星々の煌めき

インターネットの中に漂流する今をときめくネタを語ります!

芸能人

及川光博の偏差値は?小学校時代に全国模試1位!大学は成城!

投稿日

及川光博

歌手として芸能界に進出していた頃、GACKTのように王子様・ナルシストキャラとして、世の女性達のハートを鷲掴みにしていた及川光博。

及川光博さんはその後、俳優としてもその名を知らしめてきました。

大人気ドラマ『半沢直樹』や相棒シリーズなどに出演しているので、今の人達には、及川光博=俳優としてのイメージが強いことでしょう。

そんな及川光博さんですが、正直な所プライベートな部分はあまり表に出ていないような印象が強いだけに、小学校・高校・大学と、どんな学校を卒業されているのか、また偏差値がどれほどだったのかが気になるところです。

そこで本記事では、及川光博さんの出身学校や学内での偏差値を探っていきます。

スポンサーリンク

アドセンス

及川光博は小学校時代に全国模試1位の優等生!

全国小学生テスト

及川光博さんは、父親がゴルゴ13のようなナルシストタイプ、母が宝塚や少女漫画を好むタイプだったそうで、たしかにその両親の血を受け継いだ性格を持っています。

そのナルシストでロマンチシズムという特殊な性格を持ちながら成長し、芸能界に進出し始めた頃には、すっかり王子様キャラが定着してしまいました。

そんな及川光博さんですが、小学校時代からすでに特殊なオーラを放ちつつも、将来は弁護士になることを期待され、いつも進学塾に通っていたとのこと。

と言うのも、ご両親が薬剤師の免許をもっていて、さらにコンビニなども経営していたことから非常に裕福だったらしく、そうやって進学塾に入れてもらえるだけの経済力があったのです。

そういった進学塾に足繁く通ったおかげで、小学校6年生の時には、全国模試で1位を取り続けていたという話もあり、相当な優等生だったとか。

残念ながら出身の小学校が何処なのかまでは分かりませんでしたが、かなり頭脳明晰だったことだけは確かですね。

 

及川光博の出身高校・大学は?

成城学園高校

成城学園高校

先程も触れたとおり、及川光博さんはかなり裕福な家庭のもとで育っているため、高校・大学もそれなりに立派な学校を卒業されています。

高校は成城学園高等学校で、高校偏差値ランキングでは4313校中447位と、トップ10というほど優秀校ではなくとも、平均以上の偏差値の高さであるのは確かですね。

また、この学校を卒業している有名人を見てみると、政治家・俳優・芸術関連の方々が多く、田村正和、高嶋政宏・政伸兄弟、小渕優子、羽田孜など、そうそうたる面々を輩出していることが分かりました。

そういった雰囲気としては、お嬢様・お坊ちゃま学校という印象が強い学校なのかもしれませんね。

一方、大学は、成城大学法学部法学科を卒業し、全国大学偏差値ランキングでは1849校中281位と、可もなく不可もなくといったところです。

もし、両親の方針に従い、そのまま勉強漬けの日々を過ごしていたとしたら、歌手や俳優への道ではなく、弁護士になるなど違った人生を歩んでいたかもしれませんね。

一方で、成城大学はお嬢様・お坊ちゃま学校という偏見が残る学校でもあり、実際にこの大学を卒業された一般の方は、就職活動の際になかなか思うような内定をつかめず苦労したという話も聞きます。

そういった悪い一面が有るかもしれませんが、偏差値が全てではないと思いますし、成城ならではの魅力もたくさんあるので、その大学の価値をどう感じるかは、人それぞれだと思います。

いずれにしても、学費が高いことで有名な学校のようですから、ただ頭がいいだけでは入れないとのことなので、そういう意味では「すごい学校」であることだけは間違いないのかもしれません。

偏差値

ちなみに、及川光博さんの大学時代の偏差値は57との事で、決して低いわけではありません。

もちろん、勉強漬けを続けていればもっと高い偏差値に到達していたのかもしれませんが、及川光博さんは勉学の道ではなく、自分の将来を歌手へと切り替えたことから、そこまで高い偏差値とはならなかったのでしょう。

とはいえ、大学卒業されているだけあって、非常にインテリであることには変わりませんから、今後も俳優として、独特のキャラを発揮し、インテリな一面も見せながら、多くのファンを魅了する役者として活躍していってほしいものですね!

 

まとめ

及川光博さんは、小学校6年生の時には全国模試1位になるほど成績優秀で、弁護士になるために進学塾で勉強ばかりなさっていたそうです。

一方で、大学時代の偏差値は57と、小6の頃に全国模試1位だったとは思えない程、低めの偏差値(普通の人としてみれば若干高めですが…)ですが、それはおそらく、徐々に歌手や俳優を目指し始めていたからでしょう。

実際に成城大学法学部法学科を卒業されていますし、もし、歌手や俳優の道を目指さず、小学生時代のような勉強漬けの日々を過ごしていたとしたら、弁護士になるなど違った人生を歩んでいたかもしれませんね。

あくまで可能性の話なのでなんとも言えませんが、もし及川さんの進む道が違っていたら、今の及川さんがいなかったのだと考えると、なんとも複雑な心境です。

ご両親が願っていた弁護士ではなく、歌手・タレント・俳優として活躍されていますが、今後も変わらなく王子・ナルシストキャラでインテリ風なスタイルを貫き、及川光博さんならではの魅力を多くのファンに与え続けて欲しいですね!

及川光博の記事はコチラもよく読まれています!

及川光博と檀れいに子供がいない理由はミッチーの浮気と母の介護?

スポンサーリンク

アドセンス

アドセンス

-芸能人