星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

ゲーム

RTMとBOTって何?Yahoo!ゲーム版ドラクエ10がサービス終了の理由!

更新日

長らく販売が中止されていた、Yahoo!ゲーム版「ドラゴンクエスト10」ですが、先日ついに、2016年3月31日にサービスを終了するとの発表が有りました。

来年の4月以降は、Yahoo! JAPAN IDでは、「ドラゴンクエスト10」をプレイできなくなるのです。

サービス終了の理由としては、

「RMTに起因する問題に対処し、万全な状態でのサービス提供が困難となった」

とのことです。

オンラインゲームに馴染みの無いユーザーの中には、この「RMT」を知らない人も多いかもしれません。

そこで今回は、Yahoo!ゲーム版「ドラクエ10」をサービス終了に追いやった、「RMT」とそれに関連する問題点について解説します!

スポンサーリンク

アドセンス

【ドラクエ10終了】RMTって何?何が問題なの?

ドラクエ10の超リッチマン

RMTとは、「Real Money Trading」の略であり、主にオンラインゲームのキャラクターやアイテム、ゲーム内で用いる仮想通貨を、現実世界のお金で売買する行為を指します。

具体的なRMTの方法としては、RMTを行う業者が、強いキャラクター育成やレアアイテム集めをおこなったり、あるいはユーザーから強いキャラクターやレアアイテムを現金で買い付けたり、といった方法で商品を用意します。

そして、別のユーザーが、この業者から現金でキャラクターやレアアイテムを購入し、業者は差額分の利益が得られるわけです。

RMTは、ほとんどのオンラインゲームで契約上「禁止行為」とされており、RMTが発覚した場合は、キャラクター削除やアカウント永久凍結などの、厳しい措置が取られることになります。

ドラクエ10についても例外ではなく、スクウェア・エニックス公式サイトの報告によると、2月~3月の1ヵ月で、約6000アカウントがRMTに携わったとしてアカウントの利用停止処分を受けています。

しかし、RMTによる金稼ぎを目論んでいる業者は今も根強く残っており、RMTの問題点を理解していないユーザーが巻き込まれてしまうこともあるのです。

 

【ドラクエ10終了】どうしてRMTをしちゃいけないの?

ドラクエ10

そもそも、RMTはどうして「禁止行為」となっているのでしょうか?

最も大きな理由には、RMTによって本来設定していたゲームバランスが崩壊し、開発者側が不利益を被る恐れがある、という点が挙げられます。

ドラクエ10などのMMORPGなどオンラインゲームは、強い敵を倒してレベルアップして、お金を稼いで装備を整え、また強い敵を倒して……と、時間を掛けてゲームを進めていきます。

つまり、プレイ時間が多いプレイヤーと少ないプレイヤーで、キャラクターの能力差が大きくなるように出来ているのです。

たとえば、ドラクエ10については、アストルティア大陸のダンジョン等をじっくり回るには、100時間のプレイ時間でも足りないほどのボリュームが有ると言われています。

そして、ドラクエ10は月額料金体制なので、ゲームクリアできるまでキャラクターを育てる、あるいはダンジョン探索をしてレアアイテムを探すなど、プレイ時間が延びれば伸びるほど、開発者はお金を稼げる、というわけですね。

トルネコと仲間たち

ところが、ここでRMTが登場すると、こういったプレイに費やす「時間」を、「現実のお金」で買えるようになってしまいます。

たとえば、本来ならゲームクリアのためにキャラクターを1ヵ月以上かけて育てないといけないはずが、RMTによって、お金さえ払えば、1日で強いキャラクターが入手できてしまうのです。

その他にも、RMTによって

・ゲーム内のレアアイテムの相場が下がり、ゲームバランスが崩れる

・「経験値2倍」などの課金アイテムが売れなくなる

・お金さえ払えば強くなれるため、初心者正規ユーザーのプレイ意欲が削がれる

といった、開発者にとって良くないことが多く起こってしまうのです。

 

【ドラクエ10終了】RMTはプレイヤーにも悪影響が!

「うーん、それは開発者が不利益を被るだけで、プレイヤーにはあまり関係ないんじゃないの?」

と思った方、それは大きな誤解です。

RMTが引き起こす副次的な問題に、「BOT」によるユーザーのプレイ妨害が挙げられるのです。

パソコンと手

BOTとは、ゲームを自動的にプレイしてくれるプログラムのことで、RMT業者はこのBOTを用いてゲームをプレイしているのです。

具体的には、「BOT」を複数台起動させることで、モンスターをひたすら倒し続けるなどの単調作業を24時間永遠に繰り返し、普通のプレイでは滅多に出ないレアアイテムを入手したり、高レベルのキャラクターを人間では不可能な速度で育てたりするのです。

このBOTがゲーム内に充満してしまうと、狩場のモンスターや、皆で倒すはずのボスが全てBOTに占有されてしまい、通常のゲームプレイができなくなってしまいます。

そうなってしまうと、真面目にゲームを楽しみたいユーザーの皆さんにとっては、迷惑極まりないですよね。

 

【ドラクエ10終了】BOTの対策はできないの?

南の島のサラリーマン

Yahoo!ゲーム版「ドラクエ10」でも、こういったBOTが多数存在することが確認されていましたが、どうやら運営側はこのBOTに対する対策を見出せなかったようです。

他のオンラインゲームであっても、RMTやBOTへの対策は非常に困難であり、抜本的な対策や多額の予算を投入しなければ、「悪徳業者」と「運営会社」のイタチごっこになってしまうのが現状です。

たとえば、技術的な対策としては、

・サーバー側で「不審な挙動をするユーザー」を強制ログアウトさせる

・特定の時間内にレベルが一定値に達したら、レベルアップをストップする

・セキュリティソフトを用いてBOTをブロックする

などが挙げられます。

しかしながら、厳密にBOTと正規プレイヤーを区別するのは困難であることから、

「普通にプレイしていただけなのに、勝手にログアウトさせられた!」

「なんか急にレベル上がりにくくなったな……」

といった形で、一般のユーザーがBOTと誤認識されてしまう恐れもあるのです。

オンラインゲームの運営会社は、こういったRMTやBOTなどの問題点については、ゲーム内容と同じくらい力を注いではいるものの、その問題解決は一筋縄ではいかないのでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、オンラインゲームに潜むRMTやBOTの問題点についてまとめました。

Yahoo!ゲーム版「ドラクエ10」のサービスは終了しますが、キャラクターデータや継続プレイ期間などは、全てスクウェア・エニックスのアカウントへ移行でき、引き続き「ドラクエ10」を楽しむことができるようです。

もし、今後「ドラクエ10」をプレイする中で、

・実際のお金を使う取引を持ちかけられたor見かけた

・明らかに動作がおかしいキャラクター(BOT)を見かけた

といったことがあれば、すぐに運営会社に報告するよう心がけ、RMTやBOTの撲滅に協力するようにしましょう!

ドラクエの記事はコチラもよく読まれています!

ドラクエ10バージョン3!いにしえの竜の伝承の変更点や評判と感想

ドラクエヒーローズのファミ通レビューがシリーズ最低7点の理由!

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-ゲーム