がいるのであれば、

日本代表の練習で事前に球を受けておき、その変化を把握する事前準備をしておく必要があったはずだ

とも言っていました。

つまり、

小林誠司選手が準備不足だった

ということになりますね。

しかも、自分でフォークを要求するサインをしておきながら、フォークの軌道を把握できておらず、捕逸する…

確かに、これでは正捕手を名乗るには論外と言われても仕方ありません。

このように、小林誠司選手の正捕手に必要とされるスキルは、まだまだ不足しているとみるべきです。

日本代表での失態については、まだプロ3年目の小林誠司選手には少し酷だとは思いますが、逆に言えば、小林誠司選手が成長するうえで必要な、大きな収穫にもなったはず。

失態を2017年シーズン以降に生かし、なんとか正捕手として巨人ファンからも認められる存在になることに期待したいですね。

 

まとめ

小林誠司選手は、2016年のシーズンでは、高橋監督の我慢もあって、12球団唯一の規定打席に到達した捕手になりました。

しかし、実力的には小林誠司選手を正捕手と呼ぶには、まだまだ不足しています。

とくにキャッチングはひどいものです。

まずは、ワンバウンドのボールも上から取ろうとしてしまう癖を直す必要があるでしょう。

幸いにも、チーム内には阿部慎之助選手もいるわけですから、彼が引退する前に、その技術の継承が行われてほしいところですね!

あとは、打撃面でしょうか。

捕手は守ってくれればいいので、多少の貧打は仕方がないとは言うものの、さすがに打率ランキング最下位では目も当てられないので…。

小林誠司の記事はコチラも良く読まれています!

小林誠司の出身大学は?ドラフト1位以外は社会人って本当?

小林誠司は2007年甲子園で準優勝?出身高校とその時の同期とは?

巨人の新正捕手!小林誠司の彼女はフジテレビの女子アナ宮澤智?

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-プロ野球